盗掘とは? わかりやすく解説

とう‐くつ〔タウ‐〕【盗掘】

読み方:とうくつ

[名](スル)公有地他人所有地などを権利許可もなく掘り起こし内部物品などを盗むこと。「—された形跡がある古墳


盗掘(とうくつ)

盗卵 

盗掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/20 02:29 UTC 版)

盗掘(とうくつ)とは、一般に、正当な権利がないにもかかわらず土地(私有地・公有地を問わず)を掘削し、そこから得られた財物(埋蔵物、動植物など)を窃取する行為である。とくに墓を荒らす場合は墓荒らしという。


  1. ^ 恐竜化石狙い盗掘 兵庫・篠山層群の保護区域 読売新聞 2009年12月22日「
  2. ^ 高山植物、盗掘しないで アポイ岳保全対策協 登山口で啓発”. 北海道新聞 (2018年6月17日). 2018年6月18日閲覧。
  3. ^ 岩手・早池峰山で高山植物の盗掘絶えず 登山アプリが生育場所の拡散元になる可能性も”. 河北新報オンライン (2023年11月9日). 2023年11月9日閲覧。
  4. ^ 国内希少野生動植物種の捕獲等許可の申請方法について”. 環境省. 2023年11月9日閲覧。
  5. ^   (中国語) 呂氏春秋/卷十, ウィキソースより閲覧。 
  6. ^ 政府が総力を挙げて取り締まるほど「墓泥棒」が中国で激増中”. クーリエ・ジャポン (2021年5月19日). 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ Qin, Amy (2017年7月15日). “Tomb Robbing, Perilous but Alluring, Makes Comeback in China” (英語). The New York Times. 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ Martin, Alison (2021年4月15日). “This week in history: Plot to steal Abraham Lincoln’s body foiled” (英語). Chicago Sun-Times. 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ a b Kraske, Marion (2007年12月21日). “Bulgaria Plagued by 'Grave Robbers'”. Spiegel Online. http://www.spiegel.de/international/europe/archaeology-in-crisis-bulgaria-plagued-by-grave-robbers-a-524976.html 2022年2月13日閲覧。 
  10. ^ “Rise of the Nazi-Grave Robbers”. Bloomberg Businessweek. (23 August 2016). https://www.bloomberg.com/features/2016-latvia-nazi-memorabilia/ 2022年2月13日閲覧。. 
  11. ^ “Grave robbing ghouls who trade in Nazi relics”. Sunday Express. (2012年9月8日). https://www.express.co.uk/expressyourself/344760/Grave-robbing-ghouls-who-trade-in-Nazi-relics 2022年2月13日閲覧。 
  12. ^ a b 法令違反の「宝探し」か「歴史的発見」か YouTuberと小学生の明暗を分けたポイント - 弁護士ドットコムニュース”. 弁護士ドットコム (2023年5月28日). 2023年5月28日閲覧。
  13. ^ 愛媛県庁/山野草の盗掘防止について”. www.pref.ehime.jp. 2023年5月28日閲覧。



盗掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 16:03 UTC 版)

グーリ・アミール廟」の記事における「盗掘」の解説

1740年ナーディル・シャー自身中央アジア支配者として心酔していたティムール石棺持ち出そうとした。彼はティムール武勇伝模倣しようとし、それは特に治世残酷さとなって現れ結果、彼は暗殺され帝国分裂した石棺持ち出しを悪い兆しであると考えた彼の補佐官石棺正しい場所に置いたままにしておくよう忠告した1941年6月19日ティムール石棺2回目の盗掘に被害に遭うこととなったソビエト連邦考古学者地下室発見ミハイル・ゲラシモフティムール頭蓋骨からティムール顔の特徴再現することができた。これにより、ティムール身長当時としては長身部類に入る約172cmであり、はっきりと足を引き摺って歩いていたことが確認された。さらに、ウルグ・ベク暗殺に関する歴史情報、他の墓の真偽確認された。ティムールウルグ・ベク頭蓋骨スターリングラードの戦い始まった1942年11月に完全なイスラム教形式則って再埋葬された。

※この「盗掘」の解説は、「グーリ・アミール廟」の解説の一部です。
「盗掘」を含む「グーリ・アミール廟」の記事については、「グーリ・アミール廟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「盗掘」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「盗掘」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「盗掘」の関連用語

盗掘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



盗掘のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2024,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの盗掘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグーリ・アミール廟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS