推古天皇とは?

すいこ てんのう -てんわう 【推古天皇】 ○

554628記紀第三三代天皇在位592628)の漢風諡号しごう)。名は額田部ぬかたべ)。豊御食炊屋姫とよみけかしきやひめ)とも。欽明天皇第三皇女敏達天皇皇后崇峻天皇蘇我馬子に殺されると、推されて即位聖徳太子皇太子摂政として政治行い飛鳥文化現出

推古天皇

欽明天皇第三女で名を額田部皇女という。
576年敏達天皇(異母兄)の皇后広姫薨去にともないその後添えとなった。
夫の敏達天皇疱瘡の病で崩御し、ついで皇位についた用明天皇もまた疱瘡の病で崩御したので、587年の頃、崇峻天皇用明天皇の後をついで皇位についた。
しかし、592年蘇我馬子の命を受けた東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に崇峻天皇暗殺されてしまう。
この後皇位めぐって議論がたたかわされ、額田部皇女推挙されるに至ったが、額田部再三にわたり固辞したという。
しかし群臣の上奏が数度に及んでついに皇位につき推古天皇となった。
わが国初めての女帝の誕生である。
先例重視する日本にあって女帝誕生極めて異例のことだ。
多分私見だが聖徳太子の強力な後押しもあったのだろう。
推古天皇は明日香豊浦に宮をもうけ、甥の厩戸皇子皇太子(この頃までは「皇太子」は制度として確立したものではなく通常大兄」という普通名詞として語られていたに過ぎなかった。
)にたて摂政(摂政の初例であるが、後の摂政異なり聖徳太子(厩戸皇子)の場合は天皇に代わり政治を行うのではなく、天皇の政治輔弼する意味をもった。
)に任じた。
推古天皇は聖徳太子協力得て594年に「三宝興隆の詔」を発布し、603年冠位十二階※」を定め604年憲法十七条※」を制定した。
※印はいずれも聖徳太子よるものだが、とくに「冠位十二階の制」は従来の姓(カバネ)制度根本から変えるもので画期的なものとして評価が高い。
ただ本格的官僚制度機構大化の改新まで待たねばならない
一方外交目を転じると、597年百済王子阿佐来日して貢し、600年には新羅任那交戦推古朝は兵を起こし任那救援した。
隋書によれば600年倭王使者洛陽に赴いたという。
これは「日本書紀」には書いてないが正確なものならば初の遣隋使となる。
602年来目皇子将軍として25千の兵を挙げて新羅を討つべく筑紫発向した。
しかし、来目陣中にて病没したので太子異母兄当麻皇子将軍にしたが当麻の妻が死んだので結局新羅征討中止となった。
605年高句麗大興王は推古朝丈六の仏像を作るとの話を聞いて黄金320両を送ってきたという。
推古天皇は75歳で没し、生前厚葬を嫌っていたので竹田皇子の陵の磯長山田陵合葬された。


推古天皇 磯長山田陵
(すいこてんのう しながのやまだのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第33
天 皇 名 :推古天皇
すいこてんのう
御   父 欽明天皇
御   母 皇太夫人堅鹽媛
御 陵 名 磯長山田陵
(しながのやまだのみささぎ
陵   形 :方丘
所 在 地 大阪府南河内郡太子町大字山田
交通機関等 近鉄喜志」からバス御陵前下車  南へ0.2km
陵印保管場所 古市陵墓監区事務所

推古天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 06:07 UTC 版)

推古天皇(すいこてんのう、554年5月21日欽明天皇15年乙巳朔癸丑: 4月9日) - 628年4月15日(推古天皇36年3月7日)『古事記』では戊子年3月15日)は、第33代天皇(在位:593年1月15日崇峻天皇5年12月8日) - 628年4月15日(推古天皇36年3月7日))、在位期間は36年、『古事記』では 37年 とする)。(神功皇后を含まない)歴代天皇の中では最初の女帝女性天皇)である[1]、また、女性君主は当時の東アジアではまだみられなかった[2]額田部皇女(ぬかたべのひめみこ)。和風諡号は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと、『日本書紀』による。『古事記』では豊御食炊屋比売命という)。炊屋姫尊とも称される。『古事記』ではこの天皇までを記している[3]




  1. ^ a b ベン・アミー・シロニー(著) Ben‐Ami Shillony(原著)『母なる天皇―女性的君主制の過去・現在・未来』大谷堅志郎(翻訳)、78頁。(第2章『女性統治者の出現』、5『最初の「天皇」は女性だった』、『日本で最初の「天皇」』)
  2. ^ 横田健一(著)『古代王権と女性たち』、吉川弘文館、1996年1月発行22頁引用ー『女帝・女王は当時の東アジア世界にはまだいなかった。新羅第二十七代の善徳女王が王位についたのが六三二年のことで、推古天皇崩後四年目のことである。』・・・。・ISBN 4-642-07408-2
  3. ^ 『古事記』推古天皇段には「妹(いも)、豊御食炊屋比売(とよみけかしぎやひめ)命、小治田(をはりだ)宮に坐しまして、天の下治らしめすこと、三十七歳(みそじまりななとせ)なりき。分注、戊子の年の三月十五日癸丑の日に崩りましき。)御陵は大野の岡の上にありしを、後に科長(しなが)の大木陵に遷しき」(『古事記』)とある。小治田宮奈良県高市郡
  4. ^ これを採用した場合には欽明天皇32年(敏達天皇即位の年)に皇后となったことになり、広姫立后の記事と矛盾することになり、広姫立后記事か推古の立后時の年齢のいずれかが誤りの可能性がある。
  5. ^ 『古事記』分注では「甲辰年四月六日崩」
  6. ^ 『ビジュアル日本史ヒロイン1000人』20頁
  7. ^ a b ベン・アミー・シロニー(著) Ben‐Ami Shillony(原著)『母なる天皇―女性的君主制の過去・現在・未来』大谷堅志郎 (翻訳)、79頁。 (第2章5『日本で最初の「天皇」』)。
  8. ^ 実際には、俀国が推古天皇8年(600年)に遣隋使をおくっている。また、これは12年の誤差があり遣唐使の可能性もある。
  9. ^ a b c d e 磯長山田陵(国史).





推古天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「推古天皇」の関連用語

推古天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



推古天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2019.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推古天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS