百済とは?

くだら 【百済】

朝鮮古代三国の一。四世紀半ば馬韓ばかん北部成立。のち高句麗こうくり)に圧迫され半島西南部へ移動王族高句麗系の夫余といわれる日本との関係が深く仏教など大陸文化伝え日本古代文化形成大きな影響与えた。660年に唐・新羅しらぎ)の連合軍に滅ぼされた。ひゃくさい。 〔「くだら」は日本における称で、大村を意味する古代朝鮮語によるという〕
◇ 古代朝鮮からの渡来人の住んだことから名付けられた地名
大阪市生野区あたりと推定されている古郡名。

ひゃくさい 【百済】

くだら(百済)

百済 (くだら)

日本古墳時代の頃、朝鮮半島3つの国にわかれており、そのうち1つです。朝鮮半島南西部勢力を持っていました。663年にほろびます。


百済

読み方:ハクサイ(hakusai)

古代朝鮮国名


百済

読み方:クダラ(kudara)

所在 奈良県北葛城郡広陵町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

百済

読み方
百済くだら
百済ひゃくさい
百済やくさい
百済ももずみ

百済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/30 20:41 UTC 版)

百済(くだら/ひゃくさい[1]、ペクチェ、旧字体:百濟4世紀前半 - 660年)は、古代の朝鮮半島西部、および南西部にあった国家


  1. ^ 浜田耕策山尾幸久の分析を踏まえたうえで、裏面では百済王が東晋皇帝を奉じていることから、369年に東晋の朝廷工房で造られた原七支刀があり、百済が372年正月に東晋に朝貢して、同年6月には東晋から百済王に原七支刀が下賜されると、百済では同年にこれを複製して倭王に贈ったと解釈し、この外交は当時百済が高句麗と軍事対立にあったため、まず東晋冊封関係を結び、次いで倭国と友好関係を構築するためだったとしている[12]
  2. ^ 広開土王碑を巡っては、特に倭国関係記事が集中する第1面を巡り、その信憑性を巡って長い議論が続けられてきた。現在では『三国史記』『日本書紀』にも対応する記述があり、高句麗からの百済の離脱、百済から倭への人質や、それによる百済と倭の同盟など大筋で一致していることから、碑文の史料的価値は高いとされる[16]。これを巡る主要な議論については武田幸男「その後の広開土王碑研究」(1993)にまとめられている[17]
  3. ^ 上哆唎(おこしたり)、下哆唎(あるしたり)、娑陀(さた)、牟婁(むろ)の四県。これが現代のどの地方に当たるかについては、全羅南道にほぼ相当するという説と、全羅南道の南東部であるという二つの有力な説が存在する[29]
  4. ^ a b 『日本書紀』は日本から百済への「割譲」とするが、『三国史記』に対応する記述はない。一方で、この地域では現代の考古学的調査によって日本列島に見られるものと類似する前方後円墳が発見される。研究動向としては、この時代に倭がこの地方に実質的な支配権を持っていたとする学者は少ない。武田幸男は百済がこれらの地域を掌握するにあたって倭側の了解を取り付けたものであろうとする[28]。また、朝鮮古代史研究者の田中俊明はこの地域を百済が実力で確保していったものと見、四県割譲記事は「日本書紀の筆法」と見る[30]
  5. ^ いわゆる「任那の調」はかつて任那が倭に献上していた(とされる)調を、その地を支配する新羅に対して代納することを倭が要求したもので、百済のみならず高句麗との対立も深まっていた新羅側が「任那使」を建ててこれを「献上」することで倭国との関係悪化を防ごうとしたものと解される。一般に当時「任那復興」を国策の一つとしていたが、現実的にそれを実現することが不可能であった倭国と、外交的孤立を避けようとした新羅の間で成立した政治的妥協の産物と見做される[42]
  6. ^ ここでいう百姓は「農民」の意味ではなく、家臣または有力者の意[64]
  7. ^ 李成市は、高句麗の神話と夫余の神話は類似点はあるものの、神話学的な類型では重要な相違点があり、夫余と高句麗を同族と見做す根拠として見ることはできないと指摘する。それによれば、高句麗の神話は外来王神話の一種であり、高句麗王権の権威と正統性を強めるため、東夷の中でも国家形成が古く名族として知られた夫余との同源性を強調すべく政治戦略的に採用されたと見られ、しかも時代が進むにつれその夫余神話と高句麗神話の習合が進むという。また、初期の中国人たちによって記録された夫余と高句麗の同源神話が、伝聞以上に憶測に基づいており信憑性に乏しいことなどを指摘している[93]
  8. ^ 5世紀半ばに高句麗が新羅に対する巨大な影響力を行使していたという見解に対しては、高句麗軍の新羅駐留を確認すべきであるという指摘があった。しかし、『広開土王碑文』以来の高句麗、新羅間の関係から容易に想定が可能であり、更に『中原高句麗碑』の発見によって、新羅に高句麗が派遣した新羅土内幢主が存在していたことや、それが新羅の支配層をしばしば軍営に召集したこと、新羅に高句麗の服制が導入されたことなどが確認されたことから、現在ではその影響力は非常に実質的なものであったと考えられている[98]
  9. ^ 『日本書紀』の紀年は特に雄略紀以前の年次が中国・朝鮮の歴史書と一致しない場合が多い。これは現代では『日本書紀』の編纂時に、4世紀に始まった中国・百済・伽耶との交渉開始を、干支を二運(120年)古く設定することで3世紀に引き上げる年次操作が行われていることがわかっている。神宮皇后46年を366年とするのはこの年次操作を修正した後の推定年次である。詳細は日本書紀の記事を参照。なお、神功皇后の実在は一般に疑わしいとされるが、ここでは本論から離れるため神功皇后の実在可能性の問題には触れない。これについての詳細は神功皇后の記事を参照。
  10. ^ 多くの学者によって5世紀の百済と倭国の関係についての『広開土王碑文』や『日本書紀』『三国史記』の記録の重要性は高く評価されるが、百済と倭との関係に上下関係を設定することには慎重な表現を用いることが一般的であり、しばしば倭と百済の「連盟[114]」や倭による「救援[113]」のような表現をされる。
  11. ^ 倭の五王による百済地域における軍権を含む称号の除正をめぐっては長く議論が行われている。坂元義種の理解によると、東夷の諸王に正式に除正された地位では、常に高句麗を最上位とし、続いて百済、最後に倭という南朝の序列は南北朝時代を通じて変わることがなかった[117][84]ただし、坂元義種は、南朝が倭王の百済に対する軍事的支配権を承認しなかったのは、北魏を封じ込めるために国際政策上百済を重視したからであり、「南朝が、最強の敵国北魏を締めつける国際的封鎖連環のなかに百済をがっちりとはめこんで、その弱化を認めまいとする、南朝の国際政策」と指摘する[118]。坂元義種の主張について石井正敏は、倭王が百済王よりも下位であるなら、上位である鎮東(大)将軍である百済の軍事的支配権を、下位である安東(大)将軍である倭王が執拗に要求しているのは何故かという素朴な疑問が付きまとうことを指摘している[119]。南朝から冊封され、希望する官爵を自称し、除正を求めるだけでなく、部下にも南朝の将軍号を仮授した上で除正を求めている倭王が、南朝の官爵制度を理解していないとは考えられないことから[119]、百済の軍事的支配権を主張した倭王は安東(大)将軍でも「都督百済諸軍事」号要求は可能であると認識していたと考えざるを得ず、何故なら倭王が、自らの安東(大)将軍という地位では「都督百済諸軍事」要求が不当なであると認識していたなら、さらに上位の称号を、除正を承認されないことを承知の上でも自称するはずであり、それは高句麗との対決を明確にした倭王が、高句麗王と同等の待遇である「開府儀同三司」を自称し、除正を求めていることからも裏付けられる[120]
  12. ^ 倭国の朝鮮半島における出先機関とされる、いわゆる「任那日本府」は、かつて朝鮮半島における倭国の統治機関と見做されたが現在ではこの考えを取る朝鮮史学者はほとんど存在しない。任那日本府は、任那(狭義においては加羅国)が新羅に制圧された後、百済・伽耶諸国との連携の下で「任那復興」を画策するという歴史的文脈の中で、『日本書紀』「欽明紀」にのみ登場する[129]。この任那日本府は「在安羅諸倭臣」とも記され、独自の利害に基づいて倭本国とは異なる行動(新羅や高句麗との通謀など)をとっていることがわかっている。また、日本府を交えた任那復興を巡る諸会議についての『日本書紀』の記録は概ね「百済本記」に拠って記述されていると考えられる[128][129]。その実態を巡っては諸説入り乱れているが、この任那復興会議自体が百済の主導によるものであったとし、任那日本府を自立性の強い勢力と見て倭王権と直接の繋がりを持たないとする見解や[128]、統治機関としての性質は持たない物の、元々は倭王権が任那における勢力回復を目指して6世紀に新たに設置した出先機関であるとする見解などがある[129]。詳細は任那日本府を参照。
  13. ^ 『日本書紀』における百済系史料の史料的価値の確認とその使用箇所を字音仮名の分析から行った木下礼仁は、稲荷山鉄剣銘に代表される5世紀から6世紀にかけての倭国の金石文の用字法が、推古朝遺文や、『日本書紀』に引用される『百済三書』等の用字法と類似しており、これらが百済文化との関連性で捉えられるとしている。一方で、『釈日本紀』に新羅に使者を出して文字を習ったとする記録がある事や、朝鮮半島に残る新羅の金石文もまた同様の字音体系を持つことから、稲荷山鉄剣銘や江田船山古墳大刀銘の表記法体系が広く朝鮮半島の文化要素を受容したものであることを指摘している[141]
  14. ^ 倭国において彼ら百済系の渡来氏族は、倭王権に仕える諸蕃として「保存」され、異国人として歌舞の上奏などを行った。これによって諸蕃を支配するという倭王権の体裁を整える役割を果たし、一方では倭国における課役の免除や官吏としての任用などにおける特殊な地位を維持した。このことに意識的であった百済王氏や、百済系氏族の津氏は、延暦9年(790年)の段階の上奏においてなお日本を「貴国」と呼称したことが『続日本紀』に記録されており、百済出自であるという自己認識を維持し続けたことが確認できる[142]
  15. ^ 全羅南道に複数ある前方後円墳が倭との密接な関係の中で造営されたことは疑いが無い[172]。しかし、様式が倭系の物であることをもって直ちに被葬者が倭人であるとすることには慎重を要する。朝鮮古代史研究者の山本孝文は、その形態や副葬品の系譜が殆ど中国式と言って良く、他に類例の少ない様式である武寧王陵の被葬者が百済王である武寧王であると判別できたのは、ひとえにその墓から墓誌が発見されたからに他ならないと言う。そして、もしこの墓から墓誌が発見されていなかったならば、その被葬者は百済支配層に含まれる中国系有力者や、中国で仕官した経験のある百済人、或いは中国系百済官僚などと解釈されていたであろうと述べ、墓形式や副葬品から考古学的に被葬者を割り出すことは極めて困難なことなので、結論には慎重であるべきであると指摘している[177]
  1. ^ 井上秀雄 「百済」『日本大百科全書(ニッポニカ)』 小学館。
  2. ^ a b 金富軾撰 1983, pp. 272-274.
  3. ^ a b 井上訳注, pp, 293-294
  4. ^ a b 魏徴, 長孫無忌撰 1971, pp. 252-260.
  5. ^ 鮎貝 1931, pp. 33-72.
  6. ^ a b c d e 朝鮮史研究入門 2011, pp. 53-54
  7. ^ a b c d e 井上 1972, p. 99.
  8. ^ 『晋書』帝紀凡十巻/巻九/帝紀第九/太宗簡文帝 昱/咸安二年
  9. ^ 『三国史記』百済本紀/第二/近肖古王/二十七年春正月
  10. ^ 木村 2005, p. 74.
  11. ^ 『日本書紀』巻第九/氣長足姫尊(神功皇后)/五十二年秋九月
  12. ^ 浜田耕策「4世紀の日韓関係」第1回日韓歴史共同研究2005年。財団法人日韓文化交流基金、第1回日韓歴史共同研究報告書で閲覧可能(2012年1月閲覧)。釈文については第1章第2節を参照。付録としてpp.58-63.に〈日本における「七支刀」研究文献目録〉を掲載。
  13. ^ 『三国史記』百済本紀/第二/近肖古王
  14. ^ a b 井上 1972, p. 101.
  15. ^ a b c d e f g 森 1995, p. 30.
  16. ^ a b 遠藤 2012, pp. 78-83.
  17. ^ 朝鮮史研究入門 2011, p. 44
  18. ^ a b 森 1995, p. 32.
  19. ^ a b c d e 森 1995, p. 33.
  20. ^ 武田 1997, p. 325.
  21. ^ a b 金富軾撰 1983, p. 334.
  22. ^ a b c 井上 1972, pp. 103-104.
  23. ^ a b c d 井上 1972, pp. 106-107.
  24. ^ 武田 1997, p. 333.
  25. ^ 井上 1972, p. 110.
  26. ^ a b 井上 1972, p. 108.
  27. ^ a b c 井上 1972, pp. 110-112.
  28. ^ a b c d e 武田 1997, p. 335.
  29. ^ 田中 2009, p. 80.
  30. ^ a b 田中 2009, pp. 72-83.
  31. ^ a b c 武田 1997, p. 336.
  32. ^ a b 井上 1972, p. 127.
  33. ^ a b c d e f g 武田 1997, p. 337.
  34. ^ a b c 田中 2009, pp. 83-103.
  35. ^ a b 森 2006, pp. 141-144.
  36. ^ a b c d e 遠藤 2012, pp. 115-116.
  37. ^ 森 2006, pp. 171-172.
  38. ^ 遠藤 2012, pp. 116-117.
  39. ^ a b c d e 森 2006, pp. 172-180.
  40. ^ 金富軾撰 1980, p. 107.
  41. ^ 井上 1972, p. 129.
  42. ^ 森 2006, pp. 182-187.
  43. ^ a b 森 2006, pp. 188-191.
  44. ^ a b c d 森 2006, pp. 204-210.
  45. ^ 森 2006, pp. 211-215.
  46. ^ 武田 1997, pp. 362-363.
  47. ^ 武田 1997, p. 364.
  48. ^ a b c d e f g 森 2006, pp. 227-233.
  49. ^ 武田 1997, pp. 3628-369.
  50. ^ a b 武田 1997, pp. 368-369.
  51. ^ 武田 1997, pp. 371.
  52. ^ a b 武田 1997, p. 375.
  53. ^ a b c d e f g 森 2006, pp. 243-249.
  54. ^ a b c d e f 武田 1997, pp. 376-380.
  55. ^ a b c d 武田 1997, pp. 382-383.
  56. ^ 筧 2002, pp. 16-27.
  57. ^ a b 井上 1972, p. 205.
  58. ^ a b 坂元 1993, pp. 102-105.
  59. ^ a b c d e f g h i j 武田 2005, pp. 144-148.
  60. ^ a b c 葛 2016, pp. 60-64.
  61. ^ 葛 2016, p. 47.
  62. ^ a b c d e f 李 1975, pp. 39-49.
  63. ^ a b 姚思廉撰 1971, pp. 228-233.
  64. ^ a b 井上訳注, p, 295
  65. ^ 金富軾撰 1983, pp. 274-275.
  66. ^ 金富軾撰 1983, pp. 3-10.
  67. ^ a b c 高 1996, pp. 21-23.
  68. ^ 沈約撰 1971, pp. 213-218.
  69. ^ a b c d 令狐徳棻撰 1971, pp. 245-251.
  70. ^ a b c d e f 和田 1951, pp. 90-92.
  71. ^ a b c d e f 矢木 2012, pp. 47-49.
  72. ^ a b 和田 1951, pp. 96-99.
  73. ^ a b c d 井上 1972, p. 86.
  74. ^ 井上 1972, p. 85.
  75. ^ a b c d e 矢木 2012, pp. 45-47.
  76. ^ 姚思廉撰 1971, p. 276.
  77. ^ 劉昫撰 1976, p. 278.
  78. ^ a b 矢木 2012, pp. 49-51.
  79. ^ a b c 李 1998, p. 30.
  80. ^ a b c 李 1998, p. 31.
  81. ^ a b c d 井上 1972, p. 84.
  82. ^ 山本 2011, p. 34.
  83. ^ a b 山本 2011, p. 38.
  84. ^ a b 井上 1972, p. 112.
  85. ^ a b 山本 2011, p. 35.
  86. ^ 山本 2011, p. 41.
  87. ^ 早乙女 2000, pp. 159-163.
  88. ^ a b c d 井上 1972, pp. 183-186.
  89. ^ 井上 1972, pp. 189-192.
  90. ^ a b 井上 1972, pp. 201-203.
  91. ^ 武田 1989, p. 114.
  92. ^ 田中 1999, p. 134.
  93. ^ a b 李 1998, pp. 63-111.
  94. ^ a b 森 2006, p. 33.
  95. ^ a b 武田 1989, pp. 114,136.
  96. ^ 武田 2005, p. 116.
  97. ^ 森 2006, p. 86.
  98. ^ a b c 武田 1989, p. 229.
  99. ^ 森 2006, p. 97.
  100. ^ 森 2006, p. 152.
  101. ^ 森 2006, p. 153.
  102. ^ a b 森 1995, p. 35.
  103. ^ 森 2006, p. 207.
  104. ^ 森 2006, p. 221.
  105. ^ 森 2006, p. 228.
  106. ^ 森 1995, p. 38.
  107. ^ 森 1995, p. 36.
  108. ^ 武田 1997, p. 380.
  109. ^ 森 2006, p. 21.
  110. ^ a b 森 2006, p. 24.
  111. ^ 田中 2009, p. 52.
  112. ^ a b 森 2006, p. 36.
  113. ^ a b 森 2006, pp. 30-51.
  114. ^ a b 武田 1989, pp. 131-136.
  115. ^ 石井 2005, p. 168
  116. ^ 宮崎市定 『謎の七支刀-五世紀の東アジアと日本-』 中央公論社中公新書〉、1983年9月、218頁。
  117. ^ a b 森 2006, pp. 51-58.
  118. ^ 坂元 1981, p. 180.
  119. ^ a b 石井 2005, p. 169.
  120. ^ 石井 2005, p. 173.
  121. ^ 森 2006, pp. 80-81, 88-91.
  122. ^ 遠藤 2012, pp. 88-90.
  123. ^ a b 森 2006, p. 83.
  124. ^ 熊谷 2008, pp. 86-130.
  125. ^ 森 2006, p. 113.
  126. ^ 森 2006, p. 114.
  127. ^ 森 2006, p. 115.
  128. ^ a b c d 森 2006, pp. 148-166.
  129. ^ a b c d e 熊谷 2008, pp. 157-163.
  130. ^ a b c 森 2006, pp. 170-171.
  131. ^ 森 2006, pp. 184-186.
  132. ^ 熊谷 2008, pp. 48-49.
  133. ^ a b 熊谷 2008, pp. 51-52.
  134. ^ 熊谷 2008, pp. 56-61.
  135. ^ a b c 武田 2005, pp. 141-142.
  136. ^ 武田 2005, pp. 142-144.
  137. ^ a b 熊谷 2008, pp. 49-50.
  138. ^ a b c 田中 2008, pp. 163-165.
  139. ^ 田中 2008, pp. 166-173.
  140. ^ 遠藤 2015, pp. 197-202.
  141. ^ a b 木下 1993, pp. 135-174.
  142. ^ 遠藤 2005, pp. 214-220.
  143. ^ 熊谷 2008, pp. 59-61.
  144. ^ 武田 2005, pp. 91-92.
  145. ^ a b 李 2004, p. 33.
  146. ^ a b 李 2004, pp. 34-39.
  147. ^ 李 2004, pp. 43-50.
  148. ^ 徐 2008, p. 70.
  149. ^ a b 山本 2018, p. 170.
  150. ^ a b 令狐徳棻撰, 1971 & pp246-247.
  151. ^ a b 令狐徳棻 1971, p. 247 坂元訳注。
  152. ^ 李 1975, p. 47.
  153. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 金富軾撰 1983, pp. 306-307.
  154. ^ 金富軾撰 1983, p. 319 井上訳注より。
  155. ^ 金富軾撰 1983, p. 329.
  156. ^ 金富軾撰 1983, p. 349 井上訳注より。
  157. ^ 『日本書紀』巻24皇極天皇紀, 巻26斉明天皇紀, 巻29天武天皇紀。
  158. ^ a b c d 『日本書紀』巻19欽明天皇紀。
  159. ^ 吉井 2008, p. 119.
  160. ^ a b c d 山本 2018, p. 109.
  161. ^ a b c 山本 2018, p. 110.
  162. ^ a b 早乙女 2000, pp. 92-94.
  163. ^ 早乙女 2000, pp. 141-142.
  164. ^ a b c 山本 2018, p. 111.
  165. ^ a b c 早乙女 2000, p. 143.
  166. ^ 朝鮮史研究会編 2011, p. 58.
  167. ^ a b 山本 2018, pp. 112-114.
  168. ^ a b c 山本 2018, p. 112.
  169. ^ a b 早乙女 2000, p. 169.
  170. ^ 山本 2018, p. 120.
  171. ^ a b c 早乙女 2000, p. 172.
  172. ^ a b c d 早乙女 2000, p. 173.
  173. ^ a b c 山本 2018, p. 164.
  174. ^ 早乙女 2000, p. 176.
  175. ^ 早乙女 2000, p. 175.
  176. ^ 山本 2018, p. 171.
  177. ^ 山本 2018, pp. 114-117.
  178. ^ a b c 金 2015, p. 44.
  179. ^ a b c 金富軾撰 1983, p. 317.
  180. ^ 金 2015, pp. 46-47.
  181. ^ a b 金 2015, p. 50.
  182. ^ 金 2015, pp. 52-55.
  183. ^ a b c 金 2015, p. 55.
  184. ^ a b 武田 2005, p. 130.
  185. ^ a b 武田 2005, p. 129.
  186. ^ 金 2015, pp. 56-57.
  187. ^ a b c 金 2015, pp. 66-69.
  188. ^ a b c d 武田 2005, p. 135.
  189. ^ 山本 2018, pp. 91-92.
  190. ^ 武田 2005, p. 137.
  191. ^ a b 金 2015, p. 63.
  192. ^ 金 2015, p. 64.





百済と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「百済」の関連用語

百済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



百済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2018,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS