比丘尼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 比丘尼 > 比丘尼の意味・解説 

比丘尼

読み方:びくに

出家した女の僧・尼僧。熊野三山信仰した「熊野比丘尼」などが知られる。他に、日本の人伝説通称である「八百比丘尼」、良家の娘を庇う屁負い比丘尼」「科負い比丘尼」などの言い方も知られている。

びく に [0][1] 【比尼】

bhiksunī〕 出家して定めの戒を受け正式に僧となった女子尼僧。尼。びくにん。
鎌倉室町時代尼僧姿で諸国遊行して歩いた一種旅芸人絵解き比丘尼など。
江戸時代尼僧姿の下級売春婦。びくにん。
科(とが)負い比丘尼のこと。

比丘尼

読み方:ビクニ(bikuni)

尼僧


比丘尼

読み方:ビクニ(bikuni)

(1)出家して具足戒を受けた女子
(2)中世の尼の姿をして諸国巡り歩いた一種芸人
(3)江戸時代の尼の姿で売春をした下級私娼


比丘尼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/27 13:41 UTC 版)

比丘尼(びくに)




「比丘尼」の続きの解説一覧

比丘尼

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 02:48 UTC 版)

名詞

(びくに)

  1. 出家した女性仏教徒あま尼僧
  2. 中世の尼の姿をして諸国巡り歩いた一種芸人勧進比丘尼絵解き比丘尼
    後に堕落し、語義3の由来ともなる。転じて近世には、屁負い比丘尼科負い比丘尼 の語源となった。
  3. 江戸時代尼僧姿をした下級売春婦私娼

語源

関連語




比丘尼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「比丘尼」の関連用語

比丘尼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



比丘尼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比丘尼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの比丘尼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS