由来とは? わかりやすく解説

ゆ‐らい【由来】

読み方:ゆらい

【一】[名](スル)物事がそれを起源するところまた、物事今までたどってきた経過来歴由緒。いわれ。「伝説に―する地名」「神社の―を調べる」

【二】[副]昔からそのようであるさま。もともと。元来

「すると、才媛は―多情なものと見えますね」〈風葉・青春〉

アクセント【一】はユライ【二】ライ


発祥

(由来 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/26 04:00 UTC 版)

発祥(はっしょう)とは、物事が起こり始まることである。同様のニュアンスを持つ言葉として起源(起原)、ルーツ原点、源流、由来、元祖誕生などがある。




「発祥」の続きの解説一覧

由来(掛け声など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 04:36 UTC 版)

太鼓台」の記事における「由来(掛け声など)」の解説

の太鼓台という名称には、練り歩く際に太鼓存在どれほど重要かが現れている太鼓叩き方は地方によって異なり掛け声も「チョーサージャ(又はヨーイッサージャ)」「ソウリャ、ソウリャ 」「ヨッサイ、ヨッサイ」「ヨーサージャ、ヨイヨイサージャ 」「ベーラーベーラー、ベラッショッショ」等々地方ごとに特徴がある中には地理的に離れた地方同士類似した掛け声をもつところもある。 龍はを呼ぶ神、またはその使いとされていることから、重の四隅括り両端から伸びる房がをあらわすものとされた。このため古来より渇水の多い香川県愛媛県東部等での特に稲作盛んな地域では、神輿としての用途よりもむしろ「雨乞い神具としての性格をもって太鼓台分布した太鼓台には神輿神の輿)としての役割はないが、布団屋根の太鼓台の布団部分、また神輿屋根の太鼓台の擬宝珠部分には神霊宿る考え地域あることから、ある種依り代とも考えられるこのようなことから太鼓台女性触れることを禁忌とする(した)地方も多い。少年太鼓を叩くところがあり、この場合稚児どのように厚化粧となった豪華な衣装着たり大人肩車され地面に足を付けない所もある。 曳き山山車と舁き山の太鼓台との大きく異なる点は、曳き山が引くという形式であるのに対して、舁き山は神輿と同様担いて運行されることである。担ぐことによって足場状態の影響受けにくいという面があり、段差階段等の高低差のある場所や山間部等の坂路の多い地域おいても比較容易に運行することができる。 神前観衆への見せ場交差点等の広くなった場所)において最も多く行われる練りは、太鼓台頭上高く持ち上げて舁く差し上げ」である。その他にも、放り上げる大きく揺らす回転させる土台台輪部分のみで担ぐ、複数練り競うかきくらべ)、どちらが早く差し上げられるを競う、等といった動作で練るところがある。これはその地方伝統反映され特徴よるもので、その土地祭礼ごとに異なる。 太鼓台の様式や外観その地域の土地柄文化反映した伝統的な形態を残す地域もあるが、地域経済の発展氏子主導祭りへの変化から祭りイベントとしての要素強まった地域増加見せ祭りとして大型化した太鼓台飾り幕・刺繍等による豪華な装飾施したもの、流行主流となりつつある形態変更したものが多く見られるようになった珍しい例であるが地方によってはその地方特有に個別変化をして太鼓台そのもの外観がすっかり変わってしまったところもある(愛媛県西条市御輿顕著な例)。

※この「由来(掛け声など)」の解説は、「太鼓台」の解説の一部です。
「由来(掛け声など)」を含む「太鼓台」の記事については、「太鼓台」の概要を参照ください。


由来(アメリカでの歴史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 16:09 UTC 版)

HACCP」の記事における「由来(アメリカでの歴史)」の解説

アメリカ合衆国1960年代宇宙開発アポロ計画の中でNASAアメリカ合衆国陸軍 (US Army) とピルスビリー・カンパニー(英語: Pillsbury Company)が1959年から構想し1971年National Conference of Food Protection概要公開した宇宙食などの食品の安全性確保する方法であり、これを現在多くの食品の安全性確保応用している。合衆国でのHACCP食品微生物基準全米諮問委員会 (NACMCF) のガイドラインにより行われているが、この内が国連のCodex 委員会国際食品規格委員会)が示しているガイドラインとほぼ同一のものである1973年にはアメリカ食品医薬品局FDA)が、低酸性缶詰法規制として取り入れた(ただしこのときにはHACCP とは明記されていない)。その後1997年魚介類2002年にはジュース類に義務づけ、また1998年には合衆国農務省USDA)が食肉食鳥肉でのHACCP義務化した。また、最大手ハンバーガーショップであるマクドナルド1980年代病原性大腸菌腸管出血性大腸菌O157など)の問題を解決するために自主的にHACCPに取組んだアメリカではまたHACCP従業員数名の小規模企業でも義務化され実践されており、効果をあげている。多くの場合効率良い管理が可能となり、結果として利益上がっているようである

※この「由来(アメリカでの歴史)」の解説は、「HACCP」の解説の一部です。
「由来(アメリカでの歴史)」を含む「HACCP」の記事については、「HACCP」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「由来」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

由来

出典:『Wiktionary』 (2018/11/08 06:42 UTC 版)

名詞

(ゆらい)

  1. 物事起源
  2. 物事たどってきた経緯

発音(?)

ゆ↗らい

関連語

翻訳

副詞

  1. から そのような状態であること。

発音(?)

ゆ↘らい

関連語


「由来」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「由来」の関連用語

由来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



由来のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発祥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの太鼓台 (改訂履歴)、HACCP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの由来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS