ルーツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > > ルーツの意味・解説 

roots

別表記:ルーツ

「roots」とは・「roots」の意味

「roots」とは、主に二つの意味がある。一つ目は、植物の根を指す言葉であり、植物の成長養分吸収重要な役割を果たす部分である。二つ目は、ある事物考え方起源基礎を表す言葉で、文化歴史など背景理解する上で重要な要素である。

「roots」の発音・読み方

「roots」の発音は、IPA表記では /ruːts/ となる。IPAカタカナ読みでは「ルーツ」となり、日本人発音するカタカナ英語読み方も「ルーツ」となる。

「roots」の定義を英語で解説

英語での「roots」の定義は次の通りである。1. The part of a plant that grows downward and holds the plant in place, absorbs water and minerals, and often stores food. 2. The origin or basis of something; the basic or primary concept, rule, part, or the like.

「roots」の類語

「roots」に関連する類語として、以下の言葉挙げられる1. origin起源) 2. source(源) 3. foundation基礎) 4. base基本) 5. background背景

「roots」に関連する用語・表現

「roots」に関連する用語表現として、以下のものがある。1. root cause根本原因) 2. grassroots草の根) 3. family roots(家族のルーツ) 4. cultural roots(文化的なルーツ) 5. root system根系

「roots」の例文

1. The roots of the tree spread out in all directions.(その木の根あらゆる方向広がっている。) 2. He went back to his roots by visiting his hometown.(彼は故郷訪れることでルーツに戻った。) 3. The roots of this problem can be traced back to poor communication.(この問題根本原因は、コミュニケーション不足に遡ることができる。) 4. The plant's roots absorb water and nutrients from the soil.(植物の根は土から水分栄養分吸収する。) 5. Her research focuses on the cultural roots of the community.(彼女の研究は、そのコミュニティ文化的なルーツに焦点当てている。) 6. The roots of this tradition date back to ancient times.(この伝統のルーツは古代さかのぼる。) 7. The root system of the plant is essential for its growth and survival.(植物の根系は、その成長生存にとって不可欠である。) 8. The roots of the conflict are deeply embedded in history.(その紛争根源歴史深く根ざしている。) 9. The roots of his success can be attributed to his strong work ethic.(彼の成功のルーツは、彼の強い労働倫理帰することができる。) 10. The roots of the plant were damaged by the construction work.(その植物の根は建設工事によって損傷された。)

ルーツ【roots】

読み方:るーつ

物事根元起源

祖先始祖。「—をたどる」


ルーツ

作者河野典生

収載図書贈る物語Wonder
出版社光文社
刊行年月2002.11

収載図書贈る物語 Wonder―すこしふしぎの驚きあなたに
出版社光文社
刊行年月2006.11
シリーズ名光文社文庫


ルーツ

作者三浦けん

収載図書ショートショートの広場 16
出版社講談社
刊行年月2005.2
シリーズ名講談社文庫


ルーツ

名前 LuzRootsLutz; Rootes

ルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/22 17:12 UTC 版)

ルーツとはルートroot”の複数形roots”。ルーツ (roots) が持つ特別な意味を以下に記す。




「ルーツ」の続きの解説一覧

ルーツ(1963–1972)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 00:48 UTC 版)

南部戦略」の記事における「ルーツ(19631972)」の解説

1963年の「バーミンガムの年」は、アラバマ人種問題浮き彫りにした。春を通して法的な人種差別終わらせるための行進デモ起きた地元産業界との和解におけるムーブメント業績は、クー・クラックス・クランKKK)による爆撃と殺人によって影を落とした。最も有名なのは、 16番通りバプティスト教会爆撃で4人の少女死亡した事件挙げられる民主党ジョージ・ウォレスアラバマ州知事選出された後、彼は演説連邦介入誘発する危機両方において、州の権限人種差別の関係を強調した。彼はアラバマ大学人種統合反対したほか、1963年KKK協力してバーミンガム公立学校裁判所命令による統合妨害した州権民主党員の多くはゴールドウォーターの選挙戦略に強く惹かれた。ゴールドウォーターは、アイゼンハワー大統領などの以前共和党候補者よりも著しく保守的だった。予備選挙でのゴールドウォーターの主要な対立候補であるニューヨークネルソン・ロックフェラー知事は、党の北翼である、より穏健で親市民権法代表していると広くなされていた(ロックフェラー・リパブリカン参照)。 1964年の大統領選挙で、ゴールドウォーターは、連邦政府による強力な行動広く反対する保守的なキャンペーン実施した。彼は以前すべての連邦公民権法支持していたが、1964年公民権法には反対し、キャンペーンでも反対論展開した。彼は、この行為連邦政府国家問題への侵入であると信じ、この法律は、たとえ人種差別基づいているとしても、個人選択した人とビジネスを行うかどうか権利妨害していると批判した。 ゴールドウォーターの立場白人南部民主党員訴え、ゴールドウォーターはリコンストラクション以来深南部ルイジアナジョージアアラバマミシシッピサウスカロライナ)の選挙人票を獲得した最初共和党大統領候補となった南部以外では、公民権法対するゴールドウォーターの反対票は彼の選挙運動壊滅的な打撃与えた。彼が南部以外で勝った他の唯一の州は出身地アリゾナのみであり、彼は地滑り的敗北苦しんだ北部西部の州で掲載された「共和党告白」と呼ばれるリンドン・ジョンソン広告では、ゴールドウォーターをクー・クラックス・クラン関連付けた。同時に深南部でのジョンソンキャンペーンは、1964年以前公民権法対するゴールドウォーターの支持暴露したために、ゴールドウォーターは南部での求心力失い本選挙ではジョンソン圧勝した当時、ゴールドウォーターは共和党著名なメンバーのほとんどと対立しており、共和党いわゆる東部確立中西部進歩主義者によって支配されていた。南部以外の共和党員と民主党員のより高い割合が、以前すべての公民権法同様に1964年公民権法支持した南部民主党員は、公民権問題について、政党所属に関係なく、北部西部政治家、およびその大統領ケネディジョンソン)にほとんど反対した。同時に公民権法成立により、多く黒人有権者民主党加わり民主党とその候補者進歩的な方向動いたジョンソンは、公民権法支持南部の党を危険にさらすのではないか懸念していた。1968年選挙では、リチャード・ニクソンは、「ソリッドサウス」の亀裂を、歴史的に共和党の手届かないところにいた有権者グループ利用する機会見なした。ジョージ・ウォレスはその選挙強力な立候補示し46選挙人票と1,000近く一般投票獲得しヒューバート・ハンフリーから南部民主党員引き付けた学生非暴力調整委員会指導者によって提唱されブラック・パワー概念は、公民権社会正義獲得における変化の遅いプロセスにおけるアフリカ系アメリカ人欲求不満いくつか捉えたアフリカ系アメリカ人はより速い変化求め人種間緊張高めたベトナム戦争反対するデモについて報道するジャーナリストは、しばしば暴力従事したり、徴兵カードアメリカの国旗燃やしたりする若者特集した保守派また、ドラッグカルチャーと「自由恋愛乱交)」、いわゆるヒッピー・カウンターカルチャーに没頭する多く若者失望した。これらの行動多くアメリカ人スキャンダル化し法と秩序についての懸念生み出したニクソン顧問は、白人至上主義人種差別問題について有権者直接訴えることはできないこと認識していた。ホワイトハウス首席補佐官ハリー・ロビンズ・ハルデマンは、ニクソンは「問題全体本当に黒人であるという事実に直面しなければならず、重要なのは、これを認識し見えないシステム考案すること」であると強調した1964年共和党転向したハリー・デントとサウスカロライナ州上院議員ストロム・サーモンド助け借りてニクソン州の権限と「法と秩序に関する1968年キャンペーン実施した自由主義北部民主党員は、ニクソン南部白人蹂躙したとして、特に彼の州の権限」と「法と秩序」の立場に関して非難した。この戦術は、2007年スレートDavidGreenbergによって「の笛の政治」として説明された。The American Conservativeによると、ニクソン顧問スピーチライターパット・ブキャナンはこの特徴異議唱えた。 元アラバマ州知事であるジョージ・ウォレス独立した立候補は、ニクソン南部戦略部分的に否定した統合黒人公民権対すはるかに明白な攻撃で、ウォレスアーカンソーノースカロライナ選挙人団1つだけでなく、ゴールドウォーターのすべての州(サウスカロライナを除く)を獲得したニクソンバージニアテネシーノースカロライナサウスカロライナフロリダ獲得し民主党候補者であるヒューバート・ハンフリー南部テキサスだけを獲得したスピーチライターとしてニクソンキャンペーンに取り組んだ作家ジェフリー・ハートは、2006年ニクソンには「南部戦略ではなく境界州戦略」があると述べ1968年選挙キャンペーン深南部ジョージ・ウォレス譲った述べたハートは、「非常に怠惰」なマスコミがこれを「南部戦略」と呼んだことを示唆した対照的に1972年選挙では、ニクソンマサチューセッツを除く連邦すべての州で勝利し深南部のほとんど(ミシシッピアラバマジョージアフロリダサウスカロライナ)で一般投票70%以上を獲得した南部白人への彼の訴えにもかかわらずニクソン南部の外で穏健派として広く認識され、旧南軍他の州でも65%以上の票を、全国アフリカ系アメリカ人の票のうち18%を獲得したグレン・ムーアは、1970年ニクソン共和党中間選挙のための「南部戦略」を策定した主張している。戦略には、民主党候補者寛容自由主義者として描くことが含まれた。共和党はそれによって、テネシー州アルバート・ゴア・シニアメリーランド州の上院議員のジョセフ・D・タイディングス解任することに成功した。しかし、地域全体では、最終的な結果として、南部共和党議席わずかに失われた1970年地域注目は、ニクソンが第5巡回区控訴裁判所最高裁判所裁判官であるフロリダ州のG・ハロルド・カーズウェル裁判官指名したときに上院集中した。カーズウェルは特筆すべき実績もない北フロリダ出身弁護士だったが、ニクソンはこの地域共和党向けて動かすという彼の南部戦略」を支持するために南部人と「厳格な構築主義者」を必要とした。カーズウェルは上院リベラルなブロックによって反対票を投じられ反発引き起こして多く南部民主党員共和党員に押し込んだ長期的な結果は、最高裁判所への指名南部政治的態度大きな影響与え可能性があるという両当事者による認識にあった。 ジェームズ・スウィーニーは、バージニア州重要な州でどのように変貌遂げたかを年ごと分析し旧来の全体のバード・マシーンがゆっくりと崩壊したことで、共和党は郡ごと、都市ごとに地方組織を構築する機会得たことを示している。民主党派閥化し各派閥は州全体のバード・マシーンを乗っ取ることを目標としていたが、バード指導部基本的に保守的で、経済外交政策問題ではむしろ共和党主流派と軌を一にしていた。共和党1969年にA・リンウッド・ホルトン・ジュニアの下で団結し、州を席巻した。1970年の上選挙では、共和党レイ・L・ガーランド民主党のジョージ・ローリングスを抑えて無党派のハリー・フラッド・バード・バード・ジュニアが選出され、バード・マシーンはカムバック果たした新しバード上院議員共和党には入党せず、代わりに民主党入党したとはいえバード上院議員目玉政策である国の財政赤字問題については、ほとんど保守的な投票記録残した地方レベルでは、1970年代共和党着実に成長し農村部農耕民族主義人種隔離といった歴史的な問題にほとんど関心のない中産階級郊外有権者重点置いていた。

※この「ルーツ(1963–1972)」の解説は、「南部戦略」の解説の一部です。
「ルーツ(1963–1972)」を含む「南部戦略」の記事については、「南部戦略」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルーツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ルーツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ルーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルーツ」の関連用語

ルーツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルーツのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南部戦略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS