ムーブメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > ムーブメントの意味・解説 

ムーブメント【movement】

読み方:むーぶめんと

政治上社会上・芸術上などの、運動

時計などの動く部品

絵画・彫刻などに表現され躍動感ムーブマン

音楽で、楽章

「ムーブメント」に似た言葉

ムーブメント[movement]

文化音楽スタイルファッションなど巻き込んだ大きな流れ流行のこと。フラワー・ムーブメント、パンク・ムーブメントなどという。

ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 01:40 UTC 版)

ムーブメント、ムーヴメント: movement




「ムーブメント」の続きの解説一覧

ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/24 07:43 UTC 版)

ERP5」の記事における「ムーブメント」の解説

パス具体化したものであり、リソースまたはアイテムノード間の具体的な移動表わすものである例えば、商品発送マッサージの提供、仕訳である。

※この「ムーブメント」の解説は、「ERP5」の解説の一部です。
「ムーブメント」を含む「ERP5」の記事については、「ERP5」の概要を参照ください。


ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/05 14:12 UTC 版)

劇団ワンツーワークス」の記事における「ムーブメント」の解説

ワンツーワークスのお家芸とも言えるダンスパントマイムとも似た独特のパフォーマンス

※この「ムーブメント」の解説は、「劇団ワンツーワークス」の解説の一部です。
「ムーブメント」を含む「劇団ワンツーワークス」の記事については、「劇団ワンツーワークス」の概要を参照ください。


ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 17:59 UTC 版)

懐中時計」の記事における「ムーブメント」の解説

動作機構は「機械式」と「クォーツ式」の2種類がある。 機械式 手動竜頭を回すことによりぜんまい巻き動作させる。ぜんまい毎日ないし数日一度は巻かなければならない懐中時計の場合、機械式手巻き式がほとんどである。懐中時計歴史の中で自動巻き式(振動加え事により内蔵された錘が回転しぜんまい自然と巻き上げられる)も発明されているが、懐中時計振りながら持ち歩くことは基本的にないため、機構としては存在意義あまりなく、ごく短い期間もてはやされ珍品終わった。現在でも自動巻き懐中時計存在しないわけではないが、ごく少数製品限られる現在生産されている自動巻き懐中時計存在する理由は、多機能型のムーブメントを腕時計用のものから流用しているために自動巻き機能備わっている多機能一体型のムーブメントから自動巻機構だけを除くことはできない)、というのが基本的な理由である。 クォーツ式 ボタン電池により動作させる。電池数年一度交換する必要があるが、最近は10年寿命リチウム電池内蔵品もある。 クォーツ式電池作動式)の利点として、電波時計機構組み込むことができる、ということがある。2010年代の現在、製造されているものは少ないが、電波時計対応のアナログ式懐中時計販売されている。 ぜんまい手で巻く煩わしさや、時間誤差といった日常での使い勝手考えるとクォーツ式軍配が上がるものの、機械式のムーブメントならではのコチコチ」という作動音や、文字盤や裏透明の素材にすることで作動機構直に眺めることができる(スケルトン式)点を好みクォーツ式スケルトンできないわけではないが、ムーブメントの動作眺める、という点では面白みには欠ける)、あえて機械式利用する愛好者も多い。

※この「ムーブメント」の解説は、「懐中時計」の解説の一部です。
「ムーブメント」を含む「懐中時計」の記事については、「懐中時計」の概要を参照ください。


ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 02:43 UTC 版)

ロンジン」の記事における「ムーブメント」の解説

2010年現在は、エタのムーブメントを利用した製品中心であるが、かつては自社でも、高精度高品質なムーブメントを製作していた。当時ロンジンは、まさに世界代表する時計世に送り出していた。

※この「ムーブメント」の解説は、「ロンジン」の解説の一部です。
「ムーブメント」を含む「ロンジン」の記事については、「ロンジン」の概要を参照ください。


ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 22:16 UTC 版)

アドバスターズ」の記事における「ムーブメント」の解説

財団推進しているムーブメントは多数あるが、そのうちのいくつか下記に示す。これらはアドバスターズオリジナルな着想のものもあれば、シンパ提唱したものを支援しているもの、全く別の組織推進している運動サポートしているものもある。 無買デー(あるいは無買日)(Buy Nothing Day) TVつけない一週間 (Tv turnoff week) Black Spot Campaign (反ブランド・キャンペーン。ブランドロゴ代わりに黒い●が入っている商品企画販売) メディアカルタ (私企業独占する公共電波に、真の公共」性を回復させようとする試みアドバスターズキャンペーン・スポット放映拒否した米加放送局に対し言論の自由タテ訴訟起こしている) 真のコスト経済いわゆるエコ経済学No Car Day クリティカル・マス自転車によるデモ行進で、クルマから道路取り戻そうとするキャンペーンファースト・シングス・ファースト (First things First 2000 Manifesto)

※この「ムーブメント」の解説は、「アドバスターズ」の解説の一部です。
「ムーブメント」を含む「アドバスターズ」の記事については、「アドバスターズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ムーブメント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ムーブメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ムーブメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムーブメント」の関連用語

ムーブメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムーブメントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
SEIKOSEIKO
Copyright © 2022. SEIKO WATCH CORPORATION
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムーブメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのERP5 (改訂履歴)、劇団ワンツーワークス (改訂履歴)、懐中時計 (改訂履歴)、ロンジン (改訂履歴)、アドバスターズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS