ムーブとは? わかりやすく解説

ムーブ【move】

[名](スル)

動くこと。動き。「トレンドの—を読む」

デジタルデータ移動すること。ハードディスク・光ディスク・メモリーカードなど記憶媒体データを、別の記憶媒体に、複製元のデータ消去しながら移動すること。→コピー2㋑ →コピーワンスダビング10(テン)


ムーブ [move]


ムーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 09:10 UTC 版)

ムーブまたは、ムーヴ (move) は、英語で「動かす、動く」と言う意味。




「ムーブ」の続きの解説一覧

ムーブ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 21:23 UTC 版)

ムーブ!』は、2004年10月4日から2009年3月6日まで、朝日放送にて平日夕方に放送された関西ローカル報道情報番組である。ステレオ放送ハイビジョン制作を実施していた。


注釈

  1. ^ コメンテーターの須田曰く、「イケイケのスタッフが制作していた」と2017年に回想している。
  2. ^ 準キー局での吉本興業所属タレントが出演する番組枠が大幅に減るので、局の営業関係者には苦労をかけたと振り返っている。
  3. ^ 開始当初は堀江と山本の組合せだったが、山本が局を退社し降板。2005年4月からの1年間は堀江が1人で担当し、加藤がアシスタントを担当。2006年4月3日から、関根がレギュラーに加わり、堀江・関根が進行する4人体制になる。
  4. ^ 日替わりで各界から評論家や文化人をコメンテーターとしてスタジオに招く。朝日放送の『おはようコールABC』や『おはよう朝日です』、テレビ朝日の『やじうまプラス(朝日放送では放送なし)』・『スーパーモーニング』など朝の情報番組ワイドショーに出演歴のあるコメンテーターに多い。特に芸能リポーターは『おはようコール』か『おは朝』と重複。
  5. ^ 稀に木曜レギュラー出演者が休んでいる場合にピンチヒッターをして度々登場した事がある。島田紳助と勝谷のマネージャーの一件が起きたのも正にその時であった。
  6. ^ コメンテーター降板後、コーナー担当にて復帰。
  7. ^ 主に国会議員の裏問題や刑務所関連の際、曜日を問わず出演。
  8. ^ 浅井と財部は芸能コーナーの前に退席していたが、2008年7月4日放送分の「ムーブ!ニュースシアター」で吉永がそのことを批判する文章を発表し、以後は財部が芸能コーナーに出演するようになった。
  9. ^ 2007年12月、2008年大阪府知事選挙へ出馬表明したため降板。
  10. ^ 「朝日放送の相次いだ性犯罪」、「他の番組で起こった不祥事・及びそれらに対する報道姿勢」、「『ムーブ!』をめぐる不可解な人事」等複合的な理由で、2008年3月降板予定だったが6月第2週の契約満了をもって降板。その翌週の7月から裏番組である『FNNスーパーニュースアンカー』(関西テレビ)にレギュラー出演を開始した。
  11. ^ コメンテーターも兼ねてオープニングから出演することもあった。
  12. ^ 例えば、安倍内閣総辞職・安倍改造内閣発足等による放送休止。
  13. ^ ABCニュース』を含めた6分前倒し。
  14. ^
  15. ^ 日本一わかりやすい「ムーブ!の疑問」の大発見。
  16. ^
  17. ^

出典

  1. ^ AERA 2006年12月4日号 「新コーハ主義」で行こう
  2. ^ ムーブ!」が「ぷいぷい」に視聴率勝利 (日刊スポーツ大阪版)2006年7月4日10:00
  3. ^ 仏頂面日記 週刊文春 2008年3月27日号
  4. ^ 「女性セブン」2008年6月12日号
  5. ^ 朝日放送「債務超過」発言で謝罪 日刊スポーツ 2008年12月3日


「ムーブ!」の続きの解説一覧

「ムーブ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムーブ」の関連用語

ムーブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムーブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムーブ (改訂履歴)、ムーブ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS