ムーブとは?

ムーブ [move]


ムーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/27 14:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ムーブまたは、ムーヴ (move) は、英語で「動かす、動く」と言う意味。

行為

商品名・企業名

番組名・放送局名

テレビ
ラジオ

音楽

生体

  • ムーブ (moob) - Manとboobの合成語で男性の女性化乳房を指す。

関連項目


ムーブ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 03:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーブ!
ジャンル 帯番組 / 報道番組 / 情報番組
出演者 堀江政生
関根友実
上田剛彦
加藤明子
ほか 出演者欄を参照
製作
プロデューサー 奈良修
安田卓生
制作 朝日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本
放送期間 2004年10月4日 - 2009年3月6日
回数 1051回
番組公式サイト
開始から2006年3月まで
オープニング PSYCHEDELIX(チャー)「Move on」
放送期間 2004年10月4日 - 2006年3月31日
放送時間 平日 15:55 - 17:54
放送分 119分
2006年4月から2009年3月まで
オープニング 杏里「ムーブ・ミー」
放送期間 2006年4月3日 - 2009年3月6日
放送時間 平日 15:49 - 17:54
放送分 125分
テンプレートを表示

ムーブ!』は、2004年10月4日から2009年3月6日まで、朝日放送にて平日夕方に放送された関西ローカル報道情報番組である。ステレオ放送ハイビジョン制作を実施していた。

番組概要

2004年10月、朝日放送にて10年半にわたり放送された前番組である『ワイドABCDE〜す』シリーズ等の、関西圏準キー局夕方ワイド番組の番組構成と比較し、「勝利の方程式」たる「グルメ・温泉・お笑い」を放棄し、これまでテレビ制作業界で及び腰だった問題等を扱った報道のキャラクターを前面に押し出した番組としてスタート[注 1][1]

メインキャスターには、同局のアナウンサーである堀江を起用。ゲストコメンテーターは裏番組等に出演する、お笑い芸人は一切出演せず、ジャーナリスト評論家が各人が専門分野を活かして解説を行うが、出演者によって主義主張を隔てず起用し、ニュースや視聴者からの疑問、他のメディアが伝えない見解や評論を発信していた[注 2][2]

視聴率では、2005年6月に関西地区の夕方時間帯でトップの視聴率を維持しており、2006年6月時点でも裏番組である『ちちんぷいぷい』(毎日放送)を上回っていた[3]

2009年3月6日、朝日放送全体での経費削減などを理由に、『ムーブ!』『NEWSゆう』の放送を終了し、後継番組として、放送枠を統合した『NEWSゆう+』が開始した。

出演者

司会

番組放送当時、朝日放送のアナウンサー[注 3]

コメンテーター・天気キャスター

番組終了時[注 4]

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

不定期出演

過去のコメンテーター

芸能コメンテーター

気象キャスター

リポーター

番組放送当時、朝日放送のアナウンサー

放送時間

放送時間の変遷

期間 放送時間(日本時間
2004.10.04 2006.03.31 平日 15:55 - 17:54(119分)
2006.04.03 2009.03.06 平日 15:49 - 17:54(125分)[注 13]

主なコーナー

  • Today's ムーブ!
関西地区や全国のニュースを2~3項目ほど取り上げ、VTRやモニターを用いてキャスター(主に上田)が解説。コメンテーターと議論を繰り広げる。最近は番組上で「Today's ムーブ!」という呼称はされない。
このコーナーの合間には加藤が担当するストレートニュース(廃枠となった平日昼の「ABCニュース」の代替)が挿入される(2008年3月31日から、ニュースが17時過ぎに移動し、「夕刊パラパラ」と統合されて上田が担当)。
  • 特集
日替わりの特集。こちらは「Today's ムーブ!」と比べると、予め作成されたVTRが中心となる。ただし放送のないことも。
  • ムーブ!の事件ファイル
番組初期に放送された。ニュースをいくつか取り上げる。
  • ムーブ!のブーム
番組初期に放送された。はやっているものを紹介する。
  • ムーブ!のジャッジ
その日のコメンテーターがニュースや話題についてジャッジを下していく。
  • ニュースのみかた
ニュースに対して、一般に取り上げられない視点で斬り込む。
  • ムーブ!の疑問
視聴者から寄せられたさまざまな疑問を総力取材する。採用者にはプレゼントを用意(2007年9月以降はオリジナルマフラータオル3本(色は6色、色の希望は不可)。過去には時計電気シェーバー、番組本「社長のベンツは本当に4ドアなのか?」など数カ月ごとに変わる)。
  • 夕刊パラパラ(-2008年3月28日)
上田がその日の新聞の夕刊(大阪本社版)の記事をいくつか紹介。2008年3月31日以降、ニュースのコーナーに取り込まれる形で消滅。
  • ムーブ!マガジンスタンド(-2008年6月20日)
週刊誌等の雑誌の記事を数項目取り上げ、堀江と上田がスタジオのモニターを用いて解説する。
夕刊とマガジンスタンドではそれぞれスタジオのコメンテーターがコメントするほか、出演していない別曜日のコメンテーターがコメントを寄せることもある。
2007年10月29日まで毎週月曜日には週刊プレイボーイでの宮崎の連載記事「明日はどっちだ!ニュースジャッジ」が取り上げられていた(月曜日にこの番組の放送自体がなかった週や月曜に宮崎が不在だった週については、木曜日にこの記事が取り上げられる)。
毎週火曜日には必ずSPA!における勝谷の連載記事「ニュースバカ一代」が取り上げられていた。(この記事のみモニターではなくアニメーションと堀江のナレーションで構成されたVTRで解説していた)。
2008年6月20日をもって終了。以後は、フリーライターなどがこの番組のために独自に取材した記事を紹介する「ムーブ!ニュースシアター」になる。
  • ニュースコーナー(2008年3月31日-)
最新のニュースを上田が伝える。「夕刊パラパラ」から引継き新聞夕刊の社会面の記事も紹介する。
  • ムーブ!ニュースシアター(2008年6月30日-)
番組スタッフや週刊誌で活躍するライターが現代の出来事を、独自の情報網で取材し纏めたものを発表、紹介する。
6月30日~7月4日には、各曜日のコメンテーターが「ムーブ!をほめ殺す」というタイトルで、番組に対する思いを書いたコラムを紹介した。
毎週火曜日は、勝谷が書いた「ニュースバカ一代」の記事を紹介(雑誌週刊SPA!連載)。毎週水曜日はやくの描き下ろし4コママンガ「がっつりムーブ君!」を紹介。
  • 芸能ムーブ!
加藤と芸能コメンテーターの2人でその日の芸能ニュースを取り上げる。
また、曜日によって後半がミニコーナーになる。
月曜/山崎寛代のイケメン塾
火曜/ささやんのザ・芸能記者
水曜/みといせい子のザ・エンターテイナー
木曜/二田一比古の言いたい放題
金曜/公造ステーション(一週間の芸能ニュースの中からピックアップ)
金曜は当初は「公造新聞」というコーナーだったが、100回を迎えたのを機に終了し、「公造ステーション」というニュース番組のパロディー企画になった(金曜のみ「芸能ムーブ」のオープニング映像を使わず、コーナー全体が「公造ステーション」になる)。

コメンテーターコーナー

日替わりのコメンテーターによるディスプレイを使う独自の解説。いずれかひとつを放送、休止の回もある。
番組終了時
曜日 担当者 内容
月曜 竹内薫 ムーブ!科学班の挑戦(タイトル映像なし)
火曜 上村幸治 チャイナ電視台(中国情勢分析)上村は2008年秋以降出演しておらず(コメント紹介のみ)、12月9日以降、富坂聰が担当した。
勝谷誠彦 知られてたまるか!(VTR取材、隔週、場所が秘密のグルメ案内(ヒントあり)。自称「日本一不親切なグルメコーナー」後に書籍化された)
須田慎一郎 須田金融道(経済政策から闇金融まで解説)
水曜
二木啓孝 二木啓孝 真相の深層
やくみつる やく・みつるの不思議な大阪
木曜 大谷昭宏 事件にヤマあり大谷あり
大谷・藤井 激突!!生激論
藤井誠二 事件後を行く!
金曜 財部誠一 財部経済シンクタンク
若一光司 週刊若一ワールド
時代の証人を訪ねて
山本健治 関西オンリーワン企業(VTR取材、山本がスタジオで総括。2008年3月までは木曜日)
ジェフ・バーグランド NIPPONを支える外国人(VTR取材)
不定期 重村智計 KOREA ナウ(北朝鮮&韓国情勢分析)
吉富有治 特命取材班
上杉隆 上杉政経塾
過去
曜日 担当者 内容
月曜 二宮清純 スポーツ清純派
火曜 福岡政行 公開!福岡ゼミ
水曜 ジェフ・バーグランド 関西21世紀の匠(VTR取材)
金曜 若一光司 ミステリアス・ジャパン
現代!若一コージ苑
不定期 加藤明子 加藤明子のいまどきエコノミー

テーマ曲

オープニング

エンディング

  • 奥華子『光の場所』(2006年4月3日 - 9月29日)

スタッフ

  • プロデューサー:奈良修、安田卓生
  • 制作著作:朝日放送

エピソード

前半のニュース特集では番組独自の報道取材を行っていた。年金問題や大阪市の不祥事京都市の不祥事問題を追及している。

制作上の問題

  • 2006年11月、朝日放送アナウンサー3人によるセクハラ(性犯罪)事件が発覚。過去に同業他社の社員が痴漢事件を起こした際は、マスコミの中でもいち早く実名報道を行い批判したにも関わらず、処分された3人について「被害者のプライバシーもあり公表できない」として実名報道をせず、発覚日に番組冒頭にて会社として謝罪するにとどまった[注 16]
  • 2006年9月21日放送の『ムーブ!マガジンスタンド』のコーナーにて、植草一秀に痴漢7件で示談の過去という「女性セブン」の2006年10月5日号の記事を紹介したが、この記事が事実無根であり[5]名誉を棄損したとして植草が朝日放送に対し提訴したが、この件に対し和解にした。その事に基づき、2008年10月の番組内で1分間のおわび放送を2度繰り返した[注 17]
  • 2008年12月3日放送の「須田金融道」のコーナーにて農林中央金庫について、「農林中央金庫が債務超過に陥りかねない」と解説を行った後、番組スタッフから相手側が説明を受けたいと間を繋がれ、須田とディレクターで農中ビル本店に訪問した際に経営陣に暗に謝罪を要求され断った。しかし、朝日放送の見解として、2008年9月時点の自己資本比率と祖語があり、番組の冒頭にて謝罪を行った[6]
  • 2008年12月11日に番組の放送が1000回を迎えた。しかし2009年3月6日をもって4年半、1051回続いた番組が終了し、後継番組である『NEWSゆう+』には、二木・大谷・井上が引き続き出演していた。

関連書籍

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ コメンテーターの須田曰く、「イケイケのスタッフが制作していた」と2017年に回想している。
  2. ^ 準キー局での吉本興業所属タレントが出演する番組枠が大幅に減るので、局の営業関係者には苦労をかけたと振り返っている。
  3. ^ 開始当初は堀江と山本の組合せだったが、山本が局を退社し降板。2005年4月からの1年間は堀江が1人で担当し、加藤がアシスタントを担当。2006年4月3日から、関根がレギュラーに加わり、堀江・関根が進行する4人体制になる。
  4. ^ 日替わりで各界から評論家や文化人をコメンテーターとしてスタジオに招く。朝日放送の『おはようコールABC』や『おはよう朝日です』、テレビ朝日の『やじうまプラス(朝日放送では放送なし)』・『スーパーモーニング』など朝の情報番組ワイドショーに出演歴のあるコメンテーターに多い。特に芸能リポーターは『おはようコール』か『おは朝』と重複。
  5. ^ 稀に木曜レギュラー出演者が休んでいる場合にピンチヒッターをして度々登場した事がある。島田紳助と勝谷のマネージャーの一件が起きたのも正にその時であった。
  6. ^ コメンテーター降板後、コーナー担当にて復帰。
  7. ^ 主に国会議員の裏問題や刑務所関連の際、曜日を問わず出演。
  8. ^ 浅井と財部は芸能コーナーの前に退席していたが、2008年7月4日放送分の「ムーブ!ニュースシアター」で吉永がそのことを批判する文章を発表し、以後は財部が芸能コーナーに出演するようになった。
  9. ^ 2007年12月、2008年大阪府知事選挙へ出馬表明したため降板。
  10. ^ 「朝日放送の相次いだ性犯罪」、「他の番組で起こった不祥事・及びそれらに対する報道姿勢」、「『ムーブ!』をめぐる不可解な人事」等複合的な理由で、2008年3月降板予定だったが6月第2週の契約満了をもって降板。その翌週の7月から裏番組である『FNNスーパーニュースアンカー』(関西テレビ)にレギュラー出演を開始した。
  11. ^ コメンテーターも兼ねてオープニングから出演することもあった。
  12. ^ 例えば、安倍内閣総辞職・安倍改造内閣発足等による放送休止。
  13. ^ ABCニュース』を含めた6分前倒し。
  14. ^
  15. ^ 日本一わかりやすい「ムーブ!の疑問」の大発見。
  16. ^
  17. ^

出典

関連項目

朝日放送 平日15:49 - 15:51枠
前番組 番組名 次番組
刑事ドラマ再放送
※15:00 - 15:55
ムーブ!
紗綾さーやるぞ
※15:46 - 15:51
朝日放送 平日15:51 - 15:55枠
刑事ドラマ再放送
※15:00 - 15:55
ムーブ!
プレミアムワイド
※15:55 - 16:50
朝日放送 平日16時台
わいど!ABC
※15:55 - 17:54
ムーブ!
プレミアムワイド
※15:55 - 16:50
朝日放送 平日17時台
わいど!ABC
※15:55 - 17:54
ムーブ!
NEWSゆう+
※16:50 - 18:54
朝日放送 平日午後ABCニュース
ABCニュース
※14:55 - 15:00
ムーブ!
※番組の1コーナーとして代替
廃枠



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ムーブ」の関連用語

ムーブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ムーブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2020 AMEI.OR.JP
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムーブ (改訂履歴)、ムーブ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS