おはよう朝日ですとは?

おはよう朝日です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/07 12:57 UTC 版)

おはよう朝日です』(おはようあさひです)は、朝日放送ABCテレビ)が1979年4月2日から平日に放送中の帯番組朝の情報番組である。関西ローカルの生放送で放送開始から35年以上経過した長寿番組の一つである。ハイビジョン制作。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2010年4月から「正木さんのお天気」コーナー内で実施。
  2. ^ ちなみに宮根は、最終出演日に放送された井上公造からのインタビュー(事前収録)の中で、「今後も年に1回は(ゲスト扱いで)『おは朝』に出てみたい」と発言している。
  3. ^ 浦川は2010年3月23日まで、毎週月・火曜日に、本番組平日版と同じ時間帯で放送中のABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』でニュースデスクを担当。土曜日には同年4月から、本番組土曜版の後座番組『朝だ!生です旅サラダ』に出演していた。
  4. ^ 八塚はリポーターとして、2010年2月より土曜版に出演。土曜日の夜には、上田とともに、ABCラジオの『ニュース探偵局DX』でキャスターを務めていた。
  5. ^ 平日版の司会を乾が担当していた時期には、「夜勤明けでお帰りの皆さん、お疲れ様でした。これからお出掛けの皆さん、忘れ物はありませんね? 今日も元気に行ってらっしゃい!」と言っていた。
  6. ^ 土曜版の放送開始当初は、平日版と同じ挨拶だったが、高野純一のメインキャスター担当時から現在の挨拶に変更。
  7. ^ 1990年4月から1994年3月までは岡元のサブ司会扱いで出演、以降は単独司会。
  8. ^ 2016年春頃まではお天気の後、岩本が「今日はこのメンバーでお送りします」と言って曜日別レギュラーが下手から一斉に登場していたが、お天気の最中に並ぶように変更された。
  9. ^ 2010年10月4日から2011年3月までは『どですか!』だった。
  10. ^ 2010年10月4日から2011年3月までは『やじうまテレビ!〜マルごと生活情報局〜』、2011年4月から2013年9月までは『やじうまテレビ!』。
  11. ^ 正木・赤﨑を曜日コメンテーター・サブコメンテーターに差し替え。アニメーション冒頭のおでんくんは、コメンテーターのキャラクターにちなんだ仕様に。
  12. ^ a b 2015年4月から2017年4月2日までは『報道ステーション SUNDAY』。
  13. ^ a b 2017年4月17日までは『GET SPORTS』内の「ANN NEWS&SPORTS」。
  14. ^ 一般には「宮根のサッカー嫌いに起因した構成」と言われているが、真相は不明である。なお日本代表として長らく活躍した遠藤保仁ガンバ大阪)は、喜多と親交があり川添と同郷であることから、遠藤およびガンバ大阪関連の扱いは比較的よい。
  15. ^ 『「おはよう朝日です」の本』には、原稿を作成中の島田の写真が掲載されている。
  16. ^ 平日版では、「おは朝トピックス」「ちょっとスクープ」と合わせてスポンサーを務めている。
  17. ^ 1996年5月27日の放送に出演。『おはよう朝日です。雑誌です。』にも登場している。
  18. ^ 大幸が異動前まで担当していた『三代澤・宮根・桜井のスラスラ水曜日』で放送したコーナーを、当番組向けにアレンジ。長らく定着していた「てれほんQ」を土曜日に縮小したうえでの開始だったこともあって、当初は朝から視聴者の不幸話を放送することについて、局の内外から批判を受けたという。実際には、朝日放送社員の既婚女性ディレクターが、放送前に参加希望者へ電話で聴き取り取材を実施していた(前掲『「おはよう朝日です」の本』での大幸のコメントより)。
  19. ^ 現在は、当番組の後半と放送時間が重なる『NHKニュースおはよう関西』(NHK総合テレビ)の7:55頃に、日本道路交通情報センター・大阪センターからの生中継方式で道路交通情報を放送している。
  20. ^ 逆に、それまでNETとネットワークを組んでいた毎日放送では、朝日放送で放送されていたTBS制作のネット番組が大量に流れるようになった。
  21. ^ 当時は、スタジオサブをタワー北隣のABCホールと共用。サブは、同じくタワー北隣のABCセンター内に置かれていた。
  22. ^ 『「おはよう朝日です」の本』に、「誌上オンエア」と称して、第1回放送での出演者のやり取りや映像の一部を掲載している。
  23. ^ 『「おはよう朝日です」の本』「第1回放送誌上オンエア」や『おはよう朝日 1万回です』で放送された第1回の映像より
  24. ^ 宮根が後に複数の番組でコメント
  25. ^ 『「おはよう朝日です」の本』に掲載された宮根のインタビューによれば、彼のトークの幅を広げるとともに、「面白い朝」を演出するための起用だったという。
  26. ^ 2015年3月30日から2016年3月25日までは日本テレビ系列の朝の情報番組スッキリ!!』のオープニングテーマに使用された。
  27. ^ 年末年始などの特別な場合には、揃って登場することがある。また、スケジュールのミスで揃って出演したこともある。
  28. ^ 1996年1月6日付の『サンケイスポーツ』(大阪本社発行分)の芸能面には、「ウサギ年早々 おき太くん寝過ごした」との見出しとともに、前日の生放送での遅刻を報じる記事を掲載。記事によれば、スタジオに到着したのは7:30頃で、約1時間の遅刻だという。
  29. ^ 『「おはよう朝日です」の本』に掲載の乾の証言より。乾がスタジオから冗談交じりで「お前、この頃汚れてきたなぁ。温泉へ入れよ」と言ったところ、勝手に入湯。着ぐるみが水を吸ったため、立ち上がれなくなったという。
  30. ^ 例えば、2007年の御堂筋パレードでは、キュキュに代わって朝日放送代表で近畿広域地上デジタル放送推進協議会のフロートに乗っていた。ちなみに、キュキュには動ける着ぐるみが存在しない。
  31. ^ 赤井がレギュラーで出演している『ごきげん!ブランニュ』の企画の一環で、本番組のパロディとして放送。
  32. ^ 後日放送の『ごきげん!ブランニュ』より。
  33. ^ ふかわ自身は横浜市の出身で、学生時代も首都圏で過ごしている。ちなみに現・土曜日メインキャスターの上田剛彦は國學院高校の同期生。
  34. ^ 板東は、前述の事情で2013年1月から出演を自粛した後に、翌2月末で降板。
  35. ^ 2010年6月9日・16日には自身の結婚式と新婚旅行のため欠席。6月9日は代理を立てずに浦川・喜多のみで進行、6月16日は井上公造がコメンテーター代理(6月18日が全米オープンゴルフ中継で放送休止となるため、金曜放送の「井上公造の芸能DX」をこの日に放送)。
  36. ^ 取材で出演できない場合は佐々木博之がコメンテーター代理で出演する。
  37. ^ 清水は通常、当番組と同時間帯に朝日放送ラジオで放送される『おはようパーソナリティ道上洋三です』にレギュラーで出演。その関係で、出演期間中は同番組との掛け持ちになった。
  38. ^ 月曜日なので本来なら『おはようコールABC』出演日だが、祝日(成人の日)により休止。
  39. ^ 赤﨑が夏休みなどで出演できない場合は、土曜版のエレクトーン奏者・伊藤加奈子→小椋寛子が担当する。
  40. ^ a b c d e f g h i コーナー初日の2013年4月1日に全員出演している。
  41. ^ 前週(2015年12月最終週)の放送にも、「研修」と称して出演。
  42. ^ 2011年末までは火曜日・金曜日、2011年3月までは火曜日 - 木曜日、2014年2月までは水・木曜日を担当。
  43. ^ 朝日放送の野球解説者に就任した2004年1月から2011年末まで、水・木曜日に出演。2012年から2014年まで、阪神タイガース二軍投手コーチを務めた。2015年1月から解説者へ復帰するとともに、当番組への出演を再開。
  44. ^ 2010年3月31日から2014年9月26日までは、『おはようコールABC』でリポーターを務めていた。
  45. ^ a b c d e f g 「トレンドエクスプレス」「けさのクローズアップ」のリポーターを務めることもある。
  46. ^ a b 2017年10月より『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』にてパートナーを担当(おち:月曜、熊谷:水曜)。
  47. ^ 2014年4月現在、リポーターでは最古参(2014年4月7日放送「けさのクローズアップ」より)。
  48. ^ 2013年4月から1年間は、『朝だ!生です旅サラダ』にも「旅サラダガールズ」として出演。
  49. ^ 通常は「田口万莉」名義で活動しているが、当番組では名前を平仮名表記に。
  50. ^ 2017年2月9日の「けさのクローズアップ」にて関本・岩本・川添の沖縄グルメリポートが放送された関係で、木曜日ながらオープニングから出演(スポーツコメンテーターは通常通り桧山)。
  51. ^ a b c d e f 担当コーナーのみの出演。
  52. ^ a b c 2013年4月6日に新リポーター3名が全員出演。
  53. ^ 2010年9月13日 - 9月17日、夏休みに伴い、島田大が担当した。2013年の夏休みには、2013年8月19日・22日は北村真平、2013年8月20・21日・23日は古川昌希が担当している。
  54. ^ かつては、日本テレビ系列スポーツうるぐす』の相撲解説も担当していた。
  55. ^ 2012年から朝日放送の野球解説者に就任したことを機に、1月12日から金曜日のスポーツキャスターを担当[30]
  56. ^ 2011年から朝日放送の野球解説者に就任。3月7日から月曜日のスポーツキャスターを担当。2015年12月28日卒業。
  57. ^ 2011年10月3日から、平日夕方のニュース番組『キャスト』のサブキャスターに就任したため卒業。
  58. ^ 2011年10月3日から、高橋大作の後任で『おはようコールABC』のメインキャスターに就任したため卒業。
  59. ^ 朝日放送では、朝日放送ラジオのスポーツ情報番組(2013年4月以降は『Monday! SPORTS - JAM』)のパーソナリティを担当。2014年12月31日で芸能界引退。
  60. ^ 当番組への出演と同時に『虎バン』(朝日放送テレビの阪神タイガース情報・ドキュメンタリー番組)のナビゲーターも兼務していたため、2013年からは、月曜日の「スポーツ&スポーツ」で「虎鷹大決戦 おはよう朝日ですVSアサデス。KBC」「虎ハム決戦 おはよう朝日ですVSイチオシ!モーニング」を放送する場合に、「人気mono サキヨミEnter!」から続けて「スポーツ&スポーツ」にも出演していた。2014年12月に中田賢一福岡ソフトバンクホークス投手)と結婚したことから、2015年1月で当番組を降板。同年3月末で朝日放送を退社。
  61. ^ 2016年10月31日で芸能界引退。
  62. ^ 2016年4月以降は、当番組に加えて、月曜日収録・放送の『ほろ酔い朝日です』にレギュラーで出演していた。
  63. ^ 最終出演日には、赤江珠緒から贈られた花がスタジオに飾られていた。
  64. ^ 2013年1月から9月までは、土曜版の後枠で放送中の全国ネット番組『朝だ!生です旅サラダ』にもレギュラーで出演。
  65. ^ 2013年4月4日から10月24日までは、平日版「人気mono サキヨミEnter!」で木曜日のサキヨミキャスターを担当。
  66. ^ リポートを担当しない日でもレギュラーコメンテーターとしてスタジオに出演。
  67. ^ a b c d 週替わり出演。
  68. ^ 当番組の「熱闘甲子園」は、後の『おはよう朝日・甲子園です』に近い内容だった。
  69. ^ 宮根が『ジャイケルマクソン』(2009年5月20日放送分)に出演した際の発言より。朝日放送の関連会社・ABCトラベル(現在のABC神姫トラベル)の主催で、中高年の女性視聴者を中心に人気を博した。
  70. ^ 2008年は、8:00 - 8:15にパンチ佐藤出演の『食爛漫!味づくし 感動の旅』、8:15 - 8:24には第1試合の実況アナウンサー・解説者が進行するプレ番組を編成。2009年は、8:15 - 8:20に『紗綾さーやるぞ』(当時の番組宣伝番組)、8:20 - 8:24に前年と同様のプレ番組を放送した。ただしBS朝日では、プレ番組を放送せず、8:24から第1試合の中継を始めている。
  71. ^ 朝日放送以外のテレビ朝日系列フルネット局では『モーニングバード』を7:30から30分拡大して放送(朝日放送では本番組を短縮版で放送のため、8:00から飛び乗り)。
  72. ^ ちなみに、ソフトバンクが負け越した場合には、宮本と徳永が(ニュースコーナーを除いて)阪神の応援ハッピ姿で『アサデス。』の全編に出演。生放送中に「六甲おろし」を披露することになっていた。
  73. ^ 西田は放送中に、朝日放送の本社に近い淀屋橋へ自転車で移動。当日の放送では、淀屋橋への移動から罰ゲーム終了までの一部始終を、中之島のカメラからの映像を通じて随時紹介していた。また藤原は、当コーナーの終了後すぐに、新幹線新大阪駅から京都駅まで移動。エンディングでは、京都市の中心部で罰ゲームに勤しむ姿を、ホテルオークラ京都屋上のカメラで映し出した。
  74. ^ 小沢がKBCテレビの番組へ出演するのは、2013年3月22日に放送された同局制作のドラマ『福岡恋愛白書8』以来。沖が朝日放送テレビの番組へ出演するのは、前年の第94回全国高等学校野球選手権大会期間中に、テレビ・ラジオ中継の実況アナウンサーとしてABCへ派遣されて以来であった。
  75. ^ 石沢は、当企画の前にも、朝日放送テレビの番組(浦川が司会を務める『パネルクイズ アタック25』の「女子アナウンサー大会」など)に数回出演。
  76. ^ 植村は当初、「ひまわり」の披露をこの特別番組に限る予定だった。しかし、放送後に視聴者から「ひまわり」をCDで発売する旨の要望が相次いだことから、2012年1月25日発売のアルバム『手と手』に同曲を収録することになった[31]
  77. ^ 『「おはよう朝日です」の本』での宮根のインタビューより。宮根が後日当番組のディレクターに確認したところ、地図を見ながらおおまかに走行ルートを決めたため、総延長が120kmを超えたという。
  78. ^ 当然「ほんにもぉ」のことであるが、坂東のしゃべり方で「ほんにもぉ」に聞こえることが由来。
  79. ^ 前番組は、「大分むぎ焼酎 二階堂」を製造する酒造メーカー・二階堂酒造の1社提供番組『茂山童司の栴檀代々』で、当番組の放送開始を機に放送枠を毎週木・金曜日の17:00 - 17:10へ移動。
  80. ^ 同日は岩本・福井の進行で川添がゲストという扱い。
  81. ^ 『「おはよう朝日です」の本』の刊行も担当。同書の中で、「30年という長い歳月を経験しているからこそ、『おは朝』には無駄なところがない」と語っている。ちなみに現在は、毎週火曜日の本番後に、1週間分の企画会議を実施しているという。

出典

  1. ^ 板東英二さん「おは朝」出演も見合わせ 朝日放送朝日新聞2013年1月4日23時28分配信 2013年1月7日閲覧)
  2. ^ a b 元阪神の濱中治氏 ABC「おは朝」レギュラーにスポニチアネックス2011年12月28日 08:17配信 2013年1月1日閲覧)
  3. ^ 「おは朝」も板東英二出演見合わせ…申告漏れ指摘受けスポーツ報知2013年1月5日10:35配信 配信日に閲覧
  4. ^ きゃりー「おは朝」出演、ミナミデートサンケイスポーツ2012年5月11日配信 2013年1月3日閲覧)
  5. ^ 関西に才媛姉妹アナ誕生 ABC斎藤真美アナ「おは朝」でデビュースポニチアネックス2012年7月2日 07:10配信 2013年1月5日閲覧)
  6. ^ 『おはよう朝日です』が雑誌になって登場
  7. ^ 宮根誠司アナ20年の節目「おは朝」来春卒業へスポーツニッポン)、 宮根誠司が「おは朝」を来年3月で卒業日刊スポーツ)いずれも2009年12月25日付の大阪発行分に掲載。関西地方の一部地域で発行された紙面では、いずれも1面で扱われた。また、同日の放送での発表内容については、「おはよう朝日」宮根アナ卒業へ 「20年…区切りに」(同日発行の朝日新聞関西版夕刊記事)を参照のこと。
  8. ^ 妊娠5か月武田アナがラジオ新番組司会…朝日放送改編発表 スポーツ報知 2010年3月11日
  9. ^ 「今日も1日元気になろーソン おは朝みんなのこだわりプロジェクト」
  10. ^ “京大クン”岩本アナ「おは朝」新MCに 「全身全霊でぶつかる」(『スポーツニッポン2015年2月10日付記事)
  11. ^ 浦川アナ「おは朝」卒業!「キャスト」で関西夕方ニュース戦争参戦 (『スポーツニッポン』2015年2月10日付記事)
  12. ^ 日刊スポーツ大阪版、2016年7月12日付22面。
  13. ^ おはよう朝日です 2017年9月15日放送回
  14. ^ 視聴者参加型で近畿の空をライブ ABC朝日放送とコラボレーション企画がスタート 株式会社ウェザーニューズ 2010年3月29日
    『みんなでお天気速報 参加型番組、サイトが人気』 朝日新聞 2010年5月13日
  15. ^ Think Bee! 星占いランキング 放映中!”. シンクビー! 公式オンラインショップ (2013年10月31日). 2013年11月8日閲覧。
  16. ^ a b c 『「おはよう朝日です」の本』に掲載の「『おはよう朝日です』30年目の証言」より
  17. ^ a b c 宮根誠司、『おは朝』リポーターでレギュラー復帰を目指す!?ORICON STYLE2012年10月31日05時00分配信 2013年1月7日閲覧)
  18. ^ 始球式で投球するおき太くん=甲子園球場(「サンケイスポーツ2013年7月1日付記事写真)を参照。この模様は、当日の当番組のオープニングでも放送された。
  19. ^ 「おは朝」新アシスタントに3年目川添佳穂アナ大抜てき(『スポーツニッポン2016年8月31日付記事)
  20. ^ a b 野々村真「バイキング」終了直前に到着 ブラマヨ吉田“謝罪会見”要求スポーツニッポン 2016年1月25日
  21. ^ 野々村真 台風でバイキング出られず芸能速報/デイリースポーツ online2014年10月6日
  22. ^ 石田純一出馬辞退もおはよう朝日出演を当面見合わせ日刊スポーツ 2016年7月11日
  23. ^ 板東英二「おは朝」も降板…在阪局レギュラー番組消滅Sponichi Annnex.2015年3月11日
  24. ^ 同番組には、2013年10月3日から水曜日第1部「なんでやねん!?」のリポートおよびスタジオ進行担当として同コーナーにのみ出演していた。
  25. ^ 喜多ゆかりアナ妊娠5カ月、ABCのTV番組も卒業(『日刊スポーツ2016年7月1日付記事)
  26. ^ ソニーミュージック公式サイト サンプラザ中野& ハッピーモーニング
  27. ^ 板東英二さん「おは朝」出演も見合わせ 朝日放送(「朝日新聞」2012年1月4日付記事)
  28. ^ 板東英二「おは朝」も降板…在阪局レギュラー番組は全滅(「Sponichi Annex」2013年3月11日付記事)
  29. ^ 『THE MUSIC NOW』(高橋がメインパーソナリティを務めるABCラジオの音楽番組)に掲載のプロフィール より
  30. ^ 元阪神の濱中治氏 ABC「おは朝」レギュラーに (『スポーツニッポン』大阪版2011年12月28日付記事より)
  31. ^ 『朝日新聞』同年1月11日付の記事 関西の心、東北に届け 植村花菜さん「ひまわり」CDに を参照)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おはよう朝日です」の関連用語

おはよう朝日ですのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リーフ・シェル-M3

スモーク

W63K

ロフト

FLS

海南猪

第八十一玉高丸

裏筋





おはよう朝日ですのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおはよう朝日です (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS