志村けんとは?

志村けん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 06:36 UTC 版)

志村 けん(しむら けん、1950年(昭和25年)2月20日 - 2020年(令和2年)3月29日[2][3])は、日本コメディアンお笑いタレント司会者である。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。1972年までの旧芸名の表記は「志村 健」。本名は志村 康徳(しむら やすのり)[4]




注釈

  1. ^ 「ちっとんべえ」(少し)、「おっぺす」(押す)、「あんだって」(何だって)など。
  2. ^ 住友建機のコラム「Power Talk」取材時の本人の証言などによる。
  3. ^ 本人の著書では、社会勉強をするため他の付き人に伝言して辞めたというが、いかりやの許可をもらったわけではないため、脱走扱いとなっている。
  4. ^ この芸名は、現在台湾で使用されている。
  5. ^ 荒井注は1973年10月に脱退を表明しており、すでに「迷惑をかけないために、半年間、御礼奉公して辞める」との意思をいかりや始め周囲には伝えていた。志村の「見習い」昇格は、事実上正式加入までの移行期間として設けられたものだった。
  6. ^ ただし、いかりやの著書『だめだこりゃ』によれば、いかりやと井澤健ともに「荒井の後釜は志村しかいない」と考えていたとの記述があり、これらの経緯については矛盾点や諸説がある。
  7. ^ 例:コント タイガーマスク
  8. ^ 高木が話した伝播元である北関東のうち群馬栃木は志村姓が多い。他には甲信越3県も志村姓の多い県である。これは志村一族のルーツが甲斐を発祥とするとされ、元甲斐武田氏家臣の志村又左衛門が志村氏の先祖であるという。志村又左衛門は天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡後は徳川家康に臣従し、『甲斐国志』によれば八王子千人同心頭として関東へ移住したとのこと。なお、新潟県には志村姓も多いが「碇矢姓の発祥の地」と書籍で公表される程、碇矢姓も多い(いかりや浩一著『親父の遺言』より)。
  9. ^ もっともドリフターズのメンバーはテレビでのコメディアン(お笑いタレント)路線とは別に松竹および東宝で製作・公開された映画に主演俳優として出演しており、正式加入前の付き人時代にたびたびチョイ役で出演している。出演作品のオープニングには、本名の志村康徳名義でクレジットされている(2018年10月からBS11で放映が始まったドリフターズ映画の番宣では、志村の出演作だと「この人も出演!」と、登場シーンをピックアップする形で紹介されている)。
  10. ^ 「ドリフのミュージックジャンボリー」でギターとキーボードを弾く志村、キーボードを弾く高木の映像が確認できる。
  11. ^ 志村が観客から失敬してきたスイカを、いかりやが一緒になって食べてしまったりなど。
  12. ^ 志村が自身のブログで明かしている(Kens BLOG「さすが」(2009年5月4日))。また、2009年2月9日放送『しゃべくり007』スペシャル内や『となりのマエストロ』の記者会見(志村けんが激励「『欧米か!』一生涯やれ」 - スポーツ報知(ウェブ魚拓)(2009年10月5日))などでも同様の発言があった。
  13. ^ エッセイ『変なおじさん』によると、志村に限らずドリフのコントは言葉よりも動きによる笑いに重点を置いていたため、日本語のあまり通じない外国人にも受けが良かったとのこと。これと同様のことは、いかりやの自伝『だめだこりゃ』でも説明されている。
  14. ^ もともとドリフ加入後最初に生み出したギャグだったが、当時は評価されず、東村山音頭でブレイクしてから一般に日の目を見るようになった。

出典

  1. ^ a b “新型コロナで志村けんさん死去 急逝に驚きと悲しみ”. テレビ朝日. (2020年3月30日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000180414.html 2020年3月30日閲覧。 
  2. ^ a b コメディアンの志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎発症”. NHK. 2020年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  3. ^ a b 志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎”. 日本経済新聞. 2020年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月30日閲覧。
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.546
  5. ^ (2ページ目)【追悼】志村けんが語った笑いと人生「笑ってるとさ、また頑張ろうって思えるじゃない」 2012年のロングインタビュー公開 文春オンライン 中村竜太郎
  6. ^ ken's blog「今日から三月」
  7. ^ たけしに加藤茶が明かした志村けんがドリフに加入した裏事情
  8. ^ 高木ブー85歳今だから語る「長さんは僕にだけ、愚痴をこぼした」
  9. ^ a b 産経新聞』1996年10月26日付東京夕刊
  10. ^ “志村けんと菅田将暉が2人1役、山田洋次が原田マハ「キネマの神様」映画化”. 映画ナタリー. (2020年1月25日). https://natalie.mu/eiga/news/364513 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ IRORIO - たけしも志村も大絶賛、博多華丸・大吉が「THE MANZAI 2014」で優勝
  12. ^ 東スポWeb -「歌ネタ王」に手賀沼ジュン 志村けんも絶賛(2014年9月4日の記事)
  13. ^ ORICON NEWS - 『歌ネタ王』COWCOW&中山功太が同点優勝! 3代目王者は異例の誕生に(2015年9月9日の記事)
  14. ^ 日刊スポーツ』.  2004年12月8日付. 芸能面.
  15. ^ 志村けん「Ken's Blog」『私事ですいません』11月25日更新
  16. ^ 志村けんの母死去 96歳朝日新聞デジタル 2015年11月25日
  17. ^ 志村けんの母死去、96歳 口癖は「結婚どうすんだ?」SponichiAnnex 2015年11月25日 Archived 2015年12月22日, at the Wayback Machine.
  18. ^ 北日本新聞 2016年8月20日付35面『志村けんさん肺炎で入院』より
  19. ^ “志村けん、肺炎で入院 大阪での舞台中止に”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077090/full/ 2016年8月22日閲覧。 
  20. ^ 緊急入院の志村けん、退院を報告「3日前から散歩できるように」オリコン 2016年9月5日閲覧。
  21. ^ “2年前に肺炎で休演…すっぱり禁煙も「酒はやめられない」”. 日刊ゲンダイ (株式会社日刊現代). (2019年7月24日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/258893/3 2019年7月27日閲覧。 
  22. ^ 志村けん抱える健康不安「バカ殿もうできない」と弱気発言も”. 2018年10月16日閲覧。
  23. ^ 《志村けんさん死去》いまこそ知っておくべき「肺炎」「タバコ」のコロナ重症化リスク”. 2020年3月31日閲覧。
  24. ^ “志村けん 胃を手術していた!70歳朝ドラ目前に極秘入院4日”. 女性自身. (2020年3月3日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1837363/ 2020年3月25日閲覧。 
  25. ^ 志村けんさん死去 「21日から意識はなかった」事務所関係者が明かす(AbemaTIMES)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年3月30日閲覧。
  26. ^ a b “志村けん、新型コロナ陽性で入院中と発表「回復に全力で努めております」 感染経路は不明”. オリコンニュース. (2020年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2158267/full/ 2020年3月25日閲覧。 
  27. ^ a b c “重症化…志村けん 人工心肺装着 新型コロナ感染公表 芸能界に“濃厚接触者”がいる懸念”. Sponichi Annex. (2020年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/26/kiji/20200325s00041000526000c.html 2020年3月26日閲覧。 
  28. ^ “志村けんさん 新型コロナ陽性 肺炎の症状...現在も入院中”. FNN. (2020年3月25日). https://www.fnn.jp/posts/00434479CX/202003250634_CX_CX 2020年3月25日閲覧。 
  29. ^ “コロナ感染で予断を許さない志村けんの病状と「ナゾの感染ルート」”. FRIDAY (雑誌). (2020年3月29日). https://friday.kodansha.co.jp/article/104836 2019年7月12日閲覧。 
  30. ^ “志村けん、肺炎で入院…コロナ陽性の疑い、初主演映画の撮影は延期”. スポーツ報知. (2020年3月25日). https://hochi.news/articles/20200325-OHT1T50034.html 2020年3月25日閲覧。 
  31. ^ “志村けん、初主演映画「キネマの神様」出演を辞退”. お笑いナタリー. (2020年3月26日). https://natalie.mu/owarai/news/372929 2020年3月27日閲覧。 
  32. ^ “志村けん 70歳で朝ドラ初挑戦!4月「エール」の目玉に起用”. 女性自身. (2020年1月14日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1819051/ 2020年3月25日閲覧。 
  33. ^ 志村けん、朝ドラ「エール」4・27から登場予定SANSPO.COM 2020年3月30日
  34. ^ “志村けんさん、『エール』の台本をボロボロになるまで読み込んだ”. 女性セブン. (2020年4月24日). https://www.news-postseven.com/archives/20200424_1558011.html/2 2020年4月29日閲覧。 
  35. ^ “【志村友達】志村けんさんの“新番組”スタート! MCは千鳥・大悟&アンタッチャブル・柴田<MCコメントあり>”. Yahoo!ニュース. (2020年4月24日). https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200424-00231314-the_tv-ent 2020年5月1日閲覧。 
  36. ^ “志村流コント振り返る新番組で千鳥大悟がMC「パンティはいて臨みます」アンタ柴田と”. お笑いナタリー. (2020年4月24日). https://natalie.mu/owarai/news/376633 2020年5月1日閲覧。 
  37. ^ “志村けんさん代役に沢田研二…来年公開映画「キネマの神様」”. スポーツ報知. (2020年5月16日). https://hochi.news/articles/20200516-OHT1T50011.html 2020年5月16日閲覧。 
  38. ^ 同番組内においては、志村と応援してきたファンに対しての手紙の朗読という位置付けである。
  39. ^ “加藤茶が志村さん特番で弔辞へ ドリフ推薦の兄貴分”. 日刊スポーツ. (2020年4月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004010000515.html 2020年5月5日閲覧。 
  40. ^ ken's blog「24」
  41. ^ ビートルズの目撃者
  42. ^ “かつては芸能人名鑑に自宅住所記載…志村けんが「すごく助かった」思い出を語る”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年1月1日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190101-OHT1T50061.html 2019年1月1日閲覧。 
  43. ^ いかりやとの確執が噂された時期の志村は「だいじょうぶだぁ」と「ごきげんテレビ」の収録の合間に「大爆笑」の収録をしていた。また、「だいじょうぶだぁ」と「大爆笑」のスタッフがほぼ同一であったため「だいじょうぶだぁ」収録時に「大爆笑」のコントも収録していた。この時期は志村以外のメンバーも個々がそれぞれのスケジュールの合間で収録をして、それをひとつの番組として放送している。志村以外のメンバーも「全員集合」終了後は個々に活動する合間で「大爆笑」の収録をしていたので、「大爆笑」が唯一ドリフとして活動する期会になっていた。上記の2番組の放送終了後は「大爆笑」で「全員集合」時代の公開コントや「大爆笑」放送初期のコントを再現することもあり、いかりやと志村の共演が復活している。「全員集合」終了後は一緒に番組をしていた加藤、志村と他の3人に分かれるケースが多く、この時期から「雷様」や「バカ兄弟」といったカトケン以外のメンバーがメインのコントが増え始めた。
  44. ^ 志村は『ダウンタウンDX』に頻繁に出演していたが、ドリフメンバーで志村と一緒に出演したのは加藤と高木だけである。
  45. ^ 志村けん&高木ブー10年ぶり共演の舞台裏 急きょ指名に二つ返事”. スポニチ Sponichi Annex (2016年9月21日). 2018年11月28日閲覧。
  46. ^ 「披露宴」欠席でバレた加トケン深刻不仲(2012年3月20日、アサヒ芸能)
  47. ^ 志村氏訃報の瞬間…加藤茶「放心状態」妻綾菜明かす(2020年4月5日、日刊スポーツ)
  48. ^ a b ドリフが12年ぶり集結!『志村けんのだいじょうぶだぁ』会見コメント全文 - テレビドガッチ
  49. ^ ken's blog「米寿の母です」
  50. ^ ken's blog「休みだよ」
  51. ^ 志村けんに恋人
  52. ^ 志村けんに完全に「ハマった」千鳥の大悟 ソツがなくツボを心得ている? - livedoorニュース(2017年8月2日)
  53. ^ 担当者も驚き、志村さん「徹子の部屋」出演経験なし - 日刊スポーツ、2020年4月12日
  54. ^ 東村山市商工会”. 2007年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月4日閲覧。
  55. ^ "志村さんなら「だいじょぶだァー」東村山の和菓子店、看板饅頭で地元スターの復活願う!". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2020-03-28. 2020年3月30日閲覧
  56. ^ 和菓子処「餅萬」
  57. ^ 志村けん兄「本当にソックリ」 東村山市役所退職で語ったコト”. J-CASTニュース. 2019年3月5日閲覧。
  58. ^ a b 小佐田定雄『枝雀らくごの舞台裏』筑摩書房<ちくま新書>、2013年、pp.146 - 147。なお、この咳払いの演技は元は初代桂春団治が用いていたものである。
  59. ^ エッセイ『変なおじさん』
  60. ^ “志村けんが期間限定で東京スカパラダイスオーケストラ加入、パートは三味線”. お笑いナタリー. (2016年7月12日). http://natalie.mu/owarai/news/194157 2016年7月12日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「志村けん」の関連用語

志村けんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



志村けんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志村けん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS