金城武とは?

金城武

以下の映画金城武関連しています。
エース ピクチャーズ配給アミューズエース ピクチャーズ提供)
プレノンアッシュ配給
ポニーキャニオン=レン・コーポレーション配給
プレノン・アッシュ


金城武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:24 UTC 版)

金城 武(かねしろ たけし、1973年10月11日 - )は、台湾台北生まれの俳優。かつては歌手としても活動していた。日本人父親台湾人母親との間に生まれ[1][6][7]沖縄県出身の祖父を持つ[8]日本国籍[1][2][3]身長180cm、体重72㎏[4][5]。姪(同母異父兄の娘)はモデルのU(曾宇璦中国語版[9]。独身。


  1. ^ a b c d e f g h “アジアの大スター金城武は、不動産投資でセミリタイア状態!?”. アサヒ芸能. (2021年6月23日). オリジナルの2021年6月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210623091325/https://asagei.biz/excerpt/30207 
  2. ^ a b “Kaneshiro knocked from Horse”. ハリウッド・リポーター. (2008年10月31日). オリジナルの2021年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210725103922if_/https://www.hollywoodreporter.com/business/business-news/kaneshiro-knocked-horse-122126/ 
  3. ^ a b 吳素柔 (2008年10月31日). “非台灣電影工作者 金馬獎撤銷提名金城武”. 中央通訊社. オリジナルの2011年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110721213440/http://n.yam.com/cna/entertain/200810/20081031999824.html 
  4. ^ a b “フーロン・ジャパン 金城武”. フーロン・ジャパン. オリジナルの2020年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201124102554/http://www.fulong.jp/c1_0000.html 
  5. ^ a b “福隆製作有限公司 金城武”. 福隆製作有限公司. オリジナルの2021年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210810072928/http://www.fulongstars.com/takeshi/index.htm 
  6. ^ a b c d “金城武、久々のCM出演に「ドラマや映画にも出てほしい」と期待する声が続々”. アサジョ. (2021年5月6日). オリジナルの2021年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/zw7jn 
  7. ^ a b c d e f “金城武は今どこに? 台湾でいまだ支持を集める29年間ノースキャンダル俳優の歴史”. サイゾーウーマン. (2020年4月25日). オリジナルの2020年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200524192500/https://www.cyzowoman.com/2020/04/post_281403_1.html 
  8. ^ 金曜深夜便 (2008年4月10日). “Kaneshiro - Misty - Interview”. 2010年2月23日閲覧。
  9. ^ “金城武の姪・U、レギュラー番組決定 日本での芸能活動本格化”. ORICON STYLE. (2016年6月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2072749/full/ 2016年6月3日閲覧。 
  10. ^ “男神老爸長怎樣?金城武父親照片曝光 網:撞臉一代諧星”. 三立新聞台. (2021年8月7日). オリジナルの2021年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210807075046/https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=978928 
  11. ^ “外星来的金城武:神秘面纱下的“沉默之美””. Mtime中国語版. (2011年7月15日). オリジナルの2014年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140306090922/http://news.mtime.com/2011/07/04/1463934-2.html 
  12. ^ allnightnippon オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治の魂のラジオ”. www.allnightnippon.com. 2021年8月5日閲覧。
  13. ^ “Emporio Armani's New Man”. ヴォーグ. (2008年7月9日). オリジナルの2011年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110515043925/https://www.vogue.co.uk/news/daily/080709-emporio-armanis-new-face.aspx 
  14. ^ “Takeshi Kaneshiro, New Armani Guy”. 星洲日報英語版. (2008年7月22日). オリジナルの2008年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081221141456/http://www.mysinchew.com/node/13662?tid=20 
  15. ^ “金城武、破格ギャラでE・アルマーニのイメキャラに抜擢―中国”. Record China. (2008年6月20日). オリジナルの2008年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080915042151/http://www.recordchina.co.jp/group/g20644.html 
  16. ^ “金城武身份遭质疑 入围金马七小时遭除名(图)”. 粉丝网. (2008年10月31日). オリジナルの2009年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090804171314/http://news.ifensi.com/movie/2008-10-31/article-168709.html 
  17. ^ “2008金馬獎頒獎典禮-入圍名單完整版”. 聯合新聞網中国語版. (2008年10月31日). オリジナルの2008年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081102044418/http://stars.udn.com/star/StarsContent/Content19094/ 
  18. ^ “アカデミー賞会員候補、「君の名は。」新海誠監督ら選出”. 朝日新聞. (2018年6月26日). オリジナルの2018年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180712165327/https://www.asahi.com/articles/ASL6V54NCL6VUHBI01H.html 
  19. ^ 『香港明星通信 香港映画スター完全カタログ』アスキー、1997年11月、12頁。ISBN 978-4893667687
  20. ^ a b c d e f g “Making the Great Leap”. ニューズウィーク. (2005年12月25日). オリジナルの2018年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180812181808/https://www.newsweek.com/making-great-leap-114187 
  21. ^ “「金城武は志村けんが好き!?」大槻ケンヂと谷垣健治が「捜査官X」超マニアック裏話を披露”. クランクイン‼︎. (2012年7月20日). オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814165809/https://www.crank-in.net/news/16105/1 
  22. ^ 蔡亦竹 (2020年4月3日). “台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由”. ニューズウィーク. オリジナルの2020年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200410162057/https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-92988_2.php 
  23. ^ a b “インリン、しつこく口説いてきた「芸人W」とは?”. AbemaTV. (2018年4月17日). https://times.abema.tv/articles/-/4037276 
  24. ^ 石津文子 (2014年5月30日). “金城武や長澤まさみたちがカンヌに集まった真の目的とは?”. CREA. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814171654/https://crea.bunshun.jp/articles/-/5413?page=2 
  25. ^ “<インタビュー>俳優キム・ジェウク、「日本専門の俳優? 金城武のようになりたい」”. WoWKorea. (2016年4月23日). オリジナルの2021年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210428131410/https://www.wowkorea.jp/section/interview/read/164896.htm 
  26. ^ a b SONIA KOLESNIKOV-JESSOP (2007年12月15日). “Redefining The Epic”. ニューズウィーク. オリジナルの2013年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131221180113/https://www.newsweek.com/redefining-epic-94405 
  27. ^ “愁いを含んだまなざしと不思議なオーラが魅力のアジアンスーパースター”. ポポロ (麻布台出版社). (1997年9月) 
  28. ^ a b “金城武は今どこに? 台湾でいまだ支持を集める29年間ノースキャンダル俳優の歴史”. サイゾーウーマン. (2020年4月25日). オリジナルの2021年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210123140947/https://www.cyzowoman.com/2020/04/post_281403_2.html 
  29. ^ a b 饒波貴子 (2014年8月27日). “【華流】金城武が危険な撮影? 11億円の保険をかけ崖でCM出演”. サーチナ. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814174516/http://news.searchina.net/id/1541773?page=1 
  30. ^ “35歳以上、スキャンダル少ない独身イケメンの代表は?金城武やルイス・クーら―台湾”. Record China. (2017年7月5日). オリジナルの2020年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201023114154/https://www.recordchina.co.jp/b183459-s0-c70-d0044.html 
  31. ^ “『いま裸にしたい男たち』シリーズ”. NHK. オリジナルの2021年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210719222357/https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=documentary005 
  32. ^ “ジョリン・ツァイが熱烈ラブコール?金城武と「一緒にディナーしたい」―台湾”. Record China. (2009年4月8日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616070116/https://www.recordchina.co.jp/b30274-s0-c70-d0000.html 
  33. ^ “ボーカル金城武に首ったけ?ジョリン・ツァイ、元恋人ジェイのライブ日程は「知らない」―台北市”. Record China. (2007年10月3日). オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210616070143/https://www.recordchina.co.jp/b11727-s0-c70-d0000.html 
  34. ^ “大排場慶生請來金城武? 秦嵐嬌羞捧臉:今天開心X6”. 中国時報. (2021年7月18日). オリジナルの2021年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210718055325/https://www.chinatimes.com/realtimenews/20210718001768-260404?chdtv 
  35. ^ ““香港版リン・チーリン”のキャリー・ラムが女優デビュー、共演目標は「金城武」―香港”. Record China. (2012年2月17日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816172702/https://www.recordchina.co.jp/b58839-s0-c70-d0000.html 
  36. ^ “金城武カッコよすぎ!リン・チーリンが完全ノックアウトを表明―台湾”. Record China. (2008年7月12日). オリジナルの2021年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210817093015/https://www.recordchina.co.jp/b21415-s0-c70-d0000.html 
  37. ^ “リン・チーリンにおじさんファンもぞっこん!金城武と10年ぶりの共演も―中国”. Record China. (2017年5月8日). オリジナルの2021年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210817090438/https://www.recordchina.co.jp/b177395-s0-c70-d0044.html 
  38. ^ a b “「金城武の女性ファンに恨まれる!」女優チョウ・ドンユィが恐怖語る、最新作は4月公開―中国”. Record China. (2017年3月16日). オリジナルの2020年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200923063221/https://www.recordchina.co.jp/b172408-s0-c70-d0044.html 
  39. ^ 西田佐保子 (2019年10月19日). “「私の人生最高の瞬間を捉えている」 民族と宗教を超えた男女の初恋を描いたマレーシア映画「細い目」主演、シャリファ・アマニさんインタビュー”. 毎日新聞. オリジナルの2020年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200323214842/https://mainichi.jp/articles/20191019/mog/00m/040/008000c 
  40. ^ “「バレンタインデーはあの人と…」アンケート、金城武とリン・チーリンが第1位!―台湾”. Record China. (2008年2月14日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816174058/https://www.recordchina.co.jp/b15620-s0-c70-d0000.html 
  41. ^ “未婚男女が望む「理想の恋人」は?トップに金城武とグイ・ルンメイ―台湾”. Record China. (2009年9月1日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816183822/https://www.recordchina.co.jp/b34868-s0-c70-d0000.html 
  42. ^ “金城武とソニア・スイが第1位、バレンタイン限定「理想の恋人」アンケート―台湾”. Record China. (2014年2月14日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816175621/https://www.recordchina.co.jp/b83357-s0-c70-d0044.html 
  43. ^ 饒波貴子 (2014年8月22日). “【華流】金城武もチーリンもびしょ濡れ!広がるアイスバケツチャレンジ”. サーチナ. オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814175551/http://news.searchina.net/id/1541296?page=1 
  44. ^ “「百度」、中国人が今年最も多く検索した「日本」に関するキーワードを発表!気になるドラマ、芸能人のランキング結果は?”. Record China. (2014年12月25日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816182336/https://www.recordchina.co.jp/b99616-s0-c30-d0035.html 
  45. ^ “中国版ツイッターを開設してほしい人は誰?日本人にも人気集まる―中国ネット”. Record China. (2017年12月1日). オリジナルの2020年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201020051609/https://www.recordchina.co.jp/b223713-s0-c60-d0046.html 
  46. ^ “日媒调查:世界上最有名的日本人TOP50!你知道几个?”. 捜狐. (2018年8月24日). オリジナルの2021年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210814193920/https://www.sohu.com/a/249796512_100016531 
  47. ^ “「金城武が日本人女性と結婚」に大きな衝撃、マネージャーがコメント―台湾”. Record China. (2010年1月1日). オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031102901/https://www.recordchina.co.jp/b38503-s0-c70-d0000.html 
  48. ^ a b “金城武が激白!「イメージ守るためオタクになった」人気スターのつらい胸の内―台湾”. Record China. (2017年4月15日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816113835/https://www.recordchina.co.jp/b175342-s0-c70-d0044.html 
  49. ^ “今どこで何してる?金城武が43歳の誕生日、3年ぶり出演作はラブロマンス―台湾メディア”. Record China. (2016年10月12日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816173040/https://www.recordchina.co.jp/b152465-s0-c70-d0044.html 
  50. ^ a b “金城武が「神秘的」「ゲーム好き」の噂について語る、最新作「THE CROSSING」は来月公開―上海市”. Record China. (2014年11月26日). オリジナルの2021年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210816111941/https://www.recordchina.co.jp/b98056-s0-c70-d0044.html 
  51. ^ a b “金城武「独身」と自ら宣言、映画「THE CROSSING」が初日から絶好調―台湾”. Record China. (2014年12月5日). オリジナルの2020年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200615060457/https://www.recordchina.co.jp/b98494-s0-c70-d0044.html 
  52. ^ “『リネージュ2M』俳優「金城武」氏を起用したTVCM3種&メイキング映像が公開!「TVCM放映記念キャンペーン」が決定!”. PR TIMES. (2021年4月7日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001733.000001868.html 2021年4月7日閲覧。 
  53. ^ 『鬼武者』の豪華キャストが判明! 左馬介は金城武さん、信長は立木文彦さん、かえでは小松未可子さんが担当【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com. 2018年10月2日閲覧。


「金城武」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金城武」の関連用語

金城武のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金城武のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金城武 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS