未婚とは? わかりやすく解説

み‐こん【未婚】

読み方:みこん

まだ結婚したことがないこと。結婚経験がないこと。⇔既婚。→非婚


未婚

原題:
製作国:日本
製作年:1959
配給:
スタッフ
監督:瑞穂春海 ミズホシュンカイ
製作:亀田耕司 カメダコウジ
原作:井上友一郎 イノウエユウイチロウ
脚色:山内久 ヤマウチヒサシ
企画:吉田暎二 ヨシダエイジ
撮影:杉本正二郎 スギモトショウジロウ
音楽:神津善行 コウヅヨシユキ
美術:小島基司 コジマモトジ
編集:藤岡弘司 フジオカコウジ
録音:大家忠男 
照明:鈴賀隆夫 
キャスト(役名
水谷良重 ミズタニヨシエ (園部多穂子)
浦辺粂子 ウラベクメコ (園部せき子)
千秋実 チアキミノル (園部信一郎
春日井宏往  (園部五郎
田村高廣 タムラタカヒロ (植村貞也)
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (植村貞重)
津田一馬 ツダカズマ (植村貞次
吉川満子 ヨシカワミツコ (植村弓子
福岡正剛 フクオカセイゴウ (四人組九一
丸山明宏 マルヤマアキヒロ (四人組仙吉
露木清 ツユキキヨシ (四人組七兵衛
飯塚敏夫 イイヅカトシオ (四人組正夫
浪花千栄子 ナニワチエコ (磯村スエ
田中春男 タナカハルオ (広多助)
村田知栄子 ムラタチエコ村田知英子 (マダム紅子
中村是好 ナカムラゼコウ (名曲堂おやじ)
殿山泰司 トノヤマタイジ (東風荘おやじ)
解説
銀座舞台ハイ・ティーン生態描こうという喜劇井上友一郎原作を、山内久脚色、「僕は三人前」の瑞穂春海監督した撮影は「カックン超特急」の杉本正二郎
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
はち切れそうな若い体をトップモード飾った園部多穂子がさっそうと春の銀座歩いている。--とその後からこれまた粋なスタイル若者植村貞也が多穂子をつけるように歩いている。あまり豊かでもない家なのに、派手にお金つかったり銀座遊び歩く多穂子は家族にとって心配の種。そこで多穂子の兄信一郎マージャン負けた貞也が多穂子の素行調査おしつけられてしまったと云う次第。さてついてゆくと多穂子は喫茶店へ--。そこにはピンクコート着た大学生仙吉とかマスター九一など彼女の取巻連がタムロしていて育ちのよい貞也をびっくりさせる。彼らは蟹工船乗っている云う多穂子の恋人帰るまで彼女のチェリーバージン)を外部誘惑から守るべく会費月三○○○円のチェリー会を結成し、つまり彼等は多穂子のスポンサーだったと言うわけ、しかも尾行発覚した貞也も入会させられてしまった。或る日集りで、多穂子は私立結婚媒介業の仙吉の母スエのすすめでした中年男とのひやかし見合いについて仲間から詰問され、苦しまぎれに蟹工船恋人飛行機で来帰る出まかせ云ってしまう。さてその日もともといない恋人なんて帰ってくるはずはない。しかし貞也を加えたチェリー会面の手前多穂子はすまして知らない男寄り添ってはみたがチャッカリ屋の多穂子にしても苦しい結末であった。貞也はしかし率直でお茶目な多穂子に魅力感じやがて求婚する先日の羽田一件口論の末喧嘩別れ、多穂子も貞也に魅力感じていた矢先こととてくさってしまう。ちょうどスエから舞い込んだ見合いの話を相手もきかず承諾した見合い当日現れたのは貞也だった。「ハートのA引いたらOK!」と多穂子に云われて貞也は憤るが床散ったトランプは皆赤いハートのAばかりだった。

結婚

(未婚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 11:38 UTC 版)

結婚(けっこん)とは、両性が夫婦になること。婚姻とも言われ[1][2][3]、両性間の配偶関係の締結を意味する[4][5]


注釈

  1. ^ たとえ法律上の届は出していなくても、二人の同居の有無やその期間の長さ、関係の状態等々を判断基準にして「二人は事実上婚姻状態に ある / あった」などと判断される。また住民票で「夫(未届)」「妻(未届)」等の記載をすることが可能である。 詳しくは事実婚の項目を参照。
  2. ^ これは懲罰的措置ではなく精神的治療に必要な期間とされている。

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.829 結婚
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ 字通,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, 知恵蔵,デジタル大辞泉,精選版 日本国語大辞典,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉プラス,日本文化いろは事典,普及版. “結婚とは” (日本語). コトバンク. 2022年6月20日閲覧。 “両性が夫婦となること。夫婦の縁を結ぶこと。婚姻。”
  4. ^ a b c 『文化人類学事典』 弘文堂、1987年1月、246頁
  5. ^ 婚姻率や離婚率の移り変わりの実情をさぐる(不破雷蔵) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年6月20日閲覧。
  6. ^ a b 婚姻(こんいん)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年10月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』vol.10, 【婚姻】pp.607-608 末成道夫 執筆箇所
  8. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』 1984、p.53【婚姻 Mariage】
  9. ^ a b 千葉他 2005, p. 16.
  10. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 150-.
  11. ^ 日本国語大辞典第二版
  12. ^ 令和2年国勢調査 人口等基本集計結果 結果の概要 (pdf)”. 総務省統計局. p. 2 (2021年11月30日). 2022年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  13. ^ 非婚とは
  14. ^ a b 木下 2003, p. 28.
  15. ^ 木下 2003, p. 31.
  16. ^ “母権家族の勧め”
  17. ^ 同性カップルの「事実婚」も婚姻に準じる関係であり法的保護対象となると示す初の高裁判決が下されました”. www.outjapan.co.jp. 2020年10月27日閲覧。
  18. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。181頁(346)。
  19. ^ カトリック教会の結婚観 カトリック東京大司教区
  20. ^ 第119回 結婚の秘跡の効果 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  21. ^ 第118回 混宗結婚と異宗結婚 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  22. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。182頁(349)。
  23. ^ 中世のキリスト教 II-3 教権と俗権の対立 カトリック中央協議会
  24. ^ 正教会にわくわくの好奇心を抱いておられる方に(結婚式について) - 名古屋ハリストス正教会
  25. ^ a b c d e f g h i j イスラーム法にもとづいた結婚
  26. ^ [1]
  27. ^ ユダヤの力(パワー)―ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著
  28. ^ 二宮周平著 『家族法 第2版』 新世社〈新法学ライブラリ9〉、1999年4月、51-52頁
  29. ^ 我妻 他 1999, p. 50.
  30. ^ 青山・有地 1989, p. 158.
  31. ^ 青山・有地 1989, p. 178.
  32. ^ a b 青山・有地 1989, p. 183.
  33. ^ 千葉他 2005, pp. 42–43.
  34. ^ 千葉他 2005, p. 43.
  35. ^ 青山・有地 1989, pp. 150–151.
  36. ^ 青山・有地 1989, p. 151.
  37. ^ a b c d 日本放送協会. “結婚できる年齢 なぜ変わる? 春から男女とも18歳に|18歳 成人年齢|NHK”. www3.nhk.or.jp. 2022年4月1日閲覧。
  38. ^ 『法令全書(明治9年)』 内閣官報局1890年、明治8年11月9日の内務省伺 第十五、1453頁。井戸田(2004)、52-3ページ。
  39. ^ 我妻 他 1999, p. 9.
  40. ^ 我妻 他 1999, p. 9,54-55.
  41. ^ a b c d 千葉他 2005, p. 22.
  42. ^ 青山・有地 1989, p. 194.
  43. ^ a b 我妻 他 1999, pp. 79–80.
  44. ^ a b c 川井 2007, p. 26.
  45. ^ a b c d e 川井 2007, p. 12.
  46. ^ 浦野直樹 (2018年6月13日). “18歳成人、改正民法成立 結婚・契約に保護者同意不要”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASL6D3GBJL6DUTIL012.html 2018年10月1日閲覧。 
  47. ^ 18歳成人案:成立、民法改正 女性の結婚18歳以上 22年4月施行”. 毎日新聞 (2018年6月13日). 2018年10月9日閲覧。
  48. ^ 2004年4月2日生まれ~2006年4月1日生まれ。
  49. ^ 青山・有地 1989, p. 198.
  50. ^ 我妻 他 1999, p. 61.
  51. ^ 青山・有地 1989, pp. 198–201.
  52. ^ 千葉他 2005, p. 19.
  53. ^ 青山・有地 1989, pp. 202–204.
  54. ^ 青山・有地 1989, p. 201.
  55. ^ 青山・有地 1989, pp. 205–206.
  56. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 62.
  57. ^ a b c d 川井 2007, p. 13.
  58. ^ a b c 女性の再婚禁止、100日に短縮 改正民法が成立」日本経済新聞 2016年6月1日
  59. ^ 青山・有地 1989, p. 207.
  60. ^ 青山・有地 1989, pp. 209–210.
  61. ^ a b 青山・有地 1989, p. 211.
  62. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 63.
  63. ^ 千葉他 2005, pp. 20–21.
  64. ^ 青山・有地 1989, p. 216.
  65. ^ 青山・有地 1989, pp. 217–218.
  66. ^ a b 川井 2007, p. 14.
  67. ^ 青山・有地 1989, pp. 229–230.
  68. ^ 千葉他 2005, p. 21.
  69. ^ 青山・有地 1989, pp. 236–237.
  70. ^ 川井 2007, p. 15.
  71. ^ 青山・有地 1989, p. 237.
  72. ^ a b 青山・有地 1989, p. 236.
  73. ^ 我妻 他 1999, pp. 64–65.
  74. ^ 我妻 他 1999, p. 59.
  75. ^ 千葉他 2005, p. 23.
  76. ^ 青山・有地 1989, p. 352.
  77. ^ a b 我妻 他 1999, p. 77.
  78. ^ a b 青山・有地 1989, p. 348.
  79. ^ a b [2]竹内豊:日本でも「夫婦別姓」の時があった!~選択的夫婦別姓制度を考えるヒント(Yahoo! JAPAN News、2018年2月26日)
  80. ^ 二宮周平著 『家族と法』 岩波書店〈岩波新書〉、2007年10月、17頁
  81. ^ 青山・有地 1989, p. 358.
  82. ^ a b c 千葉他 2005, p. 37.
  83. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 76.
  84. ^ 青山・有地 1989, pp. 360–361.
  85. ^ 青山・有地 1989, p. 359.
  86. ^ 川井 2007, p. 32.
  87. ^ 青山・有地 1989, p. 362.
  88. ^ a b c 青山・有地 1989, p. 363.
  89. ^ 千葉他 2005, p. 39.
  90. ^ a b 川井 2007, p. 25.
  91. ^ 青山・有地 1989, p. 377.
  92. ^ 我妻 他 1999, p. 79.
  93. ^ 我妻 他 1999, p. 80.
  94. ^ 青山・有地 1989, p. 380.
  95. ^ a b 千葉他 2005, p. 41.
  96. ^ a b 川井 2007, p. 27.
  97. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 383–384.
  98. ^ 我妻 他 1999, pp. 80–81.
  99. ^ 千葉他 2005, p. 40.
  100. ^ 我妻 他 1999, p. 81.
  101. ^ a b c 我妻 他 1999, p. 82.
  102. ^ 川井 2007, p. 28.
  103. ^ 千葉他 2005, pp. 41–42.
  104. ^ 我妻 他 1999, p. 83.
  105. ^ 川井 2007, pp. 32–33.
  106. ^ 我妻 他 1999, p. 85.
  107. ^ 我妻 他 1999, p. 88.
  108. ^ 山田昌弘などが指摘している
  109. ^ a b c 白河 2009.
  110. ^ 労働政策研究報告書No.35「若者就業支援の現状と課題―イギリスにおける支援の展開と日本の若者の実態分析から―)」独立行政法人労働政策研究・研修機構
  111. ^ a b 『新平等社会』著:山田昌弘 文藝春秋 2006年9月
  112. ^ 平成22年 社会保障を支える世代に関する意識等調査報告書 厚生労働省
  113. ^ a b c d e f 白河 2009, p. 18.
  114. ^ 白河 2009, p. 19.
  115. ^ セクハラとは?(法!なっとくドットコム)
  116. ^ a b c 「【第28回】社内恋愛の衰退で“結婚氷河期”到来 新たな「お嫁さん候補」は派遣社員?!」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月27日付配信
  117. ^ a b 白河 2009, p. 33.
  118. ^ a b 白河 2009, pp. 32–35.
  119. ^ 第Ⅰ部 独身者調査の結果概要:第3章 希望の結婚像
  120. ^ 下流社会』著:三浦展 光文社 2005年9月
  121. ^ 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  122. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  123. ^ a b 事実婚をあえて選んだ夫婦たち、その「事情」と生の声(上)” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2019年9月14日). 2022年6月20日閲覧。
  124. ^ 遠藤誉「第13回 全国人民代表大会の代表が「姐弟恋」を奨励 〜でも「anego」との恋は命がけ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月8日付配信
  125. ^ a b 「大都市で晩婚化進む、結婚は家と車を購入してから」recordchina、2008年1月18日付配信
  126. ^ 「男性の65%が相手は「25歳〜28歳」を希望」recordchina、2008年2月16日付配信
  127. ^ a b c d e 遠藤誉「第3回 「小鳥」になれないA女たち 有能で美人、でも「釣り合う男性」にはそっぽを向かれる」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月14日付配信
  128. ^ 遠藤誉「第6回 欧米人夫妻にもらわれていく中国の女児たち <A女>の出現が女児遺棄を防ぐという皮肉」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月25日付配信
  129. ^ 「「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数」recordchina、2008年2月21日付配信
  130. ^ 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  131. ^ a b c d 遠藤誉「「第9回 私が出会った<A女>たち (2) 〜「漢民族の男とは結婚したくない!」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  132. ^ a b 「「僕と婚約してくれたら高級車を1台贈呈しよう」 お金持ちが大学内で“花嫁募集”をするのが流行っている」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  133. ^ a b 遠藤誉「第11回 結婚も離婚も稲妻のように〜一人っ子政策が生み出した「閃婚族」と「閃離族」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月27日付配信



未婚

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 12:10 UTC 版)

名詞

(みこん)

  1. まだ結婚していないこと。

類義語

対義語

翻訳

形容表現「未婚の」


「未婚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未婚」の関連用語

未婚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



未婚のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの未婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS