未婚とは? わかりやすく解説

み‐こん【未婚】

読み方:みこん

まだ結婚したとがないこと。結婚経験がないこと。⇔既婚。→非婚


結婚

(未婚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 09:44 UTC 版)

自然人類学
分子人類学
文化人類学
言語人類学
社会人類学
考古学


注釈

  1. ^ これは懲罰的措置ではなく精神的治療に必要な期間とされている。

出典

  1. ^ Haviland, William A.; Prins, Harald E.L.; McBride, Bunny; Walrath, Dana (2011). Cultural Anthropology: The Human Challenge (13th ed.). Cengage Learning. ISBN 978-0-495-81178-7  "A nonethnocentric definition of marriage is a culturally sanctioned union between two or more people that establishes certain rights and obligations between the people, between them and their children, and between them and their in-laws."
  2. ^ Ember, Carol R. (2016). “Marriage and Family”. Explaining Human Culture (New Haven, Ct.: Human Relations Area Files). https://hraf.yale.edu/ehc/summaries/marriage-and-family. 
  3. ^ 広辞苑 第五版 p.829 結婚
  4. ^ 大辞泉
  5. ^ 結婚』 - コトバンク
  6. ^ a b c 『文化人類学事典』 弘文堂、1987年1月、246頁
  7. ^ 不破雷蔵. “婚姻率や離婚率の移り変わりの実情をさぐる”. Yahoo!ニュース. 2022年6月20日閲覧。
  8. ^ a b c 中国研究月報第515~526 号p4,1991
  9. ^ a b 遠藤正敬、「日本の届出婚主義と戸籍の拘束 : 近代国家の「結婚の自由」から考える (PDF) 」『総合人間学』 2013年 第7号 p.130-139、ISSN 2188-1243
  10. ^ a b c 傳田久仁子「待ち望まれた子供 : 十二,三世紀のレにおける不妊」『関西フランス語フランス文学』第17巻、日本フランス語フランス文学会関西支部、2011年、3-14頁、doi:10.24490/ellfk.17.0_3ISSN 2433-1864CRID 1390282681024392960 
  11. ^ 宗教ごとの結婚式 花嫁の心得”. contest.japias.jp. 2023年2月4日閲覧。
  12. ^ a b c 大島梨沙「「法律上の婚姻」とは何か(3) : 日仏法の比較研究」『北大法学論集』第62巻第6号、北海道大学大学院法学研究科、2012年3月、410-369頁、hdl:2115/48748ISSN 03855953NAID 40019298976 
  13. ^ a b c ワイマール憲法日本語訳 岩波書店 第 119 条〔婚姻・家族・母性の保護〕①婚姻は,家庭生活及び民族の維持・増殖の基礎として,憲法の特別の保護を受ける。婚姻は,両性の同権を基礎とする。 ②家族の清潔を保持し,これを健全にし,これを社会的に助成することは,国及び市町村の任務である。子どもの多い家庭は,それにふさわしい扶助を請求する権利を有する。
  14. ^ a b 婚外子相続差別は「違憲」 最高裁決定、民法改正へ”. 日本経済新聞 (2013年9月4日). 2023年2月5日閲覧。 “結婚していない男女間に生まれた婚外子(非嫡出子)の相続分を法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定〜大法廷(最高裁判所)は決定理由で、日本社会に法律婚制度が定着していることを認めながらも〜「父母が婚姻関係になかったという、子にとって選択の余地がない理由で不利益を及ぼすことは許されないという考えが確立されている」とした。”
  15. ^ a b c Nast, Condé (2021年4月9日). “夫婦別姓に同性婚……。課題は山積みだけれど、その前に知るべき「結婚の不都合な真実」。【VOGUEと学ぶフェミニズム Vol.11】”. Vogue Japan. 2023年2月5日閲覧。
  16. ^ a b 同性婚』 - コトバンク
  17. ^ 一部の州で同性婚が導入されており、それらの州で成立した同性婚について、同性婚制度導入州以外の全ての州での同性婚が認められているメキシコ含む
  18. ^ a b 世界の同性婚”. 結婚の自由をすべての人に - Marriage for All Japan -. 2023年11月10日閲覧。
  19. ^ a b 栗原涼子「ニューヨークにおけるラディカルフェミニズムの運動と思想」『學苑』第835巻、昭和女子大学近代文化研究所、2010年5月、76-88頁、ISSN 1348-0103CRID 1050001202932832768 
  20. ^ a b c キャラと「結婚」2年で200組以上、「二次元恋愛」の今…「恋愛に与える影響は増大し続ける」”. 読売新聞オンライン (2023年3月4日). 2023年3月22日閲覧。
  21. ^ conjugalityとは 意味・読み方・使い方 conjugality
  22. ^ a b 婚姻(こんいん)の意味 - goo国語辞書”. goo辞書. 2020年10月27日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』vol.10, 【婚姻】pp.607-608 末成道夫 執筆箇所
  24. ^ 同姓間の結婚については、同性結婚の記事参照
  25. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』 1984、p.53【婚姻 Mariage】
  26. ^ 千葉他 2005, p. 16.
  27. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 150-.
  28. ^ 日本国語大辞典第二版
  29. ^ 令和2年国勢調査 人口等基本集計結果 結果の概要” (PDF). 総務省統計局. p. 2 (2021年11月30日). 2022年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  30. ^ 非婚』 - コトバンク
  31. ^ 木下 2003, p. 31.
  32. ^ 同性カップルの「事実婚」も婚姻に準じる関係であり法的保護対象となると示す初の高裁判決が下されました”. www.outjapan.co.jp. 2020年10月27日閲覧。
  33. ^ 「日本人との結婚は犯罪」領事館を100回訪ねて僕が下した決断:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年12月29日). 2023年12月24日閲覧。
  34. ^ a b 異人種間結婚への道を開いたラビング夫妻”. American View (2021年3月10日). 2023年12月24日閲覧。
  35. ^ Barren Women in the Bible” (英語). Jewish Women's Archive. 2023年2月4日閲覧。
  36. ^ 不妊”. jccj-nagoya.jp. 2023年2月4日閲覧。
  37. ^ Surrogacy and religion Pons Medical Research. Christianity Islam Buddhism
  38. ^ 夫が3回唱えるだけで離婚成立 違法になった慣習、インド政権の思惑:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年1月31日). 2023年2月4日閲覧。
  39. ^ ムハンマド・ブン・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジリー、暫定離婚と完全離婚
  40. ^ 七去』 - コトバンク
  41. ^ 最近、韓国のニュースで七去之悪(チルゴジアク)という言葉が出てきました。何ですか? : 韓国おもしろQ&A もっと! コリア (Motto! KOREA)
  42. ^ お探しのページを表示できません (PDF) [リンク切れ]
  43. ^ 不妊についてのお役立ち情報. “どのタイミングから不妊治療を考えるべきか? - 不妊についてのお役立ち情報”. 2023年2月4日閲覧。
  44. ^ 【時代劇が面白い】史実の王朝人物伝3「粛宗」 (2/2)”. K-POP、韓国エンタメニュース、取材レポートならコレポ! (2022年5月17日). 2023年2月4日閲覧。
  45. ^ <Wコラム>朝鮮王朝おもしろ人物列伝(仁顕王后編)~お人好しな王妃・仁顕王后”. wowKorea(ワウコリア) (2023年2月4日). 2023年2月4日閲覧。
  46. ^ a b 木下 2003, p. 28.
  47. ^ 二宮周平著 『家族法 第2版』 新世社〈新法学ライブラリ9〉、1999年4月、51-52頁
  48. ^ 我妻 他 1999, p. 50.
  49. ^ 青山・有地 1989, p. 158.
  50. ^ 青山・有地 1989, p. 178.
  51. ^ a b 青山・有地 1989, p. 183.
  52. ^ Turkish Civil and Penal Code Reforms from a Gender Perspective: The Success of two Nationwide Campaigns” (PDF). 2006年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月閲覧。 (6.21 MB) (p. 18)
  53. ^ 千葉他 2005, pp. 42–43.
  54. ^ 千葉他 2005, p. 43.
  55. ^ Ontario Consultants on Religious Tolerance (2006年12月31日). “Human sexuality and gender topics: Subjects of major concern to many faith groups”. Religioustolerance.org. 2006年12月閲覧。
  56. ^ Human Rights Voices – Pakistan, August 21, 2008”. Eyeontheun.org. 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  57. ^ Home”. AIDSPortal. 2008年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  58. ^ a b Iran”. Travel.state.gov. 2013年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  59. ^ United Nations Human Rights Website – Treaty Bodies Database – Document – Summary Record – Kuwait”. Unhchr.ch. 2011年8月閲覧。
  60. ^ Culture of Maldives – history, people, clothing, women, beliefs, food, customs, family, social”. Everyculture.com. 2011年8月閲覧。
  61. ^ Fakim, Nora (2012年8月9日). “BBC News – Morocco: Should pre-marital sex be legal?”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/world-africa-19049000 
  62. ^ Legislation of Interpol member states on sexual offences against children – Oman” (PDF). Interpol. 2016年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  63. ^ 2010 Human Rights Report: Mauritania”. State.gov (2011年4月8日). 2011年8月閲覧。
  64. ^ Dubai FAQs. “Education in Dubai”. Dubaifaqs.com. 2011年8月閲覧。
  65. ^ Judd, Terri (2008年7月10日). “Briton faces jail for sex on Dubai beach – Middle East – World”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/briton-faces-jail-for-sex-on-dubai-beach-863918.html 2011年8月閲覧。 
  66. ^ “Sudan must rewrite rape laws to protect victims”. Reuters. (2007年6月28日). オリジナルの2012年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121209050025/http://www.reuters.com/article/2007/06/28/idUSL28849488._CH_.2400 2011年8月閲覧。 
  67. ^ United Nations High Commissioner for Refugees. “Refworld | Women's Rights in the Middle East and North Africa – Yemen”. UNHCR. 2011年8月閲覧。
  68. ^ a b 16歳の妹を兄弟が「名誉殺人」 婚前交渉は家族の恥というインドネシア”. Newsweek日本版 (2020年5月16日). 2023年2月9日閲覧。
  69. ^ a b 「両親が殺し屋を使って娘夫婦を刺殺」インドで日常的に起きる"名誉殺人"の怖い実態 警察も買収され逃げる場所もなく…”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2021年11月17日). 2023年2月9日閲覧。
  70. ^ a b 婚前交渉疑い、電気ショックで殺害 パキスタンで横行する「名誉殺人」の恐怖(1/3ページ)”. 産経ニュース. 産経デジタル (2017年9月26日). 2023年2月9日閲覧。
  71. ^ ヘロドトス歴史 1.199、A.D. Godley訳(1920)
  72. ^ 例えばジェームズ・フレイザー (1922), 金枝篇, 3e, Chapter 31: Adonis in Cyprusなど
  73. ^ Stephanie Budin, The Myth of Sacred Prostitution in Antiquity (Cambridge University Press, 2009)
  74. ^ 青山・有地 1989, pp. 150–151.
  75. ^ a b 第2回 婚姻の成立”. matsuokaoncivillaw.private.coocan.jp. 立命館大学大学院法務研究科 松岡研究室. 2023年2月2日閲覧。
  76. ^ 青山・有地 1989, p. 151.
  77. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。181頁(346)。
  78. ^ カトリック教会の結婚観 カトリック東京大司教区
  79. ^ 第119回 結婚の秘跡の効果 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  80. ^ 第118回 混宗結婚と異宗結婚 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  81. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。182頁(349)。
  82. ^ 中世のキリスト教 II-3 教権と俗権の対立 カトリック中央協議会
  83. ^ 正教会にわくわくの好奇心を抱いておられる方に(結婚式について) - 名古屋ハリストス正教会
  84. ^ a b c d e f g h i j イスラーム法にもとづいた結婚
  85. ^ [1]
  86. ^ ユダヤの力(パワー)―ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著
  87. ^ 結婚が決まった! この先やるべき「手続き&届け出」って何がある?”. ゼクシィ. 2023年3月4日閲覧。
  88. ^ 403 Forbidden[リンク切れ]
  89. ^ 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  90. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  91. ^ a b 事実婚をあえて選んだ夫婦たち、その「事情」と生の声(上)”. ダイヤモンド・オンライン (2019年9月14日). 2022年6月20日閲覧。
  92. ^ 遠藤誉「第13回 全国人民代表大会の代表が「姐弟恋」を奨励 〜でも「anego」との恋は命がけ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月8日付配信
  93. ^ a b 「大都市で晩婚化進む、結婚は家と車を購入してから」recordchina、2008年1月18日付配信
  94. ^ 「男性の65%が相手は「25歳〜28歳」を希望」recordchina、2008年2月16日付配信
  95. ^ a b c d e 遠藤誉「第3回 「小鳥」になれないA女たち 有能で美人、でも「釣り合う男性」にはそっぽを向かれる」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月14日付配信
  96. ^ 遠藤誉「第6回 欧米人夫妻にもらわれていく中国の女児たち <A女>の出現が女児遺棄を防ぐという皮肉」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月25日付配信
  97. ^ 「「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数」recordchina、2008年2月21日付配信
  98. ^ 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  99. ^ a b c d 遠藤誉「「第9回 私が出会った<A女>たち (2) 〜「漢民族の男とは結婚したくない!」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  100. ^ a b 「「僕と婚約してくれたら高級車を1台贈呈しよう」 お金持ちが大学内で“花嫁募集”をするのが流行っている」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  101. ^ a b 遠藤誉「第11回 結婚も離婚も稲妻のように〜一人っ子政策が生み出した「閃婚族」と「閃離族」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月27日付配信
  102. ^ 梅雨時なのに「ジューンブライド」のなぜ?”. ウェザーニュース. 2023年7月8日閲覧。
  103. ^ エレオノーラ・ゴールドマン (5月 20, 2022). “ロシアで入籍するのにもっとも好まれているのはいつ?”. Russia Beyond 日本語版. 2023年7月7日閲覧。
  104. ^ NWU Gazou DB Index”. www.nara-wu.ac.jp. 2023年12月28日閲覧。
  105. ^ 今井, 重男 (2015年3月). “江戸時代の結婚習俗とそのビジネス性”. 千葉商大論叢. pp. 17–31. 2023年12月28日閲覧。



未婚

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 12:10 UTC 版)

名詞

(みこん)

  1. まだ結婚ていないこと。

類義語

対義語

翻訳

形容表現「未婚の」


「未婚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未婚」の関連用語

未婚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



未婚のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの未婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS