ルーマニア語とは? わかりやすく解説

ルーマニア‐ご【ルーマニア語】


ルーマニア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 19:27 UTC 版)

ルーマニア語(ルーマニアご、limba română リンバ・ロムナ)は、ルーマニアの公用語であり、またその周辺地域でも使用されている言語である。インド・ヨーロッパ語族ロマンス諸語に分類されるが、孤立して発達したために他のロマンス諸語との違いが大きい。モルドバ語ルーマニア語とほぼ同じ言語である。アルーマニア語は、ルーマニア語の方言とされる事もあるが、意思疎通が困難である。


  1. ^ Mallinson (1987) p.318
  2. ^ Mallinson (1987) p.308
  3. ^ a b Mallinson (1987) p.312
  4. ^ Mallinson (1987) pp.315-316
  5. ^ Mallinson (1987) p.314 によると、オルテニア方言でのみ使われる
  6. ^ Mallinson (1987) p.317
  7. ^ 泉井(1968) pp.123-125
  8. ^ 鈴木信吾、鈴木エレナ『ニューエクスプレス ルーマニア語 (CD付)』白水社、2008年、65頁。ISBN 9784560067956
  9. ^ Mallinson (1987) p.316
  10. ^ a b Mallinson (1987) p.318
  11. ^ Melodie Hanners, The History of the Romanian Language, Linguistics 450, Brigham Young University, http://linguistics.byu.edu/classes/Ling450ch/reports/romanian.html 
  12. ^ Mallinson (1987) pp.318-319
  13. ^ Mallinson (1987) p.319
  14. ^ Mallinson (1987) pp.319-320



ルーマニア語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 12:27 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 ro
ISO639-2 rum (B)
ron (T)
ISO639-3 ron
SIL {{{4}}}

名詞

ルーマニアルーマニアご)

  1. インド・ヨーロッパ語族イタリック語派属すルーマニア公用語

翻訳


「ルーマニア語」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ルーマニア語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

ロシアの言語 ブリヤート語  イングーシ語  ルーマニア語  チュヴァシ語  ノガイ語
ドイツの言語 ソルブ語  アレマン語  ルーマニア語  リプアーリ語  東フリジア語
セルビアの言語 パンノニア・ルシン語  ルーマニア語  クロアチア語  スロバキア語  マケドニア語
カザフスタンの言語 ルーマニア語  ノガイ語  ウズベク語  コリョマル  アヴァル語
ウクライナの言語 スウェーデン語  タタール語  ルーマニア語  カライム語  レズギ語
ハンガリーの言語 ルーマニア語  スロバキア語  スロベニア語  ウクライナ語  ハンガリー語
ルーマニアの言語 ルーマニア語  ブルガリア語  ガガウズ語  アルーマニア語  ハンガリー語
モルドバの言語 ルーマニア語  モルドバ語  ガガウズ語

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルーマニア語」の関連用語

ルーマニア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルーマニア語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーマニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのルーマニア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS