ウルドゥー語とは? わかりやすく解説

ウルドゥー‐ご【ウルドゥー語】

読み方:うるどぅーご

Urduインド‐ヨーロッパ語族インド語派属す言語パキスタン‐イスラム共和国国語であり、またインドのイスラム教徒の間でも話されている。


ウルドゥー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/31 07:08 UTC 版)

ウルドゥー語(ウルドゥーご、اردو)は、インド・ヨーロッパ語族インド語派に属する言語の一つ[1]ヒンディー語とともに、ヒンドゥスターニー語の標準のひとつをなす。


  1. ^ a b c d 東外大言語モジュール|ウルドゥー語”. www.coelang.tufs.ac.jp. 2021年9月12日閲覧。
  2. ^ 片岡弘次・訳編『ファイズ詩集』花神社、1994年、pp.15–16頁。 
  3. ^ a b Urdu Phonetic Inventory”. 2020年8月6日閲覧。


「ウルドゥー語」の続きの解説一覧

ウルドゥー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 04:41 UTC 版)

インシャ・アッラー」の記事における「ウルドゥー語」の解説

ウルドゥー語では、「神の思し召しがあれば」を意味して用いられるが、上記のような皮肉な文脈用いられることはほとんど無い。

※この「ウルドゥー語」の解説は、「インシャ・アッラー」の解説の一部です。
「ウルドゥー語」を含む「インシャ・アッラー」の記事については、「インシャ・アッラー」の概要を参照ください。


ウルドゥー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 22:14 UTC 版)

ヒンディ語・ウルドゥー語訳聖書」の記事における「ウルドゥー語」の解説

ウルドゥー語の最初聖書としては、1745年にベンジャミン・シュルツェ(上述)がオランダ宣教活動従事して新約聖書一部出版したが、1843年には新約全書出版された。また1870年にロバート・マザー(Robert Cotton Mather)はこれを改訂した。 この聖書その後何回改定されたが、ナスタアリーク体での印刷難しいため、1960年代までインド聖書協会Bible Society of India)からの聖書PDF様式のみであった。しかし、Unicode使えるようになって2009年から新約聖書から始めて、現在では全聖書インターネットでも読める ビブリカBiblica)では、英語『新国際版聖書』に基づいたウルドゥー語訳聖書発行している。また、Free Bibles Indiaは、Church centric bible translation協力で、ウルドゥー語聖書オンライン公開している。

※この「ウルドゥー語」の解説は、「ヒンディ語・ウルドゥー語訳聖書」の解説の一部です。
「ウルドゥー語」を含む「ヒンディ語・ウルドゥー語訳聖書」の記事については、「ヒンディ語・ウルドゥー語訳聖書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウルドゥー語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ウルドゥー語


「ウルドゥー語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウルドゥー語」の関連用語

ウルドゥー語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウルドゥー語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウルドゥー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインシャ・アッラー (改訂履歴)、ヒンディ語・ウルドゥー語訳聖書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウルドゥー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS