ビシュヌプリヤ・マニプリ語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ビシュヌプリヤ・マニプリ語の意味・解説 

ビシュヌプリヤ・マニプリ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 19:58 UTC 版)

ビシュヌプリヤ・マニプリ語 (ইমার ঠার/বিষ্ণুপ্রিয়া মণিপুরী,Imarthar) は、インド・イラン語派インド語派マガダ語(東部語群)のうちベンガル・アッサム語に分類される言語。話者は、インドアッサム州トリプラ州及びマニプル州並びにバングラデシュなどに11万5,000人いると推定されている[1]ビシュヌプリヤ・マニプル語ビシュヌプリヤ語ビスナ・プリヤ語ビシュヌプリヤ・マニプリなどとも呼ばれる。マニプリマニプル州マニプルが由来である。ベンガル語メイテイ語クレオール言語とされてきたが、近年では古ベンガル語の特徴が指摘されている。言語コードはISO 639-1 では存在せず、ISO 639-3では bpy。






「ビシュヌプリヤ・マニプリ語」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビシュヌプリヤ・マニプリ語」の関連用語

ビシュヌプリヤ・マニプリ語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビシュヌプリヤ・マニプリ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビシュヌプリヤ・マニプリ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS