グジャラート語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > グジャラート語の意味・解説 

グジャラート語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 07:16 UTC 版)

グジャラート語(グジャラートご、ગુજરાતી [ɡuʤəˈrɑːtiː]: グジャラーティー)はインド西部のグジャラート州公用語で、インド連邦レベルでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派に属す。


  1. ^ Masica (1993) p.110
  2. ^ Cardona; Suthar (2007) p.662
  3. ^ Masica (1993) p.120
  4. ^ Masica では bārā になっていたが修正。ヒンディー語の実際の発音は [bɑːrɛ]
  5. ^ Cardona; Suthar (2007) p.665
  6. ^ Cardona; Suthar (2007) p.666
  7. ^ Cardona; Suthar (2007) p.663 ではそり舌はじき音とするが、それでは ḍ の異音 [ɻ] と区別がつかない


「グジャラート語」の続きの解説一覧

グジャラート語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 00:46 UTC 版)

インドの諸言語訳聖書」の記事における「グジャラート語」の解説

グジャラート語はインド西部のグジャラート州公用語で、グジャラート語訳聖書1820年に、セランポール宣教出版社(Serampore Mission Press、1801-1837年)から出版されて、これにはウィリアム・ケアリーWilliam Carey)が協力したまた、ロンドン宣教協会London Missionary Society)の二人協力した。この聖書はJ.V.S.テイラーJ. V. S. Taylor)の『旧版』(1861年に取って代わられて、今日でも標準聖書になっているフリー・バイブル・インディアFree Bible India)はChurch centric bible translation協力してオンラインの聖書配布している。 翻訳文の例 Translation創世記 1:1-5Gujarati Bible (free Bible India) 1 પ્રારંભે ઈશ્વરે આકાશ તથા પૃથ્વી ઉત્પન્ન કર્યાં. 2 પૃથ્વી અસ્તવ્યસ્ત તથા ખાલી હતી. પાણી પર અંધારું હતું. ઈશ્વરનો આત્મા પાણી પર ફરતો હતો. 3 ઈશ્વરે કહ્યું, "ત્યાં અજવાળું થાઓ" અને અજવાળું થયું. 4 ઈશ્વરે અજવાળું જોયું કે તે સારું છે. તેમણે અજવાળું તથા અંધારું અલગ કર્યાં. 5 ઈશ્વરે અજવાળાને "દિવસ" કહ્યો અને અંધારાને "રાત" કહી. આમ સાંજ થઈ તથા સવાર થઈ, પ્રથમ દિવસ.

※この「グジャラート語」の解説は、「インドの諸言語訳聖書」の解説の一部です。
「グジャラート語」を含む「インドの諸言語訳聖書」の記事については、「インドの諸言語訳聖書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グジャラート語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

グジャラート語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:04 UTC 版)

名詞

グジャラートグジャラートご)

  1. インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派属する言語でインドグジャラート州公用語アフリカにも話者多くいる。言語コードISO 639-2/RA) A2:gu A3:guj

訳語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グジャラート語」の関連用語

グジャラート語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グジャラート語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグジャラート語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドの諸言語訳聖書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのグジャラート語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS