インドの公用語の一覧とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > インドの公用語の一覧の意味・解説 

インドの公用語の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 10:06 UTC 版)

インドの公用語の一覧(インドのこうようごのいちらん)では、インドで話されている多数の言語を、全体として眺めたときの主要言語一覧を紹介する。


  1. ^ インド公務員について”. www.clair.or.jp. www.clair.or.jp. 2021年7月4日閲覧。
  2. ^ Official Languages Act, 1963
  3. ^ Report of the Commissioner for linguistic minorities: 50th report (July 2012 to June 2013)”. Commissioner for Linguistic Minorities, Ministry of Minority Affairs, Government of India. 2016年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月18日閲覧。
  4. ^ 使用されている国勢調査データが州レベルであるため、一部の言語は過剰または過少に表現される場合がある。 たとえば、ウルドゥー語には5,200万人の話者がいるが(2001年)、言語自体が主にインドのイスラム教徒の使用であるため、グジャラート語よりも多くのネイティブスピーカーがいるにもかかわらず、過半数となっている州はない。
  5. ^ THE CONSTITUTION (TWENTY-FIRST AMENDMENT) ACT, 1967”. India Code. 2015年8月24日閲覧。
  6. ^ THE CONSTITUTION (SEVENTY-FIRST AMENDMENT) ACT, 1992”. India Code. 2015年8月24日閲覧。
  7. ^ THE CONSTITUTION (NINETY-SECOND AMENDMENT) ACT, 2003”. India Code. 2015年8月24日閲覧。


「インドの公用語の一覧」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

インドの公用語の一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インドの公用語の一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドの公用語の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS