オリヤー語とは? わかりやすく解説

オリヤー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 10:07 UTC 版)

オリヤー語(オリヤーご、ଓଡ଼ିଆ, oṛiā, オリアー)とは、インド公用語の一つで、東インドのオリッサ州公用語インド・ヨーロッパ語族インド語派東部語群に属し、ベンガル語アッサム語などと近い関係にある。西ベンガル州にも話者が相当数いる。西インドグジャラート州の都市スーラトではオリッサ州からの労働者の増加によりインドで二番目にオリヤー語話者の多い町になった。インド憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。


  1. ^ “Mixed views emerge as Orissa becomes Odisha”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/orissa-to-odisha-negotiable-instruments-act/1/158874.html 2011年11月10日閲覧。 
  2. ^ Current Trends in Linguistics Thomas Albert Sebeok- 1976 Volume 14 - Page 135 "Oriya teaching material The Practical hand-book of the Uriya or Odiya language by T. J. Maltby (1874) is a very important landmark in the publication of Oriya grammar (with text) after Sutton's Introduction to Oriya published almost a generation ..."
  3. ^ https://sanchai-documents.blog.ss-blog.jp/2009-10-24-2


「オリヤー語」の続きの解説一覧

オリヤー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 00:46 UTC 版)

インドの諸言語訳聖書」の記事における「オリヤー語」の解説

オリッサ州公用語であるオリヤー語については、Church-Centric Bible Translationsとの協力で、Free Bibles Indiaが『オリヤー語訳聖書オンライン)』を作っている。 訳文の例 Translation創世記 1:1-11Oriya Bible Online (Free Bible India) 1 ଆଦ୍ୟରେ ପରମେଶ୍ୱର ସ୍ୱର୍ଗସମୂହ ଓ ପୃଥିବୀକୁ ସୃଷ୍ଟି କଲେ। 2 ପୃଥିବୀ ନିର୍ଜ୍ଜନ ଓ ଶୂନ୍ୟ ଥିଲା, ଆଉ ଗଭୀର ଜଳ ଉପରେ ଅନ୍ଧକାର ଥିଲା; ପୁଣି, ପରମେଶ୍ୱରଙ୍କ ଆତ୍ମା ଜଳ ଉପରେ ବ୍ୟାପ୍ତ ଥିଲେ। 3 ଏଥିଉତ୍ତାରେ ପରମେଶ୍ୱର କହିଲେ, “ଦୀପ୍ତି ହେଉ,” ତହିଁରେ ଦୀପ୍ତି ହେଲା। 4 ଆଉ ପରମେଶ୍ୱର ଦୀପ୍ତିକୁ ଦେଖିଲେ ଯେ ତାହା ଉତ୍ତମ; ତହୁଁ ପରମେଶ୍ୱର ଅନ୍ଧକାରରୁ ଦୀପ୍ତିକୁ ଭିନ୍ନ କଲେ। 5 ପୁଣି, ପରମେଶ୍ୱର ଦୀପ୍ତିର ନାମ ଦିବସ ଓ ଅନ୍ଧକାରର ନାମ ରାତ୍ରି ଦେଲେ। ତହୁଁ ସନ୍ଧ୍ୟା ଓ ପ୍ରାତଃକାଳ ହୋଇ ପ୍ରଥମ ଦିବସ ହେଲା।

※この「オリヤー語」の解説は、「インドの諸言語訳聖書」の解説の一部です。
「オリヤー語」を含む「インドの諸言語訳聖書」の記事については、「インドの諸言語訳聖書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オリヤー語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オリヤー語

出典:『Wiktionary』 (2021/09/11 10:27 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 or
ISO639-2 ori
ISO639-3 ory
SIL -

名詞

オリヤー(おりやーご)

  1. インド公用語一つである、インド・ヨーロッパ語族属す言語オディアとも。

関連語

  • サンバルプーリー語

翻訳

  • オリヤー語: ଓଡ଼ିଆ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オリヤー語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オリヤー語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオリヤー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドの諸言語訳聖書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオリヤー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS