ISO639-3とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ISO639-3の意味・解説 

ISO 639-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 18:48 UTC 版)

ISO 639-3:2007(アイエスオー639-3:2007)は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された[1]


  1. ^ a b ISO 639-3 status and abstract [ISO 639-3 現況と梗概]”. iso.org (2010年7月20日). 2012年6月14日閲覧。
  2. ^ Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages
  3. ^ Maintenance agencies and registration authorities”. ISO. 2012年6月14日閲覧。
  4. ^ Types of individual languages - Ancient languages”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  5. ^ Aryawibawa, Nyoman I. (2010) Spacial refeerence in Rongga (ISO 639-3: ror), Balinese (ISO 639-3: ban), and Indonesia (ISO 639-3: ind). UMI, ProQuest.
  6. ^ Ethnologue report for ISO 639 code:zho on ethnologue.com
  7. ^ ISO 639-3 Macrolanguage Mappings” (英語). SIL.org. 2022年2月27日閲覧。
  8. ^ a b ISO 639-3 Code Set”. Sil.org (2007年10月18日). 2012年6月14日閲覧。
  9. ^ ISO 639-3”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  10. ^ Scope of Denotation: Individual Languages [区別の観点]”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  11. ^ Scope of Denotation: Dialects [区別の観点:識別子]”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  12. ^ Scope of denotation: Macrolanguages”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  13. ^ a b 完全なマクロ言語の一覧は以下を参照Macrolanguage Mappings”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  14. ^ Scope of denotation:Collective languages”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  15. ^ miscellaneous」に由来。
  16. ^ Field Recordings of Vervet Monkey Calls. Entry in the catalog of the Linguistic Data Consortium. Retrieved 2012-09-04.
  17. ^ Submitting ISO 639-3 Change Requests:Types of Changes”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  18. ^ Scope of Denotation for Language Identifiers”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  19. ^ Types of Languages”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  20. ^ ISO 639-3 Change Management”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  21. ^ Submitting ISO 639-3 Change Requests”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  22. ^ : change request index
  23. ^ : candidate status
  24. ^ : candidate status change requests
  25. ^ ISO 639-3 Change Request Index”. sil.org. 2012年6月14日閲覧。
  26. ^ Morey, Stephen; Post, Mark W.; Friedman, Victor A. (2013). “The language codes of ISO 639:A premature, ultimately unobtainable, and possibly damaging standardization”. PARADISEC RRR Conference. https://hdl.handle.net/2123/9838 
  27. ^ Martin Haspelmath, "Can language identity be standardized? On Morey et al.'s critique of ISO 639-3", Diversity Linguistics Comment, 2013/12/04
  28. ^ Languages in the Root:A TLD Launch Strategy Based on ISO 639”. Circleid.com (2004年10月5日). 2012年6月14日閲覧。
  29. ^ ICANN Email Archives:[gtld-strategy-draft]”. Forum.icann.org. 2012年6月14日閲覧。
  30. ^ Over 7,000 languages, just 1 Windows”. Microsoft (2014年2月5日). 2014年10月20日閲覧。



「ISO 639-3」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ISO639-3」の関連用語

ISO639-3のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ISO639-3のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのISO 639-3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS