沖縄方言とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 沖縄方言の意味・解説 

沖縄方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 22:58 UTC 版)

沖縄方言(おきなわほうげん)または沖縄語(おきなわご)、沖縄中南部方言(おきなわちゅうなんぶほうげん)は、琉球語(琉球方言)のうち、沖縄諸島中南部で話される方言言語)の総称である。話される範囲には沖縄本島中南部・久高島慶良間諸島久米島渡名喜島粟国島奥武島浜比嘉島平安座島宮城島伊計島が含まれる。沖縄北部方言との境界は太平洋側ではうるま市石川と金武町屋嘉の間に、東シナ海側では恩納村恩納と谷茶の間にある[1]。現地ではウチナーグチと呼ばれる[* 1]。なお沖縄北部方言を含む沖縄諸島全体の方言を「沖縄方言」と呼ぶ場合もある。




注釈

  1. ^ 南西諸島以外の日本で使われる言語(日本語本土方言)は、ヤマトグチ、ヤマトゥグチなどと呼ばれる。ヤマトとは大和、日本のこと。
  2. ^ [dʒ]~[ʒ]

出典

  1. ^ 『岩波講座 日本語11方言』212-213頁。
  2. ^ 『岩波講座 日本語11方言』213頁。
  3. ^ 飯豊ほか(1984)189頁。
  4. ^ 儀間進(2006)
  5. ^ a b c 飯豊ほか(1984)190-195頁。
  6. ^ 『岩波講座 日本語11方言』217頁。
  7. ^ 中本(1976)、276頁。
  8. ^ 国立国語研究所(2001)、27-50頁。
  9. ^ 内間・野原(2006)、ⅹⅴ‐ⅹⅹ頁。
  10. ^ 野原(1977)。
  11. ^ a b 中本(1976)、371-387頁。
  12. ^ 中本(1976)、296頁。
  13. ^ 飯豊ほか(1984)226頁。
  14. ^ 国立国語研究所(2001)、53頁。
  15. ^ 国立国語研究所(2001)、55頁。
  16. ^ 服部四郎著、上野善道 補注(2018)『日本祖語の再建』岩波書店、337-359頁。
  17. ^ 松森晶子(1998)「琉球アクセントの歴史的形成過程:類別語彙2拍語の特異な合流の仕方を手がかりに」『言語研究』114巻
  18. ^ a b c d e f g h i j 内間・野原(2006)、ⅹⅹⅶ-ⅹⅹⅹⅲ頁。
  19. ^ a b 半田(1999)、ⅹⅵ-ⅹⅶ頁。
  20. ^ a b c d e f g 野原(1976)。
  21. ^ a b c d 語幹と活用語尾の分け方については内間(1984)による。
  22. ^ 内間(1984)、404-405頁。
  23. ^ 国立国語研究所(2001)、59、65、419頁。
  24. ^ 国立国語研究所(2001)、59-61頁。
  25. ^ 国立国語研究所(2001)、59、339頁。
  26. ^ 国立国語研究所(2001)、65-66頁。
  27. ^ a b 鈴木(1960)。
  28. ^ 半田(1999)、ⅹⅵ頁。
  29. ^ a b 平山編(1997)、35頁。
  30. ^ 内間(1984)「形容詞活用の通時的考察」
  31. ^ 半田(1999)、ⅹⅸ-ⅹⅹ頁。
  32. ^ 例文はいずれも内間(1984)、588-589頁からの引用。
  33. ^ 平山編(1997)、21-22頁。
  34. ^ 飯豊ほか(1984)、196-197頁。
  35. ^ 平山編(1997)、22頁。
  36. ^ 平山編(1997)、18頁。
  37. ^ 飯豊ほか(1984)、202-203頁。
  38. ^ 内間(1984)、87-90、99頁。
  39. ^ asahi.com(朝日新聞社):世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」 - 社会”. web.archive.org (2009年2月20日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月20日閲覧。
  40. ^ 沖縄の言語に関する質問主意書”. web.archive.org (2009年3月23日). 2009年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月20日閲覧。
  41. ^ 第171回国会、内閣参質一七一第八九号、人間が音声又は文字を用いて、思想、感情、意志等を伝達するために用いる記号体系が「言語」とされ、共通語とは異なった形で地方的に用いられることばが「方言」とされ、我が国において、現在、最も普通に使われている言語が「日本語」とされていると承知している。
  42. ^ 参議院議員糸数慶子君提出沖縄の言語に関する質問に対する答弁書”. web.archive.org (2009年3月31日). 2009年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月20日閲覧。
  43. ^ Ethnologue report for Japan, Ethnologue (2005)
  44. ^ 亀井孝河野六郎千野栄一 編著 『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』 三省堂 (1997)
  45. ^ Documentation for ISO 639 identifier: ryu,SIL international (2007)
  46. ^ Documentation for ISO 639 identifier: yoi,SIL international (2007)
  47. ^ Documentation for ISO 639 identifier: tkn,SIL international (2007)
  48. ^ Naka, T.; Maruyama, M. (2018). Aphaenogaster gamagumayaa sp. nov.: the first troglobiotic ant from Japan (Hymenoptera: Formicidae: Myrmicinae)”. Zootaxa 4420 (1): 135–141. https://doi.org/10.11646/zootaxa.4450.1.10. 
  49. ^ Nakamura, Y.; Nakano, T.; Ota, Y.; Tomikawa, K. (2018). “A new species of the genus Elasmopus from Miyako Island, Japan (Crustacea: Amphipoda: Maeridae)”. Zootaxa 4544 (3): 395–406. https://doi.org/10.11646/zootaxa.4544.3.5. 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「沖縄方言」の関連用語

沖縄方言のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



沖縄方言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS