首里城とは?

しゅりじょう -じやう 【首里城】

沖縄県那覇市にある琉球王朝の城。一五世紀中頃第一尚氏時に整備された。1945年昭和20)の沖縄地上戦アメリカ軍砲撃により焼失第二次大戦後城址内に琉球大学が置かれていたが移転92年平成4)正殿などが復元された。

首里城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/28 08:48 UTC 版)

首里城(しゅりじょう、沖縄方言: スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。




注釈

  1. ^ 百浦添御普請の御祝のおもろ三首、おもろさうしのおくらつがふしなどに、ももうらおそい(百浦添)がみえる。
  2. ^ 『李朝実録』の記録によれば、1456年、済州島から出航した船が漂流して久米島に漂着した。乗員の梁成なる人物が沖縄本島で首里城の構造を見聞し、朝鮮に帰国後に証言を残している。
  3. ^ 琉球王国正史中山世鑑』や『おもろさうし』、『鎮西琉球記』、『椿説弓張月』などでは、源為朝は現在の沖縄県の地に逃れ、その子が琉球王家の始祖舜天になったとされる。この話がのちに曲亭馬琴の『椿説弓張月』を産んだ。日琉同祖論と関連づけて語られる事が多く、この話に基づき、大正11年には為朝上陸の碑が建てられた。表側に「上陸の碑」と刻まれて、その左斜め下にはこの碑を建てることに尽力した東郷平八郎の名が刻まれている。なお、『中山世鑑』を編纂した羽地朝秀は、摂政就任後の1673年3月の仕置書(令達及び意見を記し置きした書)で、琉球の人々の祖先は、かつて日本から渡来してきたのであり、また有形無形の名詞はよく通じるが、話し言葉が日本と相違しているのは、遠国のため交通が長い間途絶えていたからであると語り、源為朝が王家の祖先だというだけでなく琉球の人々の祖先が日本からの渡来人であると述べている。(真境名安興『真境名安興全集』第一巻19頁参照。元の文は「「此国人生初は、日本より為渡儀疑無御座候。然れば末世の今に、天地山川五形五倫鳥獣草木の名に至る迄皆通達せり。雖然言葉の余相違は遠国の上久敷融通為絶故也」)なお、最近の遺伝子の研究で沖縄県民と九州以北の本土住民とは、同じ祖先を持つことが明らかになっている。高宮広士札幌大学教授が、沖縄の島々に人間が適応できたのは縄文中期後半から後期以降であるため、10世紀から12世紀頃に農耕をする人々が九州から沖縄に移住したと指摘(朝日新聞 2010年4月16日)するように、近年の考古学などの研究も含めて南西諸島の住民の先祖は、九州南部から比較的新しい時期(10世紀前後)に南下して定住したものが主体であると推測されている。
  4. ^ 真物は那覇市歴史博物館で保管展示
  5. ^ 消防法によるスプリンクラーの設置義務はない。
  6. ^ 指定管理者側が文書について把握していなかったとの報道であるが、首里城は文化財ではない。

出典

  1. ^ 正殿(指定名称は「沖縄神社拝殿」)のほか、守礼門、歓会門、瑞泉門、白銀門が旧国宝に指定されていた。(文化庁編『新版 戦災等による焼失文化財 20世紀の文化財過去帳』、戎光祥出版、2003、pp.408 - 410)
  2. ^ 管理 国から沖縄県に移行 沖縄美ら海水族館 首里城有料区域 琉球新報 2019年2月4日
  3. ^ 首里城、スプリンクラー検討せず 国・沖縄県・指定管理者で責任定まらず | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月4日閲覧。
  4. ^ 寺島良安『倭漢三才圖會』(復刻版)吉川弘文館、1906年(明治39年),752頁
  5. ^ 『図説 琉球王国』(高良倉吉・田名真之編 河出書房新社 1993年)p57-p58・p68
  6. ^ 渡辺豪 (20191101T182000+0900). “首里城焼失に復元事業の権威が落胆 「沖縄伝統木材の調達が困難か」 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2019年11月28日閲覧。
  7. ^ 大正14年4月24日文部省告示第236号(参照:[1]
  8. ^ 文化庁編『新版 戦災等による焼失文化財 20世紀の文化財過去帳』、戎光祥出版、2003、pp.487 - 488
  9. ^ 木材を運び出す儀式:木曳式は同年11月2日から、また正殿復元の起工式が11月3日に開催された。-琉球新報 2011年1月閲覧
  10. ^ プロジェクトX 第078回 「炎を見ろ 赤き城の伝説—首里城・執念の親子瓦—」 NHK 2002年(平成14年)2月5日放送
  11. ^ 色にこだわる情報サイト『カンペフレンズ』達人インタビュー
  12. ^ 首里城、「再建」急務に 92年の復元後も続いていた「研究」と「人材育成」”. J-CASTニュース (2019年10月31日). 2019年11月1日閲覧。
  13. ^ 首里城、30年に及ぶ復元工事終えたばかり : 国内 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  14. ^ 「首里城御内原 開園を祝う あす 県博で記念公演」『沖縄タイムス』2019年2月23日付21面。
  15. ^ 「またひとつ歴史がひも解かれ 首里城に息吹を」『JCB ザ・プレミアム』第4巻第12号、ジェーシービー、2019年12月、32-33ページ。
  16. ^ a b c d “首里城で火災「正殿」などが全焼 那覇”. NHK. (2019年10月31日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012157881000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 2019年10月31日閲覧。 
  17. ^ a b c “首里城正殿で火災 けが人情報なし 沖縄”. 日本テレビ. (2019年10月31日). http://www.news24.jp/articles/2019/10/31/07536196.html 2019年10月31日閲覧。 
  18. ^ 首里城公園、国王や女官らが住んだ男子禁制の「御内原(おうちばら)エリア」を2月1日新規開園。1月28日~31日は無料開放 2019年1月24日 16:40 トラベルWatch
  19. ^ 黄金御殿・寄満・近習詰所、奥書院』完成のお知らせ 首里城公園
  20. ^ a b c d e 日本放送協会. “首里城で火災「正殿」などが全焼 那覇”. NHKニュース. 2019年10月31日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j 沖縄県那覇市首里城跡火災(第5報)”. 総務省消防庁. 2019年11月9日閲覧。
  22. ^ a b 消火阻んだ猛烈な首里城の炎 危険な状況下で懸命の放水 崩れ落ちる正殿に悲鳴” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月1日閲覧。
  23. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月2日). “首里城火災 文化財417点焼失 放水銃、熱気で近づけず” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月3日閲覧。
  24. ^ 首里城、再建は長期化も 主要7棟が焼失” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年11月1日閲覧。
  25. ^ 首里城収蔵品、400点超焼失か 出火1時間前は異常なし” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年11月2日閲覧。
  26. ^ 11時間の猛火耐えた収蔵品 丁寧に運び出す 首里城火災 専門家「王国文化の粋が救われた」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月4日閲覧。
  27. ^ 国王冠、玉座など確認できず 401点、焼失か 首里城火災 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  28. ^ 収蔵品1109点現存 首里城火災 尚育王直筆の書焼失” (日本語). 琉球新報. 2019年11月28日閲覧。
  29. ^ a b 「奇跡の龍柱」黒焦げで立つ 首里城火災 美術工芸品は全焼免れる | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月3日閲覧。
  30. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月31日). “首里城火災、周辺住民30人が一時避難” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月1日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月31日). “首里城で火災 正殿と北殿ほぼ全焼、南殿も炎上 消防車出動” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月31日閲覧。
  32. ^ ショックで学校を休む子も「朝食も食べられなかった」 首里城周辺の学校、児童のケア優先”. 沖縄タイムス (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  33. ^ 首里城火災で「琉球王朝祭り首里」中止 首里城公園は31日から休園”. BIGLOBEニュース編集部. 2019年10月31日閲覧。
  34. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月1日). “飲食店再開も観光客まばら「一日で変わった」首里城火災” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月4日閲覧。
  35. ^ 沖縄の団体旅行 首里城火災で予定変更に追われる | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月1日閲覧。
  36. ^ 首里城、再建は長期化も 主要7棟が焼失” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年11月1日閲覧。
  37. ^ 首里城全焼「人ごとではない」 平泉など世界遺産各地” (日本語). IWATE NIPPO 岩手日報. 2019年11月1日閲覧。
  38. ^ 「こんな色、初めて…」首里城近くの池に異変 魚90匹以上が死ぬ | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  39. ^ 赤色出す塗料の「桐油」で火勢拡大か 防火体制が不十分の指摘も”. 沖縄タイムス (2019年11月1日). 2019年11月1日閲覧。
  40. ^ a b c INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月2日). “火元、正殿1階ほぼ断定 カメラに映像 首里城火災” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月3日閲覧。
  41. ^ 首里城、電気系統から出火か 火元、正殿北東とほぼ断定 遺構、大きな損傷なし” (日本語). 琉球新報. 2019年11月9日閲覧。
  42. ^ 日本放送協会. “首里城 正殿1階北側の分電盤 ショートした痕のようなもの”. NHKニュース. 2019年11月4日閲覧。
  43. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月7日). “首里城正殿、コード溶けた痕 火災当日も照明点灯か” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月9日閲覧。
  44. ^ “首里城、スプリンクラーなし 推奨も管理者把握せず”. 琉球新報. (2019年11月1日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1018124.html 2019年11月1日閲覧。 
  45. ^ 日本放送協会. “首里城 復元建物は“文化財防火”の範囲外”. NHKニュース. 2019年10月31日閲覧。
  46. ^ 文化財の防火管理等の点検・確認について (PDF)”. 文化庁 (2019年10月31日). 2019年11月20日閲覧。
  47. ^ 琉球新報 (2019年10月30日). “正殿の屋根の骨組みが落ちてきています。#首里城pic.twitter.com/b23WW0k8o1” (日本語). @ryukyushimpo. 2019年10月31日閲覧。
  48. ^ (日本語) 那覇市消防が動画公開 首里城、炎噴く中を消火, https://www.youtube.com/watch?v=X7ymcSyhrak 2019年11月9日閲覧。 Youtube.
  49. ^ 日本テレビ. “首里城6棟全焼 午前11時頃“ほぼ鎮火”|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2019年10月31日閲覧。
  50. ^ 首里城火災、1時半に鎮火 那覇市消防局 発生から約11時間後”. ryukyushimpo.jp. 2019年10月31日閲覧。
  51. ^ Tsai Ing-wen, 蔡英文 (2019年10月30日). “蔡英文 Tsai Ing-wen @iingwen - Twitter” (日本語). @iingwen. 2019年10月31日閲覧。
  52. ^ 日本放送協会. “首里城火災 「人類の損失」海外からも惜しむ声”. NHKニュース. 2019年10月31日閲覧。
  53. ^ 日本放送協会. “ユネスコ「首里城の再建を支援したい」”. NHKニュース. 2019年11月1日閲覧。
  54. ^ Japón  🇯🇵, 🇪🇸España en (2019年10月30日). “Twitter” (日本語). @EmbEspJapon. 2019年10月31日閲覧。
  55. ^ Burney, Ian (2019年10月31日). “Twitter” (日本語). @IanBurneyJapan. 2019年10月31日閲覧。
  56. ^ ドイツ大使館 🇩🇪 (2019年10月30日). “Twitter” (日本語). @GermanyinJapan. 2019年10月31日閲覧。
  57. ^ 駐日米国臨時代理大使, ジョセフ・M・ヤング (2019年10月30日). “Twitter” (日本語). @USAmbJapan. 2019年10月31日閲覧。
  58. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年10月31日). “首里城火災 菅官房長官「再建に政府として全力」” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月31日閲覧。
  59. ^ 熊本城が被災した熊本県が首里城復興支援募金を開始 知事「地震で培ったノウハウを提供したい」”. ryukyushimpo.jp. 2019年11月1日閲覧。
  60. ^ wbs和歌山放送ニュース (2019年10月31日). “高野町が火災で被害を受けた首里城再建で義援金受付 https://wbs.co.jp/news/2019/10/31/139813.html …” (日本語). @DIGITALwbs. 2019年11月1日閲覧。
  61. ^ 首里城焼失、復興の力に 伊賀上野城に募金箱” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年11月2日閲覧。
  62. ^ 首里城再建ふるさと納税、すでに1400人 企業も動く:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年11月2日閲覧。
  63. ^ 首里城再建、支援・募金先まとめ(11月2日正午現在) | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月3日閲覧。
  64. ^ 日本放送協会. “首里城火災を受け 京都の“世界遺産”で緊急会議”. NHKニュース. 2019年10月31日閲覧。
  65. ^ 首里城火災受け天徳寺など立ち入り検査、秋田市消防本部|秋田魁新報電子版” (日本語). 秋田魁新報電子版. 2019年11月9日閲覧。
  66. ^ 日本放送協会. “重要文化財指定の住宅で消防訓練|NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2019年11月28日閲覧。
  67. ^ 首里城寄付金が10億突破 県、那覇市、報道機関の総計”. ryukyushimpo.jp. 2019年11月28日閲覧。
  68. ^ 首里城再建の費用に 沖縄県議会議員が報酬減額へ”. ryukyushimpo.jp. 2019年11月28日閲覧。
  69. ^ [支援の輪 首里城再建へ]沖縄電力グループ 県に2千万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  70. ^ 首里城再建へ1000万円寄付 東恩納組「他企業の呼び水に」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月4日閲覧。
  71. ^ 琉球銀行. “首里城火災復旧支援について|琉球銀行(りゅうぎん)” (日本語). www.ryugin.co.jp. 2019年11月9日閲覧。
  72. ^ 創価学会が1000万円寄付 「少しでも役立てて」”. ryukyushimpo.jp. 2019年11月28日閲覧。
  73. ^ 首里城再建へ JALグループが1億円寄付へ 応援旅行の収益から | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月9日閲覧。
  74. ^ [支援の輪 首里城再建へ]JALグループ、県に1000万円贈る | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  75. ^ a b [支援の輪 首里城再建へ]サンエー、復旧資金1300万円を寄付 JAたじま103万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  76. ^ [支援の輪 首里城再建へ]りゅうせきグループ8社、県に1千万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  77. ^ KOBE三宮・ひと街創り協議会が210万円 首里城再建に2回目の寄付 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  78. ^ 首里城再建を願い 睦会10社から 支援金500万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  79. ^ a b 【DeNA】首里城火災復旧・復興への支援へ350万円を寄付 募金活動も” (日本語). スポーツ報知 (2019年11月20日). 2019年11月28日閲覧。
  80. ^ [支援の輪 首里城再建へ]大匠アーキプロ、120万円託す | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  81. ^ [支援の輪 首里城再建へ]ジミー、寄付金計100万円” (日本語). 47NEWS. 2019年11月28日閲覧。
  82. ^ 「夫も天国で悲しんでいる」首里城再建へ 96歳女性が託した100万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  83. ^ 神戸新聞NEXT|総合|自然災害以外では初 兵庫県が首里城火災で那覇市に見舞金” (Japanese). www.kobe-np.co.jp. 2019年11月28日閲覧。
  84. ^ [支援の輪 首里城再建へ]琉伸会は100万円 沖縄県農水部に寄付 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  85. ^ [支援の輪 首里城再建へ]東洋企画印刷 100万円を託す | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  86. ^ [支援の輪 首里城再建へ]ルネッサンスリゾートオキナワ、100万円を託す | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  87. ^ [支援の輪 首里城再建へ]建築士事務所協、寄付100万円託す 「早期再建は県民の願い」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  88. ^ [支援の輪 首里城再建へ]物産企業連合、100万円を寄付 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  89. ^ [支援の輪 首里城再建へ]沖食グループ、112万円を託す 構成5社と社員 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  90. ^ [支援の輪 首里城再建へ]再建向け100万円 コザ信金が寄付 全国でも募金の動き | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  91. ^ 首里城の再建願い 太名嘉組が100万円 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2019年11月28日閲覧。
  92. ^ 日本放送協会. “首里城再建 寄付の気持ちにつけこむ詐欺に注意”. NHKニュース. 2019年11月9日閲覧。
  93. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月8日). “首里城の保険料、一ケタ間違う 年間2940万円” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月9日閲覧。
  94. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月5日). “首里城の保険金最大70億円” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月9日閲覧。
  95. ^ 立体空撮でみる「首里城」|NHKニュース”. NHK NEWS. 2019年11月9日閲覧。
  96. ^ 焼失前の首里城正殿がVRでよみがえる”. ryukyushimpo.jp. 2019年11月28日閲覧。





首里城と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「首里城」の関連用語

首里城のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



首里城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの首里城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS