桐油とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > 桐油の意味・解説 

とう‐ゆ【×桐油】

アブラギリ種子から得られる赤黄色の油。乾燥速く耐水性がある。日本では古くから桐油紙番傘などに使用きりあぶら

桐油紙(がみ)」「桐油ガッパ」の略。


きり‐ゆ【×桐油】

⇒とうゆ(桐油)1


きり‐あぶら【×桐油】

⇒とうゆ(桐油)1


きり‐あぶら【桐油】

〔名〕 乾性油一つ日本産のものはアブラギリ種子からとったもので、黄色または(だいだい)色の液体。傘、油紙など防湿用いられる。中国産のものはシナアブラギリ種子からとったもので、黄色または黄褐色液体塗料薬用リノリウムなどに用いられる。とうゆ。きりゆ。


きり‐ゆ【桐油】

〔名〕 =きりあぶら(桐油)


とう‐ゆ【桐油】

〔名〕

① =きりあぶら(桐油)〔温故知新書(1484)〕 〔明一統志

② 「とうゆがみ桐油紙)」の略。

歌舞伎東海道四谷怪談(1825)三幕「桐油(トウユ)に包み廻文状を」

③ 「とうゆガッパ桐油合羽)」の略。

俳諧五老文集(1693か)「月の雪桐油は有や坂の駕籠許六〉」


と‐ゆ【桐油】

〔名〕

① 「とうゆ(桐油)」の変化した語。

俳諧誹諧通俗志(1716)時令「桐油(トユ)の実」

② 「とうゆがみ桐油紙)」または「とうゆガッパ桐油合羽)」の略。

浄瑠璃車還合戦桜(1733)四「又一しきり降るに〈略〉ヤレお客様乗物お召なされ、桐油(トユ)よ合羽取繕ひ」


桐油

トウダイグサ科支那油桐種子から得られる。油分種子に約355060%含まれている。冷圧法によって得た油は黄色またはオレンジ色であるが、温圧法による油は暗色帯びる。
融点-1721比重d0.93~0.94、屈折率n1.51~1.52、鹸化価188197沃素価155175ロダン7887タイター3637℃不鹸化物0.6~1.8%である。脂肪酸組成は、飽和酸は2~7%でパルミチン酸多く不飽和9398%のうちαエレオステアリン酸(9.11.13オクタデカトリエン酸)が約80%を占めるのが大きな特徴である。例をあげれば飽和酸4%、オレイン酸9%、αエレオステアリン酸77%である。用途塗料リノリウム印刷インキなどである。
桐油
原産国中国産と日本産では油の性質異な

桐油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 23:33 UTC 版)

桐油(きりあぶら)は、アブラギリ類の種子(種核)を搾油して得られる油脂。毒性があるため食用に用いられず、主に工業用途に古くから使用されてきた。流通する桐油の大半はシナアブラギリ由来のシナ桐油(tung oil)である。


  1. ^ 桐油とは”. カネダ株式会社. 2020年4月29日閲覧。
  2. ^ 本田収「アブラギリ類」『新版 林業百科事典』第2版第5刷 p13-14 日本林業技術協会 1984年(昭和59年)発行
  3. ^ a b c d e 中野洋平 (2017-02). “農村におけるアブラギリの栽培と販売 : 島根県松江市島根町を事例に”. 人間と文化 (島根県立大学) 1: 199-205. http://id.nii.ac.jp/1377/00001667/ 2020年10月31日閲覧。. 


「桐油」の続きの解説一覧



桐油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桐油」の関連用語

1
98% |||||

2
38% |||||


4
30% |||||



7
16% |||||

8
14% |||||

9
14% |||||

10
14% |||||

桐油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桐油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2021
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桐油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS