こめ油とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 食用油脂 > こめ油の意味・解説 

こめ油

米ぬかから通常抽出法によって17程度得られる。原油平均酸価わが国では25程度であるが原料貯蔵条件に応じて幅が大きい。また、多量の高融点のろう分を含んでいる。
脱ろうした食用精製油性状沃素価92115鹸化価180195比重d0.916~0.922、屈折率n1.470~1.473、酸価0.5以下の液状油で、脱ろう程度に応じて低温時の凝固しやすさ異なる。脂肪酸組成は、ミリチリン酸0~1%パルミチン酸1617%、ステアリン酸1~2%オレイン酸4044%、リノール酸3537%、リノレン酸0~2%アラキジン酸エイコセン酸など1%程度で不鹸化物は2~5%である。
副生する脂肪酸粉石鹸塗料またはエステル化して飼料添加物などの用途が広い。また、原油中に2%程度含まれるフェノール物質オリザノール等であり、有用な副産物製造される。
こめ油は国産植物油脂として最も生産量多く品質安定しており、かつ、加熱安定性良さ及び健康面からも注目されている
こめ油
生産国日本

こめ油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 04:29 UTC 版)

こめ油米油、こめゆ、こめあぶら、べいゆ) は、米糠から抽出される植物油である。米糠油(こめぬかゆ、こめぬかあぶら)。英語では rice bran oil という。様々な呼び名や書き方があるが、日本農林規格 (JAS) では「こめ油」を使用している。


  1. ^ http://ndb.nal.usda.gov/
  2. ^ a b こめ油のはなし|米油から健康的に【三和油脂株式会社】”. sanwa-yushi.co.jp. 2020年3月19日閲覧。
  3. ^ a b 益山新六「コメ油について」『生活衛生』第13巻第1号、大阪生活衛生協会、1969年、 24–27、 doi:10.11468/seikatsueisei1957.13.24
  4. ^ a b 谷口久次, 橋本博之, 細田朝夫 ほか、「米糠含有成分の機能性とその向上」『日本食品科学工学会誌』 59巻 7号 2012年 p.301-318, doi:10.3136/nskkk.59.301
  5. ^ a b こめ油のヒミツ – 築野食品工業株式会社 | 商品情報サイト”. www.tsuno.jp. 2020年3月19日閲覧。
  6. ^ JAS規格/JASについて”. www.oil-kensa.or.jp. 2020年3月19日閲覧。


「こめ油」の続きの解説一覧




こめ油と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こめ油」の関連用語

こめ油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こめ油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2021
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこめ油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS