Β-カロテンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > カロテノイド > Β-カロテンの意味・解説 

ベータ‐カロテン【beta-carotene/β-carotene】


β‐カロテン

分子式C40H56
その他の名称:β-カロチン、β-カロテン、β-Carotene、β,β-Carotene、β-Carotine、C.I.Food Orange 5、C.I.フードオレンジ5、C.I.40800、all-trans-β-カロテン、all-trans-β-Carotenetrans-β-Carotenetrans-β-カロテン、(1E,3E,5E,7E,9E,11E,13E,15E,17E)-3,7,12,16-Tetramethyl-1,18-bis(1,3,3-trimethylcyclohexene-2-yl)-1,3,5,7,9,11,13,15,17-octadecanonaene
体系名:β,β-カロテン、(1E,3E,5E,7E,9E,11E,13E,15E,17E)-3,7,12,16-テトラメチル-1,18-ビス(1,3,3-トリメチルシクロヘキセン-2-イル)-1,3,5,7,9,11,13,15,17-オクタデカノナエン


β-カロテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 01:44 UTC 版)

β-カロテン(ベータカロテン、ベータカロチン、β-carotene)は、植物に豊富に存在する赤橙色色素の一つ。両末端にβ環を持つ最も一般的なカロテンである。ビタミンAの前駆体(不活性型)である[1]テルペノイドの一つであり、水には溶けないが脂溶性は大きい。




  1. ^ a b Susan D. Van Arnum (1998). Vitamin A in Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology. New York: John Wiley. pp. 99–107. doi:10.1002/0471238961.2209200101181421.a01. 
  2. ^ P. Karrer, A. Helfenstein, H. Wehrli, A. Wettstein (1930). “Pflanzenfarbstoffe XXV. Über die Konstitution des Lycopins und Carotins”. Helvetica Chimica Acta 13: 1084–1099. doi:10.1002/hlca.19300130532. 
  3. ^ 「野菜350g」は本当にカラダにいいの…?食生活のウソホント”. FRIDAYデジタル (2020年7月16日). 2020年11月27日閲覧。
  4. ^ βカロテン摂取で肺がんが増える! データで読み解く食品のウソホント DIAMOND online 2015-07-24
  5. ^ 肺癌リスクのある人にβ-カロテンサプリメントは有害と確認される 日本癌医療翻訳アソシエイツ
  6. ^ カロテン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  7. ^ 『まいにちの中高生のお弁当250』24頁。


「β-カロテン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Β-カロテン」の関連用語

1
α‐カロテン 化学物質辞書
94% |||||

2
76% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
γ‐カロテン 化学物質辞書
76% |||||



8
72% |||||

Β-カロテンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Β-カロテンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのβ-カロテン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS