カロチンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > カロチンの意味・解説 

カロチン [1] [2]ドイツ Karotin】


カロテン

(カロチン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 07:15 UTC 版)

カロテンカロチン: carotene [ˈkærəˌtiːn][1]: Carotin)は、カロテノイドのうち炭素水素とから成る化合物の総称である。植物によって生合成されるが、動物は生合成することができない。カロテンは光合成において重要な橙色光合成色素の一つである。ニンジン: carota: carrot)の橙色の元であり、これがカロテンの語源となっている[2]。しかし、ニンジンだけでなく多くの果物野菜(例えばサツマイモマスクメロン)に含まれている。枯れ葉の橙色や乳脂肪、バター、卵黄の黄色も、カロテンによる着色である。ヒトやニワトリの典型的な黄色脂肪は、それら食物由来のカロテンの脂肪貯蔵の結果である。






「カロテン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カロチン」の関連用語

カロチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カロチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカロテン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS