アスコルビン酸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > アスコルビン酸の意味・解説 

アスコルビン‐さん【アスコルビン酸】

読み方:あすこるびんさん

《(ドイツ)AskorbinsäureビタミンC化学物質名。

「アスコルビン酸」に似た言葉

アスコルビン酸

分子式C6H8O6
その他の名称ビタミンC、セビタミン酸、ビタミンC3、L-キシロアスコルビン酸、L-3-ケトトレオヘキスロン酸ラクトンVitamin CVitamin C3、Cevitamic acid、L-Ascorbic acid、L-Xyloascorbic acid、L-3-Ketothreohexuronic acid lactone、Avitamic acid、アビタミン酸、L(+)-アスコルビン酸、L(+)-Ascorbic acid、アスコルバジェン、アンチスコルブチックビタミン、アンチスコルビックビタミン、アレルコルブ、Cevex、Cevatine、Cevalin、Cetemican、Cascorbat、Cergona、Cereon、Cenetone、Ce-Mi-Lin、Celin、Ceglion、Cegiolan、Cecon、Celione、Cebicure、Catavin C、Cantaxin、Cantan、アスコルチール、アスコリン、セジオラン、セコン、セビオン、セビキュレ、サンタビンC、サンタキシン、サンタン、アスコルビット、Ascorvit、Ascorteal、Ascorin、Ascorbajen、Antiscorbutic Vitamin、Antiscorbic Vitamin、Allercorb、セベックス、セバチン、セバリン、セテミカン、セスコルバット、セルゴナ、セレオン、セネトン、セグリオン、アスコルビン酸、Ascorbic acid、ビスコリン、Viscorin、L-threo-アスコルビン酸、2,3-ジデヒドロ-L-threo-ヘキソノ-1,4-ラクトン、2,3-Didehydro-L-threo-hexono-1,4-lactone、レドキソン、Redoxon、eAsA、エリスロアスコルビン酸、Erythroascorbic acid還元型アスコルビン酸、ヒブリン、Hybrin、ビタシミン、Vitacimin、L-トレオ-ヘキサ-2-エノノ-1,4-ラクトン、アクタミンC、Actamin C、カラシミンC、Carashimin C、シータック、C-Tuck、ハイシー、Hicee、ビーシーVCビタC、Vita C、ビタシン、Vitacin、ミタ-C、Mitah-C、Cebion、Reduced ascorbic acid、L-threo-Ascorbic acid
体系名:L-アスコルビン酸


D‐アスコルビン酸

分子式C6H8O6
その他の名称D-Ascorbic acid、D-(-)-アスコルビン酸、(-)-アスコルビン酸、(S)-5-[(R)-1,2-Dihydroxyethyl]-3,4-dihydroxyfuran-2(5H)-one、(4S,5R)-2,3,4,5,6-Pentahydroxy-2-hexenoic acid 1,4-lactone、D-アスコルビン酸、(-)-Ascorbic acid、D-(-)-Ascorbic acid
体系名:(S)-5-[(R)-1,2-ジヒドロキシエチル]-3,4-ジヒドロキシフラン-2(5H)-オン、(4S,5R)-2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシ-2-ヘキセン酸1,4-ラクトン


ビタミンC

同義/類義語:アスコルビン酸
英訳・(英)同義/類義語:vitamin C

霊長類モルモットでは体内で合できない、抗壊血病作用をもつ水溶性ビタミンで、電子受容体電子供与体として電子受け渡しを行う補酵素として機能するほか、抗酸化剤、ラジカルスキャベンジャーとしての機能を持つ

アスコルビン酸(ビタミンC)

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アスコルビン酸(アスコルビンサン)

ビタミンCの別名です。

アスコルビン酸

水溶性ビタミンCのこと。抗酸化作用が主。アンチエイジング(しみ・しわ)として塗り薬化粧品配合されている。しみ、シワへの効果は弱いが、ニキビには非常に有効。皮脂酸化抑え炎症抑える最近では脂分でうまく囲まれ構造を持つ脂溶性のものも販売され刺激作用がなく皮膚への親和性も高いと言われている。

アスコルビン酸

ビタミンCの事。

アスコルビン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 08:36 UTC 版)

アスコルビン酸(アスコルビンさん、: ascorbic acid)は、栄養素ビタミンCとしてはたらく、ラクトン構造を持つ有機化合物の1種である。光学活性化合物であり、ビタミンCとして知られるのはL体の方である。食品添加物酸化防止剤として、広く使用される。IUPAC命名法では、フランの誘導体と見なして、(R)-3,4-ジヒドロキシ-5-((S)-1,2-ジヒドロキシエチル)フラン-2(5H)-オンと表される。


注釈

  1. ^ ただし、食品の褐変を防止する方法は、1つだけではない。例えば、クエン酸の場合は、クエン酸が金属イオンを捕えて食品の褐変を防いでいるのであって、アスコルビン酸とは機序が異なる。もちろん、例えば果皮を剥いたリンゴの褐変を防止するために食塩水を用いた場合は、リンゴが持つポリフェノールオキシターゼの作用を食塩水が阻害する事を利用して褐変を防いでいるのであって、やはり全く機序が異なる。

出典

  1. ^ Safety (MSDS) data for ascorbic acid”. オックスフォード大学 (2005年10月9日). 2007年2月21日閲覧。
  2. ^ 日本海水学会(編)『塩のことば辞典』 p.89(「褐変防止」の項目) 素朴社 2007年6月10日発行 ISBN 978-4-903773-03-2
  3. ^ BfRによる原著文献(ドイツ語) (PDF)
  4. ^ P30に国立医薬品食品衛生研究所安全情報部による日本語の摘要 (PDF)


「アスコルビン酸」の続きの解説一覧

「アスコルビン酸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アスコルビン酸と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アスコルビン酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アスコルビン酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2022 Takasu Clinic all right reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
イシハライシハラ
Copyright (C) 2022 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスコルビン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS