Weightとは? わかりやすく解説

ウエイト【weight】

読み方:うえいと

ウエート


ウエート【weight】

読み方:うえーと

《「ウエイト」とも》

重量目方体重。特に、ボクシング・レスリング・柔道ウエートリフティングなどの階級にいう。

おもり。特に、トレーニングのために身につけるおもり。「—ジャケット

重要度重点。「大きな—を占める」「趣味に—を置く」

ウエートベルト」の略。


重さ

英訳・(英)同義/類義語:weight

地球上で物体に対して作用する重力質量重力加速度の積。
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  遺伝的連続性  遺伝的類似性  配偶体型自家不和合性  酵素活性  酸性  重さ  重力屈性

Weight

作者マーガレット・アトウッド

収載図書マーガレット・アトウッド短編集
出版社ロングマン・ジャパン
刊行年月1998.2
シリーズ名ロングマン現代作シリーズ


Weight

名前 ウェイト

重さ

(Weight から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 02:55 UTC 版)

重さ(おもさ、weight)または、重量(じゅうりょう、weight)には文脈により2つの意味があり、物体の質量(mass)を意味する場合と、物体に働く重力の大きさ、すなわち(force)を意味する場合がある。かつては工学分野においては、物体の質量とそれが及ぼす力(または荷重)を厳密には区別せずに議論や計算を行っていた(重力単位系)が、現在では厳密に区別している。


注釈

  1. ^ NIST SP 330(SI)2019年版 p.46, 下欄 Editors' note: In the United States the term “weight” is used to mean both force and mass. In science and technology this declaration is usually followed, with the newton (N) the SI unit of force and thus weight. In commercial and everyday use, and especially in common parlance, weight is often (but incorrectly) used as a synonym for mass, the SI unit of which is the kilogram (kg). 訳:米国では、「weight」の語は、force(力)とmass(質量)の両方の意味で用いられる。科学技術分野においては、この宣言(1901年のCGPM)は通常守られている(単位はforce(力)したがってweight(重さ)のSI単位であるニュートン(N)を用いる)。商業上の使い方と日常の使い方では、特に俗用としては、weight の語は、しばしば(しかし間違って) mass(質量) の同義語として使われている(SI単位はキログラム(kg)である)。
  2. ^ NIST SP330(1981)p.18, 3d CGPM 1901, USA Editors' note. "In the USA, ambiguity exists in the use of the term weight as a quantity to mean either force or mass. In science and technology this declaration (CGPM(1901)) is usually followed, with the newton the corresponding unit. In commercial and everyday use, weight is often usedn in the sense of mass for which the SI unit is the kilogram." 訳:米国では、量を表す「weight」の語の使い方には、force(力)を意味するのか、mass(質量)を意味するのかについて曖昧さが存在する。科学技術分野においては、この1901年のCGPM声明は通常守られている(単位はニュートン)。商業上の使い方と日常の使い方としては、weight の語は、しばしば mass(質量) の意味で使われている(単位はキログラム)。
  3. ^ この定義は、2018年の第26回国際度量衡総会(決議1)によって廃止された。
  4. ^ この gn の値は、現在は排除されている単位であるキログラム重を計算するための協定参照値である。

出典

  1. ^ 有馬朗人ほか70名、(中学校教科書)理科の世界1、p.183 「くらしの中では,「重さ」を質量という意味でも重力の大きさという意味でも使うことがあるよ。でも理科では重さと質量はちがう意味で使うよ。」、2020年3月2日検定済、大日本図書ISBN 978-4-477031750
  2. ^ 「質量」をどう教えるか - ニュートンの質量の定義に戻って - 吉埜和雄・興治文子、新潟大学教育学部研究紀要第10巻第2号、p.127、6.重力と質量を区別しなくとも日常生活では不自由しない、2017年10月23日受理
  3. ^ 有馬朗人ほか58名、「たのしい理科3年」、p.166、もののしゅるいと重さ、「重さは, グラムというたんいで表され・・・」、2019年3月5日検定済、大日本図書、ISBN 978-4-477-03122-4、2021年2月5日再版発行
  4. ^ The American Heritage Dictionary, Second College Edition, p.1371, Houghton Mifflin Company, 1982, ISBN 0-395-32943-4 1)A measure of the heaviness or mass of an object. 2)The gravitational force exerted by the earth or another celestial body on an object, equal to the product of the object's mass and the local value of gravitational acceleration.
  5. ^ [1] BIPM 著、産業技術総合研究所 計量標準総合センター 訳 『国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版』産業技術総合研究所 計量標準総合センター、2020年3月、126-127頁。 



Weight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 03:48 UTC 版)

ウェイト」の記事における「Weight」の解説

重さ重量物事重要性ボクシングや、レスリングなどにおいて、体重別の階級重し、錘。ウエイトトレーニングウエイトリフティングバーベルや、スキューバダイビングなどで浮力抑えるために使用されるものや、ペーパーウェイトなど。 フォントにおける太さ。「ウエイト」と表記されることが多い。 ザ・バンド1968年発表した楽曲。→ザ・ウェイトを参照数学 ウェイト (表現論) モジュラー形式ウェイト荷重位相空間ウェイト荷重

※この「Weight」の解説は、「ウェイト」の解説の一部です。
「Weight」を含む「ウェイト」の記事については、「ウェイト」の概要を参照ください。


WEIGHT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:11 UTC 版)

ラグナロクオンライン」の記事における「WEIGHT」の解説

所持重量。現在持っているアイテム総重量所持できる重量最大値表示され総重量最大値50以上になると座っている時などの自動回復が行われなくなり装備品などの追加効果による回復通常通り行われる)、90を超えるスキル使用攻撃一切出来なくなる。STRによって上昇する他、商人キャラクタースキルによって増やす事が可能。また専用アイテム使用する事により職業関係なく最大で+2000まで上限増やせる

※この「WEIGHT」の解説は、「ラグナロクオンライン」の解説の一部です。
「WEIGHT」を含む「ラグナロクオンライン」の記事については、「ラグナロクオンライン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Weight」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Weightのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Weightのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2022 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェイト (改訂履歴)、ラグナロクオンライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS