ウエイトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ウエイトの意味・解説 

ウエイト【weight】

読み方:うえいと

ウエート


ウエイト

一般的にはパチスロにおける1プレイごとの「待ち時間」を指す。現行の機種4.1規制あるため速く打てば打つほどウエイトが長くなるわけだ。速く打つこと自慢したい人は、「この前『北斗の拳』高設定つかんでさ、ウエイトかけまくりで打って1万5000抜いといたよ」みたいな言い方をしよう。

ウェイト

(ウエイト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 03:48 UTC 版)

Waite は、英国などにみられる姓。




「ウェイト」の続きの解説一覧

ウエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 23:51 UTC 版)

ダイビング器材」の記事における「ウエイト」の解説

詳細は「:en:Diving weighting systemを参照 保護スーツなどの器材浮力有するため、これらを身に付け潜行することは不可能ないし困難であるこうした浮力相殺し潜行可能ないし容易にするため、金属主として鉛)製の錘を身に付けることが必要になるダイビングではこれを「ダイビングウエイト/ダイビングウェイト(英: diving weights)」、システムを「ダイビングウエイトシステム/ダイビングウェイトシステム(英: diving weighting system)」といい、それぞれ略して「ウエイト/ウェイト英: weights)」「ウエイトシステム/ウェイトシステム(英: weighting system)」と呼んでいる。 穴の空いた錘をナイロンなどの繊維でできたベルトに取付け腰に装着する場合が多いが、ポケットに錘を入れたベスト状の器具(ウエイトベスト)や、BC組み込まれたウエイト専用ポケット使用する場合もある。こうしたベルトポケットは、緊急時に錘を捨てて浮上することができるよう、身体からワンタッチ取り外せるようになっているクイックリリース)。装着したウェイトベルト先端たくし込むなどの「端末処理」は、クイックリリース妨げとなるので禁則事項である。 BCDウェイト装着する場合ウェイト専用ポケット以外のポケットには原則としてウェイト入れてはいけない。第一理由クイックリリースできないことで、ウェイト脱落ポケット破損などのデメリットもある。

※この「ウエイト」の解説は、「ダイビング器材」の解説の一部です。
「ウエイト」を含む「ダイビング器材」の記事については、「ダイビング器材」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウエイト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ウエイト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウエイトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウエイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2022 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイビング器材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS