バーコードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 符号 > バーコードの意味・解説 

バー・コード bar code

黒と白の縦ライン組み合わせによるコード表示のこと。商品バー・コード・ラベルを添付して、ポスPOS)・システム価格自動読み取りするために用いられる日本ではJAN(ジャパニーズ・アティクル・ナンバー)コード体系採用し、8あるいは13のものが用いられている。

バーコード

【英】bar code, barcode

バーコードとは、太さ異な数本縦縞の線によって、文字数字記号などの情報記録できるコードのことである。

バーコードは、主に紙などの媒体印刷して用いられている。バーコードに記録されたデータ取得するには、バーコードリーダー呼ばれる専用光学式読み取り装置用いられる。バーコードはシール印刷すれば食料品衣料品など様々な商品パッケージ貼り付けて利用可能なため、商品流通情報リアルタイム把握するPOS販売時点情報管理システムをはじめ物流分野などにおいて広く利用されている。

バーコードを利用するには、コード表示するスペースと、バーコードを独立して認識させるための余白部分確保することが必要であるまた、光学式読取装置正常に読み取りを行うために表示場所はある程度平坦な面を選ぶ必要もある。

なお、線の太さ情報記録するバーコードに対して平面上のドット配置によって情報記録するタイプ記録方法登場しており、これは2次元バーコードなどと呼ばれている。2次元バーコード代表的な規格としてはQRコードがある。


参照リンク
バーコード基礎知識:バーコードホットライン - (キーエンス

バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:55 UTC 版)

バーコード: barcode)は、縞模様状のの太さによって数値文字を表す識別子の一種である。仕組みとしては、数字・文字・記号などの情報を一定の規則に従い、一次元のコードに変換している。これを主に店頭などで使われているレジスターや、流通過程で使用されている各種の管理用情報端末などの機械が、読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしている。


  1. ^ 出典:米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 2006年 483頁


「バーコード」の続きの解説一覧

バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 14:56 UTC 版)

対人可読媒体」の記事における「バーコード」の解説

統一商品コード (UPC) のバーコードは我々人間にとっては非常に読みづらいが,その読取特化した機械にとっては確実で信頼性に富む情報である。一方でバーコードの情報としてUPCに付与され割り当て番号数列は,人間にとって読みやすいものである。バーコードを扱う数多く小売店において,バーコードに付与され対人可読数列一部紐付けされた商品の価格表わしている。

※この「バーコード」の解説は、「対人可読媒体」の解説の一部です。
「バーコード」を含む「対人可読媒体」の記事については、「対人可読媒体」の概要を参照ください。


バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 03:50 UTC 版)

多重人格探偵サイコ」の記事における「バーコード」の解説

ガクソ人為的に生み出したサンプル、又はスペア左目存在する管理コード。バーコードの数字の上管理ナンバー、下四サンプルデータを示す上六のうち真ん中二桁が、サンプルとなった肉体にバーコードが処置された年度を示し、A.L.(ルーシー暦)という特殊な暦が使われている。A.L.とは「After Lucy」の略でルーシー・モノストーン死んだ年を基準にする。

※この「バーコード」の解説は、「多重人格探偵サイコ」の解説の一部です。
「バーコード」を含む「多重人格探偵サイコ」の記事については、「多重人格探偵サイコ」の概要を参照ください。


バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 09:47 UTC 版)

グラフィックデザイン」の記事における「バーコード」の解説

バーコード(ユニバーサル・プロダクト・コード)は、機械エンジニアであったジョゼフ・ウッドランドが1952年開発した線型スキームである。スキャナーでの読み取りやすさ、製品への押印しやすさなどの機能面重視して作られた

※この「バーコード」の解説は、「グラフィックデザイン」の解説の一部です。
「バーコード」を含む「グラフィックデザイン」の記事については、「グラフィックデザイン」の概要を参照ください。


バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 05:29 UTC 版)

ZERO (やまざき貴子の漫画)」の記事における「バーコード」の解説

ZOOにおいて、主にキャッシュカードIDカードのような役割果たし発信機としての機能もある。

※この「バーコード」の解説は、「ZERO (やまざき貴子の漫画)」の解説の一部です。
「バーコード」を含む「ZERO (やまざき貴子の漫画)」の記事については、「ZERO (やまざき貴子の漫画)」の概要を参照ください。


バーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 13:44 UTC 版)

ユーロ紙幣」の記事における「バーコード」の解説

ユーロ紙幣を光に向けてかざすと、透かしの右のあたりに金属のような複数の線が見える。この線の数と幅で紙幣金種がわかるようになっている。この部分マンチェスター符号としてスキャンされる。 金種バーコードマンチェスター€5 0110 10 10010 0101 10 11020 1010 1010 000050 0110 1010 1000100 0101 1010 1100200 0101 0110 1110 €500 0101 0101 1111裏面から見て、濃いバーを1、薄いバーを0とする)

※この「バーコード」の解説は、「ユーロ紙幣」の解説の一部です。
「バーコード」を含む「ユーロ紙幣」の記事については、「ユーロ紙幣」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バーコード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「バーコード」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




バーコードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バーコードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バーコードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本バーコード日本バーコード
Copyright 1997-2022 (c) Nippon Barcode Co.,Ltd.. All rights are reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバーコードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの対人可読媒体 (改訂履歴)、多重人格探偵サイコ (改訂履歴)、グラフィックデザイン (改訂履歴)、ZERO (やまざき貴子の漫画) (改訂履歴)、ユーロ紙幣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS