パンチカードとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > パンチカードの意味・解説 

パンチカード

粋な意味での機械による処理(220-4)には、電子機器 1利用は含まれなかったが、それはかつての製表機 2記録機 2に取って代わるものとなり、しかもずっと多目的なものになっている多く場合情報にはまず符号づけ(221-1*)が行われ、次に穿孔機 4用いてパンチカード 3転記される。カード穿孔検査機 5は、穿孔正確性検査するために用いられる機械である。コンピューターへのデータ入力方法としてはパンチカードがまだ利用されているので(訳注)、これらの2種類の記録機が、一般的に用いられている。一方カード分類機 6製表機 7のような他の記録機利用減少てきている。パンチカードに頼らず、データ直接磁気テープ(226-4参照)や磁気ディスク(226-5参照)に入力することが多くなっている。


パンチカード

作者奥田

収載図書ホタル 増補
出版社奥田恵
刊行年月2006.6


パンチカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 15:40 UTC 版)

パンチカードは、穿孔カードなどともいう、厚手のに穴を開けて、その位置や有無から情報を記録する記録媒体で、以前には鑽孔紙テープとともに多用された。電子式コンピュータ以前のタビュレーティングマシン(パンチカードシステム)の時代から多用されたものであるが、近年はコンピュータ用の主力メディアとしては過去のものとなっている。画像などといった大容量のデータを負担なく扱えるようになる以前には、四角い窓を作ってそこに写真フィルムを張る、といった使い方や、端に切れ込みを入れて串を使った手作業で分類できる edge-notched card(#ハンドソートパンチカードの節を参照)など、紙テープとは違ったカードならではの使い方もある。




  1. ^ Korsakov's "Intellectual machines"
  2. ^ 階差機関」ではない
  3. ^ Columbia University Computing History – Herman Hollerith
  4. ^ 直接の関係は無いが、古いFORTRANのソースコード中では、現代のプログラミング言語では "ABC" と書くような文字列を 3HABC のように「(文字数)H……」のように書いたのだが、この H はホレリスにちなんだものだとされており、Hollerith string literal という通称がある。
  5. ^ History of the punch card
  6. ^ a b IBM Archive: Endicott card manufacturing
  7. ^ Lubar, Steven (1993). InfoCulture: The Smithsonian Book of Information Age Inventions. Houghton Mifflin. p. 302. ISBN 0-395-57042-5. 
  8. ^ いわゆる「コーディング用紙」は、元々はプログラミング言語以前の時代に発生したものだが、この時代にこの目的などで多用されたものであった。
  9. ^ Aspray (ed.), W. (1990). Computing before Computers. Iowa State University Press. p. 151. ISBN 0-8138-0047-1. 
  10. ^ Punchcards アメリカ合衆国連邦選挙委員会 2011年10月6日閲覧
  11. ^ http://www.npc-web.co.jp/ にある「当サイトからのごあいさつ」を参照。現在製造終了。
  12. ^ "An important function in IBM Accounting is the automatic preparation of IBM cards." IBM 519 Principles of Operation, Form 22-3292-5, 1946
  13. ^ "The IBM 1402 Card Read-Punch provides the system with simultaneous punched-card input and output. This unit has two card feeds." Reference Manual 1401 Data Processing System, Form A24-1403-4, 1961
  14. ^ a b IBM Archives: Fred M. Carroll
  15. ^ IBM (1956). The Design of IBM Cards. 22-5526-4. オリジナルの2010年8月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100809095427/http://www.bitsavers.org/pdf/ibm/cardProc/22-5526-4_The_Design_of_IBM_Cards_Mar56.pdf. 
  16. ^ Railroad Gazette, April 19, 1895
  17. ^ アメリカ合衆国特許第395,781号, アメリカ合衆国特許第395,782号, アメリカ合衆国特許第395,783号
  18. ^ History.rochester.edu Archived 2010年6月14日, at the Wayback Machine.
  19. ^ a b [-245-] An Electric Tabulating System, The Quarterly, Columbia University School of Mines, Vol.X No.16 (April 1889)
  20. ^ Columbia University Computing History: Hollerith 1890 Census Tabulator
  21. ^ Plates from: Comrie, L.J. (1932). “The application of the Hollerith Tabulating Machine to Brown's Tables of the Moon”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 92 (7): 694–707. Bibcode 1932MNRAS..92..694C. http://www.columbia.edu/cu/computinghistory/mnras.html. 
  22. ^ Comrie, L.J. (1932). “The application of the Hollerith tabulating machine to Brown's tables of the moon”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 92 (7): 694–707. Bibcode 1932MNRAS..92..694C. http://articles.adsabs.harvard.edu/full/seri/MNRAS/0092//0000694.000.html 2009年4月17日閲覧。. 
  23. ^ IBM Archive: 1928.
  24. ^ IBM Archive: Old/New-Cards.
  25. ^ p. 405, "How Computational Chemistry Became Important in the Pharmaceutical Industry", Donald B. Boyd, chapter 7 in Reviews in Computational Chemistry, Volume 23, edited by Kenny B. Lipkowitz, Thomas R. Cundari and Donald B. Boyd, Wiley, 2007, ISBN 978-0-470-08201-0.
  26. ^ IBM (1953). Principles of IBM Accounting. 224-5527-2. 
  27. ^ a b Jones, Douglas W.. “Punched Card Codes”. 2007年2月20日閲覧。
  28. ^ 特殊記号は英数字以外の文字で、例えば "&#,$.-/@%*?" など
  29. ^ Winter, Dik T.. “80-column Punched Card Codes”. 2007年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月6日閲覧。
  30. ^ Mackenzie, C.E. (1980). Coded Character Sets, History and Development, Addison-Wesley, page 7
  31. ^ LoTurco, Ed (January 2004) (PDF). The Engineering Aperture Card: Still Active, Still Vital. EDM Consultants. オリジナルの2007年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071128162738/http://www.aiimne.org/library/LoTurcoWhitePaper1.pdf 2007年10月10日閲覧。. 
  32. ^ IBM Archive: Port-A-Punch
  33. ^ IBM Field Engineering Announcement: IBM System/3
  34. ^ Winter, Dik T. “96-column Punched Card Code”. 2007年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月6日閲覧。
  35. ^ a b The Punched card
  36. ^ Aspray (ed.), W. (1990). Computing before Computers. Iowa State University Press. p. 142. ISBN 0-8138-0047-1. 
  37. ^ Winter, Dik T.. “90-column Punched Card Code”. 2005年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月6日閲覧。
  38. ^ Punch Card Gallery
  39. ^ IBM Archives/Business Machines: Fred M. Carroll
  40. ^ IBM Archives: (IBM) Carroll Press
  41. ^ a b Belden, Thomas; Belden, Marva (1962). The Lengthening Shadow: The Life of Thomas J. Watson. Little, Brown & Company. 
  42. ^ IBM Archives:1939 Layout department
  43. ^ Mayalin.com
  44. ^ Lubar, Steven. “Do Not Fold, Spindle Or Mutilate: A Cultural History Of The Punch Card”. Journal of American Culture 1992 (Winter). http://design.osu.edu/carlson/history/PDFs/lubar-hollerith.pdf 2011年6月12日閲覧。. 
  45. ^ 角川文庫昭和49年版 p. 99
  46. ^ http://www.google.com/patents/US3045905


「パンチカード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンチカード」の関連用語

パンチカードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パンチカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンチカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS