国勢調査とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 国勢調査の意味・解説 

こく せいちょうさ -てう- [5] 【国勢調査】 〔census〕

日本居住するすべての人を対象にした、年齢世帯就業住宅など人口基礎的属性を知るための調査1920年大正9)に第一調査行い45年昭和20)を除いて五年ごとに実施されてきた。


国勢調査(こくせいちょうさ)(census)

日本全国一斉に行われる5年1度人口統計調査

調査員全国すべての家庭まで足を運び人口世帯実態調査する。1920年 (大正 9年) の第1回調査始まり5年1度西暦でちょうど5の倍数となる年に実施される。2000年17回目の調査となり、2000年10月1日付の人口統計明らかになる

国勢調査の結果は、広く行政サービスを進めていく上で基礎資料として使われる。例えば、国政選挙における「一票の格差」を是正するとき、この国勢調査の人口統計にしたがって議員定数選挙区見直される。その他、市町村政令指定都市設置基準地方交付税交付金算定などの基礎資料となる。

また、年金介護保険などの社会保障制度運用していくためには、将来人口予測を正確に行うことが必要不可欠となるわけで、国勢調査は人口統計基礎資料として威力発揮することになる。

国勢調査は、法律統計法)に基づいて総務庁統計局実施するが、日本の人動態把握する同様のものに、自治省市町村住民基本台帳により算出する住民基本台帳人口がある。

なお、国勢調査の結果は、「国政調査報告」にまとめられる。

関連キーワード「一票の格差
関連キーワード「地方交付税交付金
関連キーワード「住民基本台帳

(2000.09.22更新


国勢調査

【英】census

わが国人口の状況明らかにするため、大正9年以来5年ごとに行なわれている調査最新の国勢調査は平成7年1995年)、したがって平成12年2000年10月、国勢調査年になる。調査内容は、性別年齢配偶関係学歴住所移動就業状況利用交通手段世帯種類住居などについて行う。調査結果公表は、速報抽出集計などで、全国編、都道府県編、人口移動編など、膨大な資料として逐次発表される。

国勢調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 14:14 UTC 版)

国勢調査(こくせいちょうさ、: Census: 人口普查)は、ある時点における人口および、その性別年齢配偶の関係、就業の状態や世帯の構成といった人口および世帯に関する各種属性のデータを調べる「全数調査」。国勢調査の統計は、人口統計の中で静態統計に分類される。


注釈

  1. ^ ニュース番組など各種報道等におけるNHK及び民放キー局アナウンサーらによる誤読がしばしば見受けられる事案がその具体例の一つとして広く認知されるところである。また、調査票を配る調査員の中にも当該誤りが散見されることは公知の事実である。

出典

  1. ^ a b c d 『Principles and Recommendations for Population and Housing Censuses, Revision 2』United Nations 2008年
  2. ^ a b c d e f g 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  3. ^ 『United Nations Fundamental Principles of Official Statistics』United Nations 1994年
  4. ^ 2007年6月29日付配信 NNAニュース




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国勢調査」の関連用語

国勢調査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国勢調査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国勢調査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS