動態とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 動態の意味・解説 

どう‐たい【動態】

読み方:どうたい

物事動いている状態。また、変化してゆく状態。「人口の―調査」⇔静態


動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 06:58 UTC 版)

水素水」の記事における「動態」の解説

水素は分子が小さいために迅速に生体膜通過し細胞の核ミトコンドリアまで達し、また血液脳関門通過する水素水摂取したマウス血液からは水素検出されヒトでは呼気中の水素摂取10分で最高濃度達し60以内元に戻る。うち40パーセント体内消費されているために、その一部体内捕捉されたことを示している考えられている。 2014年国立成育医療センターは、ガスクロマトグラフィー用いた研究で、ラット(1)水素ガス吸入(2)高濃度水素水経口投与(3)超高濃度水素生理食塩水腹腔内および静脈内投与行った際のラット血液および組織水素濃度推定している。

※この「動態」の解説は、「水素水」の解説の一部です。
「動態」を含む「水素水」の記事については、「水素水」の概要を参照ください。


動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 02:36 UTC 版)

ステビア」の記事における「動態」の解説

動物実験によれば経口投与されたステビオシド小腸では吸収されず、腸内細菌によってステビオール分解される。このステビオール最終生成物であり、構造変えず排出される

※この「動態」の解説は、「ステビア」の解説の一部です。
「動態」を含む「ステビア」の記事については、「ステビア」の概要を参照ください。


動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 01:20 UTC 版)

アスパルテーム」の記事における「動態」の解説

アスパルテームヒトサル経口投与すると、消化管内で分解されメタノール、L-アスパラギン酸L-フェニルアラニン遊離する。これらは腸管内から容易に吸収され体内へと入る。L-アスパラギン酸L-フェニルアラニン天然型のアミノ酸である。したがって、吸収され後は通常のアミノ酸と同様代謝され、体内タンパク質材料されたり脱アミノ化された後にエネルギー源として分解されることが報告されている 。このために、アスパルテーム生理的熱量は、一般的なタンパク質と同様の約4 (kcal/g)とされている。 これに対してメタノールは、吸収され後に酸化されホルムアルデヒド、さらに酸化されて蟻酸生じ失明致死どの人体への毒性知られている。ただし、調味料として普通に使うアスパルテームの量は微量あるため健常人であれば遊離されメタノールなどによる急性毒性は、事実上問題にならない。なお、毒性に関してより詳しくは「安全性の評価の節を参照のこと。

※この「動態」の解説は、「アスパルテーム」の解説の一部です。
「動態」を含む「アスパルテーム」の記事については、「アスパルテーム」の概要を参照ください。


動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:37 UTC 版)

ミノサイクリン」の記事における「動態」の解説

アルミニウム・カルシウム・マグネシウムを含有している制酸剤、または含有製剤によって損なわれるが、乳製品を含む食事と同時にミノサイクリン摂取しても、吸収の程度と時間は、絶食条件下との差は認められなかった。

※この「動態」の解説は、「ミノサイクリン」の解説の一部です。
「動態」を含む「ミノサイクリン」の記事については、「ミノサイクリン」の概要を参照ください。


動態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 08:36 UTC 版)

パリトキシン」の記事における「動態」の解説

環境中でのパリトキシンの動態はまだ完全に解明されていないが、パリトキシン類縁体第一生産者有毒渦鞭毛藻 (Ostreopsis siamensis) であると考えられている。スナギンチャクには褐虫藻などが共生しているのが分かっており、そういった藻類からスナギンチャクパリトキシン蓄積される、という経路1つ選択肢である。そしてアオブダイ等のスナギンチャクを餌として捕食するので、結果としてアオブダイパリトキシン溜まり、そのアオブダイ人間食べると中毒起こす、と考えられている。なお、加熱して毒性失われない

※この「動態」の解説は、「パリトキシン」の解説の一部です。
「動態」を含む「パリトキシン」の記事については、「パリトキシン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「動態」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

動態

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:44 UTC 版)

名詞

どうたい

  1. 変動している状態

発音(?)

ど↗ーたい

対義語


「動態」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



動態と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動態」の関連用語

動態のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動態のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水素水 (改訂履歴)、ステビア (改訂履歴)、アスパルテーム (改訂履歴)、ミノサイクリン (改訂履歴)、パリトキシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの動態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS