受身とは?

うけ‐み【受(け)身】

攻撃されて、もっぱら防ぐ立場にあること。「鋭い追及にあって受け身に回る」

他から働きかけられるだけで、こちらから積極的に出ない、消極的な態度・ようす。「受け身の学習自分のためにならない

柔道で、投げられたり倒されたりした際、けがをしないように腕で床を打ったりして衝撃やわらげ倒れ方法。「受け身をとる」

文法で、主語が他からの動作作用を受ける意を表す言い方文語では、動詞未然形助動詞「る」「らる」(古くは「ゆ」「らゆ」)、口語では助動詞「れる」「られる」を付けて言い表す受動態


受身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 22:33 UTC 版)

受身(うけみ)は以下の意味で用いられる。




「受身」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「受身」の関連用語

受身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



受身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの受身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS