転倒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 転倒の意味・解説 

てん‐とう〔‐タウ〕【転倒/×顛倒】

読み方:てんとう

[名](スル)古くは「てんどう」とも》

さかさまになること。また、さかさまにすること。「上下関係が―する」「主客―」「本末―」

倒れること。「つまずいて―する」

あわてふためくこと。動転。「気が―する」

《「てんどう」と読む》仏語正し理に反すること。道理にそむく考え

「転倒」に似た言葉

転倒

作者堀江かど江

収載図書日本プロレタリア文学23 婦人作家集 3
出版社新日本出版社
刊行年月1987.11


転倒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 18:34 UTC 版)

転倒(てんとう、顚倒あるいは顛倒とも)とは、たおれることである。


  1. ^ Granek, 1989
  2. ^ 凍結路面では「ペンギン歩き」を、ドイツ医師会が注意喚起ロイター(2017年1月6日)2017年1月12日閲覧


「転倒」の続きの解説一覧

転倒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:51 UTC 版)

置換 (数学)」の記事における「転倒」の解説

詳細は「転倒 (数学)を参照 置換 σ の転倒とは、置換成分逆転する、即ち i < j かつ σi> σj となるような位置の対 (i, j) を言う。故に descent とは、二つ隣接する位置における転倒に他ならない例えば、置換 σ = 23154 は三つの転倒 (1,3), (2,3), (4,5) をそれぞれ成分の対 (2,1), (3,1), (5,4) において持つ。 あるいは転倒を、順番逆になる値の対 (σi, σj) と定め場合もある。こうしても転倒の数(転倒数)は変化しないし、この逆順にされた対は逆置換 σ−1 の上述べた意味での逆転になる。転倒数置換成分どれほど入れ違いになっているかの度合いを表す重要な測度であり、σ と σ−1 とでは転倒数同じになる。k 個の転倒を持つ置換を正順にする(恒等置換変換する)ために、基本互換隣接互換)を続けて(右乗によって)適用する方法が常に可能でそのような操作を k 個並べた列が必要になる。さらに言えば基本互換をうまく選ぶ方法があって、それには各段階において i がその置換descent のときに i と i + 1 とを入れ替えて、i が descentないようにすれば十分である(この操作目当てdescent解消しても、別のところに descent ができるかもしれない)。この操作によって転倒数は 1 減少するから、それで転倒数が 0 になったときにそれが恒等置換でないならば少なくも一つdescent存在することに注意するバブルソートおよび挿入ソートこの方法で列を正順にする特定の実例解釈することができる。ついでながらこの方法で任意の置換 σ が基本互換の積に表せることが示せる。これにより置換 σ は、それを表す互換の列を単に逆転させることで、恒等置換することができる。実は、σ を恒等置換にする基本互換の列を全て数え上げることにより(それを逆順にして)、σ の基本互換の積として表す長さ最短の表示全て見つけることができる。[訳語疑問点] 転倒数 k を持つ n の置換総数はメイホン数によって表される。それは(X を q に置き換えてq 階乗 [n]q! と呼ばれる積 ∏ m = 1 n ∑ i = 0 m − 1 X i = 1 ( 1 + X ) ( 1 + X + X 2 ) ⋯ ( 1 + X + X 2 + ⋯ + X n − 1 ) {\displaystyle \prod _{m=1}^{n}\sum _{i=0}^{m-1}X^{i}=1(1+X)(1+X+X^{2})\cdots (1+X+X^{2}+\cdots +X^{n-1})} の展開における Xk係数である。

※この「転倒」の解説は、「置換 (数学)」の解説の一部です。
「転倒」を含む「置換 (数学)」の記事については、「置換 (数学)」の概要を参照ください。


転倒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 13:50 UTC 版)

秋田弁の音韻」の記事における「転倒」の解説

隣接する音節同士入れ替わったり、清濁交代したりして発音されることがある例えホトンド(ほとんど)がホドントと発音されたり、ヤガマシ(やかましい)がヤガシマエを経てヤガシメァになったり、オドデナ(一昨日)がオデドナになっていたりする。

※この「転倒」の解説は、「秋田弁の音韻」の解説の一部です。
「転倒」を含む「秋田弁の音韻」の記事については、「秋田弁の音韻」の概要を参照ください。


転倒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 19:59 UTC 版)

式守伊之助 (41代)」の記事における「転倒」の解説

2013年9月場所3日目 関脇妙義龍小結髙安髙安左上手からの上手捻り妙義龍横転させた際、妙義龍の足が勘太夫危うく接触しかけたが、避け間もなくバランス崩し自らも倒れハプニングがあった。 2013年9月場所10日目 横綱土俵入り また十両格の頃にも、力士接触していないのに関わらず滑って尻もちをつくように転倒したことがあった。観客大歓声で、呼出の琴吉たちが笑っている場面TV映ったという。

※この「転倒」の解説は、「式守伊之助 (41代)」の解説の一部です。
「転倒」を含む「式守伊之助 (41代)」の記事については、「式守伊之助 (41代)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「転倒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

転倒

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 14:37 UTC 版)

別表記

名詞

 てんとう顛倒」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. ひっくり返ること。さかさまになること。
  2. つまづいたりして倒れること。
  3. 気が動転すること。
  4. 仏教)(てんどう真実した考えをすること。また、その考え

発音(?)

て↗んとー

動詞

活用


「転倒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



転倒と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「転倒」の関連用語

転倒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



転倒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの転倒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの置換 (数学) (改訂履歴)、秋田弁の音韻 (改訂履歴)、式守伊之助 (41代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの転倒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS