かんがえとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > かんがえの意味・解説 

かんがえ かんがへ [3]考え

考えること。また、考えた内容、考えて得た結論決意など。 そのことを-に入れておく -がまとまらない 良い-がある 父の-を聞く


考え、勘え

読み方:かんがえ

ア行下一段活用動詞考える」「勘える」の連用形である「考え」「勘え」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

寒河江

読み方
寒河江かんがえ

かんがえ

出典:『Wiktionary』 (2020/05/03 14:02 UTC 版)

動詞

かんがええ】

  1. かんがえる」の未然形
  2. かんがえる」の連用形

名詞

かんがええ】

  1. (「考える」の連用形名詞化)「考える」こと、「考えた」こと、解決などの目的を持って思いめぐらすこと。
    1. 考慮思慮
    2. 発想アイデア
    3. 意見見解
    4. 意向、心づもり。
    5. 判断見通し想定
    6. 強い異論対抗意思
      • お前らがそんなことをするのなら、こっちにだって考えがある。

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かんがえ」の関連用語

かんがえのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かんがえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかんがえ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS