決意とは? わかりやすく解説

けつ‐い【決意】

読み方:けつい

[名](スル)自分の意志はっきりと決めること。また、その意志決心。「—の程を語る」「固く—する」

決心[用法]

「決意」に似た言葉

決意

作者森瑤子

収載図書カサノバのためいき世にも短い物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1988.3


決意

作者下林益夫

収載図書第四創作集―28短篇
出版社美濃国出版
刊行年月1998.5


決意

作者矢島正雄

収載図書顔―この世たった一人覚えてる...
出版社三五
刊行年月1999.4
シリーズ名矢島正雄作品集


決意

作者宮本治久

収載図書群舞
出版社新風舎
刊行年月2004.8


決意

作者樋口郁恵

収載図書21人の四季ものがたり
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


決意

作者平山夢明

収載図書ゆるしてはいけない
出版社角川春樹事務所
刊行年月2006.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


決意 (decisions, decisions)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 05:49 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク」の記事における「決意 (decisions, decisions)」の解説

舞台ラクーン大学

※この「決意 (decisions, decisions)」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク」の解説の一部です。
「決意 (decisions, decisions)」を含む「バイオハザード アウトブレイク」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク」の概要を参照ください。


決意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 05:49 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク」の記事における「決意」解説

ピーター・ジェンキンスPeter jenkinsラクーン大学教員で、ジョージ友人大学内でグレッグと共にT-ウィルス対抗するための試薬デイライト」を作り出したが、その途中でグレッグ本当の目的気付き始め混乱の中でデイライト」をジョージ託すため大学呼び寄せるもプレイヤーキャラ達が発見した時は既に死亡していた。 「VH」ではゾンビとなってプレイヤー襲いかかるグレッグ・ミューラー(Grec Müllerラクーン大学教員で、元アンブレラ研究員あり、かつてヨーコ検体実験被験者とし、記憶一部抹消した張本人でもある兵器に対して独自の美学を持っており、「兵器というものは力だけではなく美しく独創的神々しくなけれならない」と説いている。アンブレラ裏切った後はアンブレラ対抗する」と称してピーター利用し、「デイライト」を製造独占しようと、プレイヤー泳がせてデイライト作成させ、同時に自身の最高傑作称するタナトス」を解き放っ性能を試す計画立てていたが、最後アンブレラ傭兵 によって射殺される

※この「決意」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク」の解説の一部です。
「決意」を含む「バイオハザード アウトブレイク」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク」の概要を参照ください。


決意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:15 UTC 版)

バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の記事における「決意」解説

モーブ支援者である統一政府議員レオニードはからいモーブ特別区学園編入しガレットは、共にモーブ未来を考えヴァルト親交を深めていく。しかし、奸計嵌められルシアンの死ゆえに「バトルスピリッツというルール基づ解決」に不信感抱いていたヴァルトは、武装蜂起統一政府制圧しモーブ新たな支配者となることを考えていた。更に二人ルシアン死について調べていくうちにレオニードこそがその死を引き起こした黒幕であり、レオニードモーブ支援者装いつつ影からルシアンデッキ情報流出させるなどモーブ弾圧汚職手を染めた悪人判明ヴァルトは父の敵であるレオニード殺害しようとするもガレット妨害され失敗に終わる。 3027年、ガレットヴァルトと、「ヴァルト勝てばガレットヴァルトに従って武力蜂起力を貸しガレット勝てばガレットヴァルト袂を分かつ」という条件バトル行いガレット勝利して学園ヴァルトの元を去ったガレット亡き父アバレスの遺志継いでモーブ人間魔族対等に手を取り合う未来のために、父が調べていた伝説3種のカード探す旅に出るバトルスピリッツ選んだガレット武力選んだヴァルト異界見聞録携え見聞録書かれ予言を語る謎の少年ヴィザルガは、異なる道を選んだ二人コアの光主達の行方見定めるのだった

※この「決意」の解説は、「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の解説の一部です。
「決意」を含む「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の記事については、「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の概要を参照ください。


決意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 06:58 UTC 版)

三上千代」の記事における「決意」解説

著書鈴蘭』には、彼女がらい患者奉仕する決意を固めたのは、東洋福音教会伝道員を務めていた18歳の時、らいの症状がある姉妹患者訪れた時という。その決意は固くその後看護婦になり、資格得て勤務必要であったが、院長頼み光田健輔紹介してもらったという。光田簡単に採用した。ただし、看護だけでなくキリスト教信仰にも生きていた彼女には、同病院では違和感あったようだ。ある時、らい患者のS(ハワイ成長した2世で、少年期発病キリスト教伝道もしていた)が草津状況知らせてきて、そこで看護婦求めている話があった。ある所では馬に乗って草津にいった。コンウォール・リー会い、「愛の家庭」の舎監として迎えられた。

※この「決意」の解説は、「三上千代」の解説の一部です。
「決意」を含む「三上千代」の記事については、「三上千代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「決意」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

決意

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:37 UTC 版)

名詞

(けつい)

  1. とるべき行動態度はっきりさせて実行しようと決めること。

発音(?)

け↘つい

動詞

活用

サ行変格活用
決意-する

「決意」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

決意のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



決意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバイオハザード アウトブレイク (改訂履歴)、バトルスピリッツ 赫盟のガレット (改訂履歴)、三上千代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの決意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS