カサノバとは?

カサノバ

原題:Il Casanova di Federico Fellini
製作国:イタリア
製作年:1976
配給:フランス映画社
スタッフ
監督:Federico Fellini フェデリコ・フェリーニ
製作:Alberto Grimaldi アルベルト・グリマルディ
脚本:Federico Fellini フェデリコ・フェリーニ

Bernardino Zapponi ベルナルディーノ・ザッポーニ
撮影:Giuseppe Rotunno ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽:Nino Rota ニーノ・ロータ
美術:Danilo Donati ダニロ・ドナティ
編集:Ruggero Mastroianni ルッジェーロ・マストロヤンニ
衣装(デザイン):Danilo Donati ダニロ・ドナティ
スクリプター:Rino Carboni リーノ・カルボーニ
字幕監修:清水俊二 シミズシュンジ
キャスト(役名
Donald Sutherland ドナルド・サザーランド (Giacome Casanova
Sandra Elaine Allen サンドラ・エレーン・アレン (The Giantess
Margareth Clementi マルガレート・クレメンティ (Sister Maddalena
Carmen Scarpitta カルメン・スカルピッタ (Madame Charpillon)
Cecily Browne シセリー・ブラウン (Madame d'Urf\8f\a1\a5
Claretta Algranti クラレッタ・アルグランティ (Marcolina)
Harold Innocent ハロルド・イノチェント (Saint Germain
Daniela Gatti ダニエラ・ガッティ (Giselda)
Clarissa Roll クラリッサ・ロール (Annamaria
Tina Aumont ティナ・オーモン (Henriette
Marie Marquet マリー・マルケ (Casanova's Mother
解説
18世紀ヨーロッパの歴史上の人物であり、晩年大著回想録〉でも知られるジャコモ・カサノバの絢燗たる女性遍歴頽廃した宮廷生活を描く。製作はアルべルト・グリマルディ、監督は「オーケストラ・リハーサル」のフェデリコ・フェリーニ脚本フェリーニとべルナルディーノ・ザッポーニ、撮影はジュゼッぺ・ロトゥンノ音楽ニーノ・ロータ編集ルッジェーロ・マストロヤンニ美術衣裳はダニーロ・ドナティ、メークアッブはリーノ・カルボーニ各々担当出演ドナルド・サザーランドサンドラ・エレーン・アレンマルガレート・クレメンティカルメン・スカルピッタシセリー・ブラウンクラレッタ・アルグランティハロルド・イノチェントダニエラ・ガッティクラリッサ・ロールティナ・オーモンマリー・マルケなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
18世紀中盤ヴェネチア人々カーニバル喧噪の中で、水面に現われた巨大女神モーナの頭像を驚異の目で見守る仮装して人々中に交っていたカサノバ(ドナルド・サザーランド)は、見知らぬ女から手紙を受け取った。それはマッダレーナマルガレート・クレメンティ)という尼僧からの呼び出しの手紙だった。指定サン・バルトロ島に着いたカサノバを、マッダレーナフランス大使別荘ヘと案内した。彼女は実は大使情婦で、“のぞき”趣味大使のためにカサノバとのセックス情景披露しようとしたのだ。忠実な同行者である“黄金の鳥”を羽ばたかせ、期待応えたカサノバは、大使賞讃を得るのだった。嵐になった海を帰途に向っていたカサノバは、途中で宗教裁判所の審問官に逮捕され、邪悪書物保持しているという理由で鉛屋根の牢に留置されてしまう。そこで伯爵夫人ジゼルダ(ダニエラ・ガッティ)やお針娘のアンナマリアクラリッサ・ロール)との甘い昔の思い出耽るカサノバ。遂にその牢を脱出し、ヴェネチアからパリに向かったカサノバは、デュルフェ候爵夫人シセリー・ブラウン)のサロンで、神秘的降神術魔術興味を持つ人々接触する。2年後、彼は運命の女アンリエットティナ・オーモン)とフォルリの宿で出会い最高の時を過ごすが、それも束の間のことだった。ロンドンで、娼婦母娘屈辱を味わされ自殺まで考えたカサノバは、その瞬間巨大な女の影を見る。彼女の暖かさで気を取り戻したカサノバはそのままローマ訪れた。そこでは御者と“性力”競争をする次第となるが、見事勝ち、さらに名を高めた。スイスのべルン経てドレスデンで彼は母親再会するが、彼女は愚痴を言うだけで彼から去って行くのだった。そして数年が過ぎ、冬のボヘミア老いたカサノバはドゥックスのヴァルトシュタイン伯爵の城に、図書室司書としてわびしく寄居する身になっていた。しかし、今も、彼は思っていた。愛し合った数々女たちのことを、そして、美しい人形といつまでも踊る自分自身の夢のような姿を・・・・・・。

カサノバ

原題:CASANOVA
製作国:アメリカ
製作年:2005
配給:ブエナビスタ
スタッフ
監督:Lasse Hallstrom ラッセ・ハルストレム
製作:Mark Gordon マーク・ゴードン

Betsy Beers ベッツィ・ベアーズ

Leslie Holleran レスリー・ホルラン
製作総指揮:Su Armstrong スー・アームストロング

Adam Merims アダム・J・メリムズ

Gary Levinsohn ゲイリー・レヴィンソン
脚本:Jeffrey Hatcher 

Kimberly Simi 
音楽:Alexandre Desplat アレクサンドル・デスプラ
プロダクション・デザイン:David Gropman デイヴィッド・グロープマン
編集:Andrew Mondshein アンドリュー・モンドシェイン
衣装(デザイン):Jenny Beavan ジェニー・ビーヴァン
字幕:古田由紀子 フルタユキコ
キャスト(役名
Heath Ledger ヒース・レジャー (Giacomo Casanova
Sienna Miller シエナ・ミラー (Francesca Bruni
Jeremy Irons ジェレミー・アイアンズ (Bishop Pucci
Oliver Platt オリヴァー・プラット (Pietro Paprizzio)
Lena Olin レナ・オリン (Andrea Bruni
Omid Djalili オミッド・ジャリリ (Lupo Salvato
Charlie Cox チャーリー・コックス  (Giovanni Bruni
Natalie Dormer  (Victoria Donato
解説
恋に生き、愛に殉じ、生涯恋愛至上主義”を貫いた歴史に残るプレイボーイジャコモ・カサノバ若き日々を描いた恋愛映画監督は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム出演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーと、「アルフィー」のシエナ・ミラー
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
18世紀ヴェネチア当代きってのプレイボーイ、カサノバ(ヒース・レジャー)は修道女との情事の後、教会役人に追われ、女性の自由をめぐる討論が行われている大学講堂逃げ込む女性の解放を叫ぶ論客男装を解くと、美し女性現れた。彼女の名はフランチェスカ・ブルーニ(シエナ・ミラー)。そこへ役人たちが講堂になだれ込み、カサノバは逮捕される。不貞放蕩異端行為不法家宅侵入などの余罪死罪宣告されたカサノバだが、からくもヴェネチア総督取りなしで放免となる。しかし教皇庁マークされている彼が次の追手から逃れるためには、さらに強力な後ろ楯が必要だった。そこで総督はカサノバに、良家の子女との結婚を迫る。かくして花嫁探し始まり、彼がターゲットにしたのはヴェネチア一の美少女で、処女誉れも高い名家一人娘ヴィクトリア父親反対にあうものの、本人自らの強い希望婚約成立した。ところが、ヴィクトリア婚約を知った隣家青年ジョバンニから決闘申し込まれる。激し剣技応酬の末にジョバンニ打ち負かしたカサノバが、相手仮面剥ぐと、現れたのは例のフランチェスカ嬢だった。男顔負け腕前を誇る彼女は、弟ジョバンニ身代わりだった。フランチェスカ決闘相手が噂のカサノバとは知らず本人前にして鋭い舌鋒でカサノバを一刀両断する。プレイボーイとしての生き方否定されたカサノバだが、逆にフランチェスカ恋の炎燃え上がらせる。しかし、彼女には親の決め婚約者であるパプリッツィオという恋敵がいた。強敵出現に、カサノバは早速パプリッツィオに接触し、容姿を気にする彼をフランチェスカ好み男性改造してみせると自宅引き止める。そしてフランチェスカには、自分こそが彼女の婚約者だったと偽るが。

カサノバ

名前 Casanova

カサノバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/20 16:22 UTC 版)

カサノバ(Casanova)




「カサノバ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カサノバ」の関連用語

カサノバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カサノバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカサノバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS