私の息子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 私の息子の意味・解説 

私の息子

作者福本信子

収載図書顔―播火同人競作
出版社しんこう出版
刊行年月2001.7


私の、息子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/07 05:18 UTC 版)

私の、息子』(わたしのむすこ、Poziția copilului)は、2013年ルーマニア英語版ドラマ映画。監督はカリン・ピーター・ネッツァー、出演はルミニツァ・ゲオルジウ英語版ボグダン・ドゥミトラケルーマニア語版など。ネッツァー監督自らの体験をもとにした作品で、子離れできない母親と自立できない息子の愛憎と心の葛藤を描いている[3]




  1. ^ Pozitia copilului (2013)” (英語). IMDb. 2021年3月7日閲覧。
  2. ^ Child's Pose” (英語). Box Office Mojo. 2021年3月7日閲覧。
  3. ^ a b 私の、息子”. WOWOW. 2021年3月7日閲覧。
  4. ^ First Films for the Competition and Berlinale Special” (英語). berlinale. 2013年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月2日閲覧。
  5. ^ Prizes of the International Jury” (英語). berlinale. 2013年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月16日閲覧。
  6. ^ “Romanian film Child's Pose wins Golden Bear in Berlin” (英語). BBC News. (2013年2月16日). https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-21485735 2013年2月16日閲覧。 
  7. ^ Child's Pose” (英語). TIFF. 2014年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。
  8. ^ Knegt, Peter (2013年8月13日). “Toronto Adds 75+ Titles To 2013 Edition” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/article/toronto-adds-75-titles-to-2013-edition-james-franco-alex-gibney-hayao-miyazaki-sean-durkin-and-kevin-macdonald-among-them?page=2 2013年8月17日閲覧。 
  9. ^ Holdsworth, Nick (2013年7月30日). “Best Foreign Language Oscar: Romania Nominates 'Child's Pose'” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/best-foreign-language-oscar-romania-595458 2013年8月26日閲覧。 
  10. ^ Child's Pose (2013)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月7日閲覧。
  11. ^ Child's Pose Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月7日閲覧。


「私の、息子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「私の息子」の関連用語

私の息子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



私の息子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの私の、息子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS