ホブスンの婿選びとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ホブスンの婿選びの意味・解説 

ホブスンの婿選び

原題:Hobson's Choice
製作国:イギリス
製作年:1954
配給:東和
スタッフ
監督:David Lean デイヴィッド・リーン
製作:David Lean デイヴィッド・リーン
アソシエイト・プロデューサー:Norman Spencer ノーマン・スペンサー
原作戯曲:Harold Brighouse ハロルド・ブリグハウス
脚色:David Lean デイヴィッド・リーン

Norman Spencer ノーマン・スペンサー

Wynyard Browne ウィンヤード・ブラウン
撮影:Jack Hildyard ジャック・ヒルドヤード
音楽:Malcolm Arnold マルコム・アーノルド
音楽監修:John Cox ジョン・コックス
美術:Wilfred Shingleton ウィルフレッド・シングルトン
編集:Peter Taylor ピーター・テイラー
録音:Buster Ambler 

Red Law レッド・ロウ
キャスト(役名
Charles Laughton チャールズ・ロートン (Henry Horatio Hobson
John Mills ジョン・ミルズ (Willie Mossop)
Brenda De Banzie ブレンダ・デ・バンジー (Maggie Hobson
Daphne Anderson ダフニ・アンダーソン (Alice Hobson
Prunella Scales プルネラ・スケイルズ (Vicky Hobson
Richard Wattis リチャード・ワッティス (Albert Prosser
Derek Blomfield デレク・ブロムフィールド (Freddy Beenstock)
Helen Haye ヘレン・ヘイ (Mrs. Hepworth
Joseph Tomelty ジョゼフ・トメルティ (Jim Heeler)
Julian Mitchell ジュリアン・ミッチェル (Sam Minns
Gibb McLaughlin ギブ・マクローリン (Tudsbury)
Philip Stainton フィリップ・ステイントン (Denton
Dorothy Gordon  (Ada Figgins)
Madge Brindley  (Mrs. Figgins)
John Laurie ジョン・ローリー (Dr. McFarlane
Raymond Huntley レイモンド・ハントレー (Natnaniel Beenstock)
Jack Howarth  (Tubby Wadlow
Herbert C. Walton  (Printer
解説
超音ジェット機」のデイヴィッド・リーン一九五四年に製作監督した喜劇ハロルド・ブリグハウス一九一六年に発表した戯曲から、リーン協同製作者ノーマン・スペンサーウィンヤード・ブラウン三人共同脚色した。撮影は「超音ジェット機」のジャック・ヒルドヤード音楽は「地中海夫人」のマルコム・アーノルドである。出演者は「悲恋の王女エリザベス」のチャールズ・ロートン、「大いなる遺産」のジョン・ミルズ、「紫の平原」のブレンダ・デ・バンジー、「三文オペラ」のダフニ・アンダーソン、プリュネラ・スケイルズ、「浮気は巴里で」のリチャード・ワッティスデレク・ブロムフィールドなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
マンチェスターほど近いサルフォードの町にホブスン靴店がある。主人ヘンリー・ホブスン(チャールズ・ロートン)は三人の娘抱え男やもめ、暇さえあればムーンレイカー亭で酒を飲んでいて店を切り廻しているのは長女マギーブレンダ・デ・バンジー)だ。彼女はもう婚期をすぎた年頃次女アリスダフニ・アンダーソン)にはアルバート・プロッサーという弁護士三女ヴィッキープルネラ・スケイルズ)には禁酒運動の急先峰の息子フレディ・ビーンストックという恋人がいるが、ホブスン持参金五百ポンド出しそうもないので結婚実現おぼつかなかった。そこへマギーまでが店の職人ウィリー・モソップ(ジョン・ミルズ)と結婚すると言い出しホブスン断固反対すると二人は家を出てオールドフィールド通り靴屋開業した。働き者二人に去られてホブスンの店はたちまち左前親父自棄酒はますます募り明日マギーウィリー結婚式という晩、泥酔して禁酒運動総本山ビーンストック商会穀物倉で寝込んでしまった。このことをフレディから知らされたマギーは、フレディ原告仕立て親父家宅侵入罪ならびに損傷罪で告訴するとおどし、さらにアルバート弁護士原告親父の間で示談にすませる芝居をうってアリスヴィッキー持参金を見事せしめてしまった。--一年後、モソップ靴店の大繁昌ひきかえ娘たちに去られたホブ転落一路一人ぼっち父はアル中になって誰るものが必要となった。流石の親父マギーウィリーに帰って来てくれるよう申込んだが、ウィリーこれ幸いと店を“モソップ・ホブスン店”として共同経営することに成功、頑固親父もこうなってはどうすることも出来ないのだった

ホブスンの婿選び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/17 02:37 UTC 版)

ホブスンの婿選び』(ホブスンのむこえらび、原題: Hobson's Choice[1]は、デヴィッド・リーン監督、脚本、製作による1954年のイギリスの映画で、同名の舞台を原作としている(日本でも「ホブソンの婿選び」として上演されることがある)。




  1. ^ 「ホブスンの選択」というのはホブスン(Thomas Hobson)という貸馬屋が客の好みに関係なく、順番に馬を課したことから「どうしようもない選択」の意味。
  2. ^ Berlinale Archive Annual Archives 1954 Prize Winners” (英語). ベルリン国際映画祭. 2011年3月4日閲覧。


「ホブスンの婿選び」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホブスンの婿選び」の関連用語

ホブスンの婿選びのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

東根笹

XperiaTM SO-01B

STS-6

カラジシウミウシ

場外勝馬投票券発売所

ランジュトップ

821N

テレメーターシステム





ホブスンの婿選びのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホブスンの婿選び (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS