ぼくの国、パパの国とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ぼくの国、パパの国の意味・解説 

ぼくの国、パパの国

原題:East Is East
製作国:イギリス
製作年:1999
配給:クレストインターナショナル
スタッフ
監督:Damien O'Donnell ダミアン・オドネル
製作:Leslee Udwin レスリー・ウドウィン
原作:Ayub Khan-Din アユーブ・カーン・ディン
脚色:Ayub Khan-Din アユーブ・カーン・ディン
撮影:Brian Tufano ブライアン・テュファノ
音楽:Deborah Mollison デボラ・モリソン
美術:Tom Conroy トム・コンロイ
編集:Michael Parker マイケル・パーカー
衣装(デザイン):Lorna Marie Mugan ローラ・マリー・ムーガン
字幕:石田泰子 イシダヤスコ
キャスト(役名
Om Puri オーム・プリー (George Khan
Linda Bassett リンダ・バセット (Ella Khan
Jordan Routledge ジョーダン・ルートリッジ (Saji(Sajid) Khan
Archie Panjabi アーチー・ポアンジャビ (Meenah Khan
Emil Marwa エミール・マルワ (Maneer Khan
Chris Bisson クリス・ビッソン (Saleem Khan
Jimi Mistry ジミ・ミストリー (Tariq Khan
Raji James ラージ・ジェイムズ (Abdul Khan
Ian Aspinall イアン・アスピナル (Nazir Khan
Lesley Nicol レスリー・ニコル (Auntie Annie
Gary Damer ゲイリー・ダマー (Earnest
John Bardon ジョン・バードン (Mr.Moorhouse)
Emma Rydal エマ・ライダル (Stella Moorhouse
Ruth Jones ルース・ジョーンズ (Peggy
Kriss Dosanjh クリス・ドサンジュ (Poppa Khalid
Ben Keaton ベン・キートン (Priest
Kaleem Janjua カリーム・ジャンジュア (Mullah
Madhav Sharma マドハブ・シャマ (Mr.Shah)
Leena Dhingra リーナ・ディングラ (Mrs.Shah)
Ralph Birtwel ラルフ・バートウェル (Doctor
Gary Lewis ゲイリー・ルイス (Mark
解説
在英パキスタン家族の肖像ユーモラスに描く作品監督はこれが初長編となるダミアン・オドネル原作脚色アユーブ・カーン・ディン撮影は「チューブ・テイルズ」のブライアン・テュファーノ。音楽デボラ・モリソン出演は「ゴースト&ダークネス」のオーム・プリー、「ビューティフル・ピープル」のリンダ・バセット、これがデビューとなるジョーダン・ルートリッジほか。2000年英国アカデミー賞最優秀英国映画賞、カンヌ国際映画祭第1回メディア賞ほか受賞
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1971年マンチェスター小さな街、ソルフォード。誇り高きパキスタン人ジョージオーム・プリー)は、イギリス人エラリンダ・バセット)を妻に持っている。そのことを気にしているジョージは、だからこそ7人の子供たちを立派なイスラム教徒育てたいと願っている。しかし子供たちは、イギリス生まれ現代っ子長男ナジルイアン・アスピナル)は、パキスタン伝統的お見合い結婚を嫌がって逃げ出し末っ子ザジジョーダン・ルートリッジ)は、割礼をまだ済ませていなくて無理矢理手術をさせられる始末ジョージイスラム文化になじもうとしない子供たちのことを悩み友人ムッラーカリーム・ジャンジュア)に相談する。彼は、二男アブドゥルラージ・ジェイムズ)と三男タリクジミ・ミストリー)を、パキスタン人シャー(マダーヴ・シャルマ)の愛娘お見合い結婚させることを勧めた。それを知ったエラは、ジョージ暴挙非難する。さらに激怒したタリク家出別居しているナジル訪ねるが、なんと彼は帽子デザイナーナイジェル”になっており、男性同棲していた。結局タリク家出あきらめお見合いへ。だがその当日お見合い相手シャー一家夫人偉そうな態度を取るものだからエラ怒り爆発し、お見合い決裂今度ジョージエラ怒り爆発させるが、子供たちは皆エラをかばった。打ち負かされたように家を出ていったジョージは、自らが経営するフィッシュ・アンド・チップスの店に一人寂し座り込む。そこにエラ何事もなかったように入ってきて、二人いつものように何気ない会話を交わすのだった

ぼくの国、パパの国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/19 14:03 UTC 版)

ぼくの国、パパの国』(East Is East)は1999年制作のイギリス映画。1971年のマンチェスター近郊を舞台に、パキスタン人の父親とイギリス人の母親、その子供たちからなる家族を描いたコメディ。アユブ・ハーン=ディンの戯曲を基にしており、ハーン=ディン自身が脚本を手がけている。






「ぼくの国、パパの国」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぼくの国、パパの国」の関連用語

ぼくの国、パパの国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

3・1/2tトラック

ファラデー

アデヤカゼブラヤドカリ

コノシロ

オーバースカート

WTO

シオデ

内裏雛





ぼくの国、パパの国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのぼくの国、パパの国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS