安倍晋三とは? わかりやすく解説

安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 06:22 UTC 版)

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年昭和29年〉9月21日 - 2022年令和4年〉7月8日)は、日本政治家位階従一位勲等大勲位





安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:11 UTC 版)

そこまで言って委員会NP」の記事における「安倍晋三」の解説

衆議院議員の安倍晋三が十数にわたり出演し内閣総理大臣在任中にも複数回出演している。現職総理大臣特定のバラエティ番組出演繰り返しているのは極めて異例であり、番組内での発言一般メディアでも報道されている。特に、当番組は関東広域圏では放送されていないために、全国紙での扱い通常の報道番組への出演と比べて特異なものになっている。さらに、読売テレビ制作のため、番組出演のために平日来阪していることも指摘されており、国会開会中に出演した際は野党などから批判受けた安倍出演した回は通常よりも視聴率が高いとされている。読売テレビ出演の経緯について明らかにしない意向示しているが、局関係者安倍制作側との間にパイプあること認めている。安倍としても、在京キー局報道番組への出演と比べて大阪ローカルバラエティ番組自身の政治的主張を行うことに特別な意味を持っているとされている安倍自民党幹事長時代初め番組出演して以来番組およびたかじん良好な関係を築いており、第一次政権退陣後2011年には地元山口県長門市俵山温泉二人で入る様子放送された。これは安倍父親である安倍晋太郎毎日新聞時代部下である三宅番組プロデューサーの井関猛親に提案したことがきっかけであった。このとき、たかじんワイン飲みながら号泣したが、プロデューサー判断により、このシーンカットされた

※この「安倍晋三」の解説は、「そこまで言って委員会NP」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「そこまで言って委員会NP」の記事については、「そこまで言って委員会NP」の概要を参照ください。


安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:01 UTC 版)

ネット右翼」の記事における「安倍晋三」の解説

週刊ポスト2012年10月12日号によると、安倍晋三が当選した2012年自民党総裁選で、対立候補だった石破茂に対し安倍支持するネット右翼落選運動展開したという。 鈴木哲夫は、古賀茂明テレビ朝日報道ステーション騒動」に関連し他局テレ朝への援護射撃をしなかった背景として、「(前略) ネット右翼などのプレッシャーもすごいとテレビ局の人に聞きました安倍さん批判した書き込み脅しに近い意見山ほど来る。視聴率にも影響してくる。そうしたところに弱腰理由があるんじゃなでしょうか」という民主党幹部発言紹介した古谷経衡は、「純粋なフランク族ではないジダンが、フランス英雄として尊敬の対象となっているナショナリズムのかたちを肯定する安倍世界観は、一部ネット右翼ネット世論、もちろんナチ的な優生思想とも対極にある」、「安倍規定するナショナリズム」や「愛国」とは、ネット右翼や一部の保守が叫ぶ「純血主義」とはほど遠いリベラル的な世界趨勢トレースしている」と述べた桐島ローランドは、田原総一朗との対談で「僕は安倍さんにはネトウヨ対応の専門部隊ついている想像してます。(中略) 2013年12月26日、わざわざ毛沢東誕生日靖国神社参拝したのは、自分支持してくれている無名のネトウヨに「僕らのヒーロー安倍だ」と感じてほしかったからだと思います。」と述べた御厨貴は、「安倍さん強気発言支持するようないわゆるネトウヨ」は、ヨーロッパ極右団体とは違って運動体を成しておらず、自分から行動には移しません。要するに「口だけ」。安倍さん実際に突き上げ食らうわけではないからこそ付き合えるのです。」と述べた安田浩一は、ネット右翼安倍に対する熱烈な支持は、安倍批判するマスコミへの敵意反映でもある述べている。また、安倍フェイスブック投稿したマスコミ報道との戦いです。皆さんと共に戦います」という文章は、ネット右翼の反メディア感情シンクロするものである述べている。 山口二郎は、2014年11月23日東京新聞への寄稿の中でネトウヨ言説に代表される精神と知性劣化という時代風潮を、安倍首相こそ象徴しているのか」と述べ2015年11月16日韓国のハンギョレ新聞寄稿でも、安倍晋三の慰安婦問題への姿勢関連して日本の政府全体ネット右翼歴史修正主義汚染されているということである。戦後終わりそのまま日本野蛮国転落する危機である」と主張した有田芳生は、ネット右翼による在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチ伴ったデモ2013年入って拡大していることについて、前年末に発足した第2次安倍内閣影響であるとしている。有田は、ネット右翼過激化した背景として、彼らが安倍自分たちの仲間とみなし、かつ自分たちが主流派であると感じようになったことにあると述べている。

※この「安倍晋三」の解説は、「ネット右翼」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「ネット右翼」の記事については、「ネット右翼」の概要を参照ください。


安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:10 UTC 版)

村山富市」の記事における「安倍晋三」の解説

2006年10月第1次政権時の安倍晋三が首相就任直後訪中し、小泉政権時代冷え込んだ日中関係打開図り中華人民共和国との戦略的互恵関係打ち出したことを高く評価する一方2013年12月末に第2次政権安倍靖国神社参拝した際には「本人気持ちを守るために国を売るような首相があるか」と厳しく批判した安倍憲法改正論村山談話をめぐる発言のブレについても批判している。

※この「安倍晋三」の解説は、「村山富市」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「村山富市」の記事については、「村山富市」の概要を参照ください。


安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 15:27 UTC 版)

山本一太」の記事における「安倍晋三」の解説

2012年5月、「安倍元首相には、一日も早く今の派閥清和政策研究会)を抜け独自のグループ立ち上げて欲しい」と安倍晋三に呼びかけた

※この「安倍晋三」の解説は、「山本一太」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「山本一太」の記事については、「山本一太」の概要を参照ください。


安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 02:16 UTC 版)

前原誠司」の記事における「安倍晋三」の解説

安倍晋三とは当選同期であり、議員会館隣り部屋安倍部屋前の住人安倍晋太郎前原部屋2代前の住人安倍祖父岸信介)。安全保障政策に関して気心知れた仲であり、2期目あたりまでは酒を一緒に飲みに行く仲であった(ただし、安倍はほとんど飲めない)。現在もお互い携帯電話番号交換しており、安倍選挙の応援演説前原選挙区に入る時、安倍の方から「ちょっと選挙区入らせ貰います」と挨拶入ることもあるという。 2007年8月27日第1次安倍改造内閣発足すると、安倍との交友関係小沢一郎との確執等の風聞をもとに前原防衛相として入閣する可能性御厨貴宮崎哲弥与良正男などによって取り沙汰されたこともあった。 また、第1次安倍内閣幹事長務めた中川秀直とも親しいとされる

※この「安倍晋三」の解説は、「前原誠司」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「前原誠司」の記事については、「前原誠司」の概要を参照ください。


安倍晋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 23:16 UTC 版)

加計学園問題」の記事における「安倍晋三」の解説

「(文部科学省発見され文書作った人が)誰か分からない中では、誰だって可能性があり、今井氏だって、私だってとなる」 「私と加計氏が面会したとされている場に愛媛県がいたわけではなく伝聞伝聞だ。私は会っていない』と言っているし、加計理事長も『会っていない』と言っている」

※この「安倍晋三」の解説は、「加計学園問題」の解説の一部です。
「安倍晋三」を含む「加計学園問題」の記事については、「加計学園問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「安倍晋三」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「安倍晋三」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

安倍晋三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安倍晋三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安倍晋三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのそこまで言って委員会NP (改訂履歴)、ネット右翼 (改訂履歴)、村山富市 (改訂履歴)、山本一太 (改訂履歴)、前原誠司 (改訂履歴)、加計学園問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS