島尻安伊子とは?

島尻安伊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 04:25 UTC 版)

島尻 安伊子(しまじり あいこ、1965年昭和40年3月4日 - )は、日本政治家




  1. ^ “島尻氏に当選証書「責任の重さ改めて痛感」”. 八重山毎日新聞. (2007年4月26日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/7934 2017年8月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d プロフィール・実績”. 参議院議員島尻安伊子(しまじりあいこ)オフィシャルサイト. 2018年12月27日閲覧。
  3. ^ a b c “島尻安伊子氏、沖縄相に起用”. 琉球新報. (2015年10月7日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-250075.html 2017年8月20日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “島尻沖縄相、異色の経歴 民主から自民へ 辺野古容認を先導”. 沖縄タイムス. (2015年10月8日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/19579 2017年8月20日閲覧。 
  5. ^ a b “島尻安伊子氏プロフィル 家族の支え原動力に”. 琉球新報. (2010年7月12日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-164848.html 2017年8月20日閲覧。 
  6. ^ a b c “基地集中「差別でない」 島尻氏「反対運動対策」で説明”. 琉球新報. (2010年7月12日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-219027.html 2017年8月20日閲覧。 
  7. ^ a b “子育て支援に意欲 参院補選当選・島尻氏”. 琉球新報. (2007年4月23日). http://ryukyushimpo.jp/photo/prentry-23225.html 2017年8月20日閲覧。 
  8. ^ a b “「県内反対」党へ主張 普天間で島尻氏「県民合意なしに無理」”. 琉球新報. (2010年7月13日). http://ryukyushimpo.jp/movie/prentry-164887.html 2017年8月20日閲覧。 
  9. ^ “【竹島の日】安倍政権「最大限の配慮」も韓国に通じず (1/2ページ)”. 産経新聞. (2013年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130222/plc13022223590033-n1.htm 2013年3月17日閲覧。 
  10. ^ “島尻氏が沖縄北方担当相 辺野古推進を強調”. 琉球新報. (2015年10月8日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-250125.html 2017年8月20日閲覧。 
  11. ^ a b “2016参院選:沖縄、選挙区自民ゼロ 島尻氏落選、基地問題が逆風”. 毎日新聞. (2016年7月11日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20160711/ddm/012/010/187000c 2017年8月20日閲覧。 
  12. ^ “【参院選】岩城光英法相、島尻安伊子沖縄北方担当相は当面続投”. 産経新聞. (2016年7月11日). http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110045-n1.html 2013年3月17日閲覧。 
  13. ^ “政府、島尻氏を大臣補佐官に任命 沖縄子どもの貧困対策を担当”. 沖縄タイムス. (2016年8月24日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/58888 2017年8月20日閲覧。 
  14. ^ “落選の自民・島尻氏、引き続き補佐官に 次期へ布石か”. 朝日新聞. (2017年8月10日). http://www.asahi.com/articles/ASK894HS9K89TPOB004.html 2017年8月20日閲覧。 
  15. ^ “沖北相補佐官の島尻氏が辞任”. 日本経済新聞. (2018年2月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27456980X20C18A2PP8000/ 2018年3月3日閲覧。 
  16. ^ “福井照沖北相、島尻安伊子元沖北相の大臣補佐官続投させる方針”. 産経新聞. (2018年2月28日). https://www.sankei.com/politics/news/180227/plt1802270040-n1.html 2018年3月3日閲覧。 
  17. ^ “沖縄・北方相補佐官に島尻氏再任 沖縄振興を担当”. 日本経済新聞. (2018年3月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2759870002032018EAF000/ 2018年3月3日閲覧。 
  18. ^ “沖北相補佐官に島尻氏”. 日本経済新聞. (2018年10月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36163390V01C18A0EAF000/ 2018年10月8日閲覧。 
  19. ^ “島尻氏の沖縄相補佐官辞任認める…衆院補選擁立”. 読売新聞. (2019年1月25日). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20190125-OYT1T50062.html 2019年1月25日閲覧。 
  20. ^ 島尻元沖北相が立候補表明 衆院沖縄3区補選産経ニュース
  21. ^ a b c “2016参院選 自民 沖縄 島尻安伊子”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B47000002002 2017年8月20日閲覧。 
  22. ^ “≪乱戦の構図:2≫普天間のしこり―沖縄”. 朝日新聞. (2010年6月29日). http://www.asahi.com/senkyo2010/special/TKY201006300141.html 2017年1月4日閲覧。 
  23. ^ “「責任のない市民運動」辺野古行動に島尻議員”. 沖縄タイムス. (2015年4月5日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=110372 2015年4月5日閲覧。 
  24. ^ 選択的夫婦別姓を認める民法の一部改正の反対に関する請願、第173回国会、請願441号
  25. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  26. ^ a b “島尻沖縄相「違法ではない」 2010年参院選前カレンダー配布 公選法抵触の可能性”. 沖縄タイムス. (2015年10月18日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=137558 2017年8月20日閲覧。 
  27. ^ “島尻安伊子沖縄相を刑事告発 「カレンダー」問題で大学教授ら30人”. 沖縄タイムス. (2015年11月24日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/21231 2017年8月20日閲覧。 
  28. ^ a b “自民支部、TBS記者の宿泊費払う 「精算を失念」”. 朝日新聞. (2014年12月25日). オリジナルの2014年12月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20141225235650/http://www.asahi.com/articles/ASGDT4H5NGDTUTIL016.html 2017年7月22日閲覧。 
  29. ^ “島尻氏の団体、政治資金報告書を訂正 沖縄相就任直後”. 琉球新報. (2015年10月31日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-163679.html 2016年6月15日閲覧。 
  30. ^ “島尻沖縄北方担当相、歯舞「はぼ、なんだっけ」”. 朝日新聞. (2016年2月9日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2946QZJ29ULFA012.html?iref=comtop_6_04 2017年8月20日閲覧。 
  31. ^ “【衆院予算委】島尻北方担当相、歯舞読めなかった問題「一瞬これで合ってるのかなと思った」と釈明”. 産経新聞. (2016年2月10日). http://www.sankei.com/politics/news/160210/plt1602100034-n1.html 2016年7月12日閲覧。 


「島尻安伊子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「島尻安伊子」の関連用語

島尻安伊子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



島尻安伊子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島尻安伊子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS