田村耕太郎とは?

田村耕太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/21 04:15 UTC 版)

田村 耕太郎(たむら こうたろう、1963年7月23日 - )は、日本の元政治家。元参議院議員(2期)。元自由民主党平成研究会(額賀派)所属。


[ヘルプ]
  1. ^ a b Yahoo!みんなの政治・田村耕太郎
  2. ^ a b c 田村耕太郎・ランド研究所研究員-50人インタビュー「日本再創造へのビジョンと行動」
  3. ^ 田村耕太郎の「君はこんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」
  4. ^ ただし、発行部数は夕刊紙時代の公称11万部から朝刊紙移行後は1万部以下へと大幅に減少(ただし、夕刊紙時代の発行部数はあくまでも公称であり、大幅に水増しされた数字であった可能性はある)、府内で発行される朝刊紙におけるシェアはわずか1%にも満たない。
  5. ^ 田村耕太郎の「これからの世界はこう生きろ」
  6. ^ 日本製作学校・田村耕太郎講義
  7. ^ “総裁選5候補の推薦人名簿”. 東京新聞. (2008年9月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/ntok0066/list/CK2008091002000314.html 2015年11月4日閲覧。 
  8. ^ 宇多川はるか (2009年12月18日). “自民党:田村耕太郎参院議員が離党を表明”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091218k0000e010060000c.html 2009年12月20日閲覧。 
  9. ^ “田村議員離党「県連に何の相談もない」と地元・鳥取県連不快感”. 産経新聞. (2009年12月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912181806005-n1.htm 2009年12月18日閲覧。 
  10. ^ “理不尽なケンカ買わせていただきます”. 田村耕太郎公式ブログ. http://kotarotamura.net/b/blog/?itemid=5327 2009年12月20日閲覧。 
  11. ^ “田村参院議員が自民離党届 野党転落後初、民主入り模索か”. 共同通信. (2009年12月18日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121801000339.html 2010年1月15日閲覧。 
  12. ^ “田村耕太郎参院議員が自民に離党届”. 参院中央新聞. (2009年12月18日) 
  13. ^ 自民離党の田村耕太郎参院議員が民主入党 参院で過半数を確保
  14. ^ 小沢早くも剛腕、自民離党議員を一本釣り 参院過半数へ着々夕刊フジ、2010年2月6日
  15. ^ ただし、民主党に入党はしなくても、自民党を離党して民主党政権や与党入りした例はある。
    *吉村剛太郎が自民党離党して国民新党に入党。
    *与謝野馨が自民党離党(受理されず除名)やたちあがれ日本を経て2011年に民主党内閣閣僚及び無所属として衆議院民主党会派所属という形で、民主党政権に参加。
    *浜田和幸が自民党離党(受理されず除名)して、無所属として民主党内閣政務官に就任という形で民主党政権に参加。
  16. ^ 2010参院選:鳥取選挙区 支持基盤・戦略、自民が上手/鳥取
  17. ^ グロービス特別セミナー広報
  18. ^ [1]
  19. ^ [2]


「田村耕太郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「田村耕太郎」の関連用語

田村耕太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

深山柳

ジャパニーズ・アイビー

室戸阿南海岸国定公園

ドラッグスタークラシック1100

膝関節

プロサウロロフス・ブラックフィテンシス

9300系

江埼灯台





田村耕太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田村耕太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS