国民新党とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 国民新党の意味・解説 

国民新党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/27 14:14 UTC 版)

国民新党(こくみんしんとう、英語: People's New Party)は、かつて存在した日本の政党である。略称は国民PNP




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 推薦を取り消された候補者が公示後に「国民新党推薦」の表記を用いた選挙公報やポスターを用いた場合、公職選挙法に違反し、虚偽事項公表罪となるため、国民新党からの公認を取り消された候補は新たに選挙公報やポスターなどを作り直さなくくてはならない。
  2. ^ 第1会派から第2会派になった場合、慣例により参議院議長のポストを失う可能性があるためとされる。
  3. ^ 当時の名称は政策委員長
  4. ^ 当時の名称は政策審議会長
  5. ^ 2名とも2011年統一地方選では無所属で出馬している。

出典

  1. ^ a b 百科事典マイペディア 2018年4月27日閲覧。
  2. ^ “ラストサムライ?いや、これからのサムライだ…党首直撃《5》国民新党・綿貫民輔代表”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2007年7月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070717-OHT1T00010.htm [リンク切れ]
  3. ^ “下地、糸川氏、民主入り希望=国民新代表が小沢氏に伝達”. 時事ドットコム (時事通信社). (2008年9月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008092600403 [リンク切れ]
  4. ^ “国民新党の糸川氏が民主党入り”. NIKKEI NET(日経ネット) (日本経済新聞社). (2008年9月29日). オリジナル2008年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081003012758/http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080930AT3S2901B29092008.html 
  5. ^ “森田氏、国民新党入党”. 北日本新聞 (北日本新聞社). (2008年12月13日). オリジナル2008年12月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081219193657/http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20081213/17809.html 
  6. ^ “国民新党、新党日本に合併打診 統一会派結成では合意”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年11月16日). オリジナル2009年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091118002616/http://www.asahi.com/politics/update/1116/TKY200911150333.html 
  7. ^ “国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年6月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060800395 2010年6月8日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ “政策パンフレット、ポスター、etc” (プレスリリース), 国民新党, オリジナル2010年7月26日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100726122942/http://www.kokumin.or.jp/downloads/index.shtml 2010年7月14日閲覧。 
  9. ^ “亀井代表「消費税アップなら連立離脱も」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100618-OYT1T01013.htm 2012年4月7日閲覧。 
  10. ^ a b “参院での統一会派解消でも、連立の形変わらず=国民新党幹事長”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年7月14日). オリジナル2014年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140407223537/http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201007130088.html 2010年7月14日閲覧。 
  11. ^ a b “国民新、参院での民主との統一会派から離脱へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年7月14日). オリジナル2010年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100716175322/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100713-OYT1T00747.htm 2010年7月14日閲覧。 
  12. ^ “民主・枝野幹事長、みんなの党との連携に意欲”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news2/20100627-OYT1T00551.htm 2010年6月27日閲覧。 
  13. ^ “民主幹事長の連携発言 みんなの党否定、国民新「不快」”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年6月28日). http://www.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201006280410.html 2010年6月28日閲覧。 
  14. ^ 東北地方太平洋沖地震対策本部設置”. 国民新党 (2011年3月11日). 2011年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  15. ^ 23年東北沖太平洋沖地震物資輸送・被災地視察報告 (PDF)”. 下地幹夫 (2011年3月22日). 2011年5月3日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 読売新聞 2011年4月2日 朝刊5面
  17. ^ “統一地方選挙公認決定”. 国民新党. オリジナル2011年5月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110524083239/http://www.kokumin.or.jp/touituchiho-senkyo_01/ 
  18. ^ “原発相新設、細野氏を起用=環境相は江田法相兼務-政務官に自民・浜田氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年6月28日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011062700578 2011年7月3日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ “無所属・中島正純衆院議員、国民新党に入党”. 日テレニュース24 (日本テレビ). (2011年10月19日). http://www.news24.jp/articles/2011/10/19/04192867.html 2016年10月12日閲覧。 
  20. ^ “国民新「解任騒動」の原因は党則不備”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年4月6日). オリジナル2012年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120406223458/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120406/stt12040601380003-n1.htm 2012年4月6日閲覧。 
  21. ^ “国民新党ドタバタ「解任」騒動 連立維持派「公党私物化許さぬ」 離脱派「気が狂った将校のクーデター」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年4月6日). オリジナル2012年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120407201515/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120406/stt12040601350002-n3.htm 
  22. ^ 西村修 (2012年4月4日). “もちろん 地獄のはてまで”. ツイッター. 2013年5月4日閲覧。
  23. ^ “亀井静香氏が国民新党離党表明 亜紀子参院議員も”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年4月6日). オリジナル2012年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120406143345/http://www.asahi.com/politics/update/0406/TKY201204060407.html 2012年4月6日閲覧。 
  24. ^ 統一会派解消のお知らせ”. 新党日本. 2012年4月6日閲覧。
  25. ^ “県議選 野党・中道が過半数、仲井真県政に打撃”. 琉球新報 (琉球新報社). (2012年6月11日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-192414-storytopic-116.html 2012年6月11日閲覧。 
  26. ^ “国民新、入閣は下地氏に 自見氏から変更”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2012年9月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3002K_Q2A930C1PE8000/ 2012年10月2日閲覧。 
  27. ^ 読売新聞 2012年10月19日 朝刊
  28. ^ 読売新聞 2012年10月29日 朝刊
  29. ^ “「脱原発」、小林興氏ら20人公認=平山氏は国民新に離党届【12衆院選】”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年11月26日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201211/2012112600740 
  30. ^ “衆院選2012特集”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/ 
  31. ^ “民主党との統一会派から国民新党が離脱…参院”. livedoorニュース. 読売新聞 (ライブドア). http://news.livedoor.com/article/detail/7242193/ [リンク切れ]
  32. ^ a b c “維新・片山氏、国民新に参院統一会派を打診”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS10029_Q3A110C1PP8000/ 2013年1月16日閲覧。 
  33. ^ a b “国民新・森田氏が離党届”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1600U_W3A110C1EB1000/ 
  34. ^ “国民新党、解党問題巡り議員総会も紛糾”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年1月9日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130109-OYT1T01054.htm 2013年2月25日閲覧。 [リンク切れ]
  35. ^ “維新、国民新に参院での統一会派打診 みんなは不快感”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2013年1月10日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130110/stt13011013200001-n1.htm 2013年2月25日閲覧。 
  36. ^ “自民に吸収合併・自らの復党要請…国民新代表”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年2月21日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130221-OYT1T01011.htm 2013年2月21日閲覧。 [リンク切れ]
  37. ^ “国民新・下地氏が離党届”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年2月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2202O_S3A220C1000000/ 2013年2月25日閲覧。 
  38. ^ “自民、国民新党の合流・復党認めず 自見代表に回答へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年2月25日). オリジナル2013年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130226060505/http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY201302240269.html 
  39. ^ “国民新党の解党を表明 自見代表が記者会見”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年3月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2103C_R20C13A3PP8000/ 2013年3月22日閲覧。 
  40. ^ 2013年(平成25年)4月19日総務省告示第192号「政党助成法第二十一条第一項の規定による政党の解散等の届出があったので公表する件」
  41. ^ “国民新党が解党届を提出”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年3月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2203G_S3A320C1PP8000/ 2013年3月22日閲覧。 
  42. ^ “2009 政権政策”. 国民新党. オリジナル2009年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091003054033/http://www.kokumin.or.jp/seiken-seisaku/mani06.shtml 
  43. ^ 日本再起動 国民新党綱領 (PDF)
  44. ^ “亀井氏、外国人参政権法案は「今国会に提出できない」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月28日). オリジナル2010年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100131002436/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100128/stt1001281727009-n1.htm 2010年1月28日閲覧。 
  45. ^ “首相、外国人参政権「簡単ではない」・・・現状では今国会への提出は困難との認識”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月28日). オリジナル2010年1月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100130151034/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100127/plc1001272143018-n1.htm 2010年1月28日閲覧。 
  46. ^ 朝日新聞、朝日新聞、2010年7月3日
  47. ^ 自民と全特 8年ぶりの「和解」 参院選支持を正式伝達


「国民新党」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国民新党」の関連用語

国民新党のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

奈多・狩宿海水浴場

エティバ

大津市埋蔵文化財調査センター

根曲竹

メイチダイ

利尻礼文サロベツ国立公園

鏨

K 1200 GT





国民新党のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民新党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS