推薦とは? わかりやすく解説

推薦

読み方:すいせん

推薦の意味

推薦(すいせん)とは、優れていて、条件地位ふさわしいと思うひと・ものを人にすすめることをいう。

「推」には「(前へおしだすこと」という意味があり、「」には「神羊」の意味がある。「羊を生贄として包んで神様前に差し出した」という字源から《すすめる》という語義成立したとされる

推薦の用法と例文

「推薦」は、優れているものを人にすすめるときに用いる。推薦は、人を薦める場合にもモノ等を薦める場合にも使うことができる。



推薦の類語と使い分け

「推薦」には「推奨」という類語がある。

推薦も推奨も「優れているのですすめる」という意味であるが、「推薦」を用い場合は、特に相手希望している条件にふわさしいかどうかというニュアンスが入る。たとえば、お気に入りのカフェただ単にすすめするときは推奨」だが、カフェ探していている相手イメージに近いお店教えるときは「推薦」を用いる。

「推薦」の類語には「推挙」という言葉もある。「推挙」もまた「すすめる」という意味であるが、推薦とは違って物や事をすすめる場合には用いることはできない推挙対象となるのは「ひと」だけである。また、奨励しょうれい)」という言葉も「すすめる」という意味を持つが、奨励対象となるのは「もの・こと」であり、人をすすめるときには用いない

推薦の対義語

推薦の対義語として「辞退(じたい)」という言葉考えられる
辞退」とは「遠慮して断ること」という意味こちら側条件ふさわしいと思ってすすめた対象が、それを「断る」という状況において対になる概念であるといえる

推薦者と被推薦者の違いについて

混同しやすい言葉に「推薦者」と「被推薦者」がある。「推薦者」とは、人や物をすすめる側の人のことで、「被推薦者」とはすすめられる側の人のことである。具体的には、Bさんのことを委員長ふさわしいと思っているAさんがい場合、Aさんは「推薦者」でBさんが「被推薦者」となる。

指定校推薦とは

指定校推薦とは、大学指定した学校の生徒のみが、その大学入試出願できる制度のこと。一般入試であれば原則としてどの学校の生徒卒業者含む)であっても出願可能であるが、指定校推薦による入試の場合は大学側からの推薦がなければ出願することができないまた、単なる推薦入試の場合は学校推薦した生徒大学に対して出願することができる。まとめると以下の通りである。

一般入試原則として誰でもその大学入試出願することができる
推薦入試学校推薦した生徒だけが大学入試出願することができる制度
指定校推薦大学指定した学校の生徒だけが入試出願することができる制度(ただし多くは1校につき数名)

すい‐せん【推薦】

読み方:すいせん

[名](スル)

人をその地位名誉に適している者として他人にすすめること。推挙。「委員長に―する」「―状」

よいものとして人にすすめること。「―図書


推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 08:07 UTC 版)

推薦(すいせん)とは、評価を要する一つの物事について、優れている、適しているなど高く評価した事物(個人個体集団、その他の事物)を、裁量権を有する相手に知らせて採用を促すこと(用例:「委員長に―する」「委員長―(※委員長が推薦するという意味)」「―文」「―状」「―図書」)。地位名誉責任などを伴う一つの立場に対して、就任するにふさわしい人や集団を推薦することは、推挙/吹挙/吹嘘(すいきょ)とも言う(用例:「委員長に―」「横綱に―」「新撰組を―」)。


  1. ^ 当時は立候補者が4名以上の時のみに一般党員による予備選挙を行うという規定があり、候補を4人揃えるためには中川の立候補が必要であった。


「推薦」の続きの解説一覧

推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 20:04 UTC 版)

レイフ・バダウィ」の記事における「推薦」の解説

ノーベル平和賞2015年 ノーベル平和賞2016年 スペイン個人自由党P-LIB)からの2014 Freedom Award 2014年発行の自由、 国際出版社から。

※この「推薦」の解説は、「レイフ・バダウィ」の解説の一部です。
「推薦」を含む「レイフ・バダウィ」の記事については、「レイフ・バダウィ」の概要を参照ください。


推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 04:05 UTC 版)

2020年自由民主党党首選挙」の記事における「推薦」の解説

6月24日から候補者の推薦が開始された。候補者2名はともに投票フェーズへ進むために必要な推薦者数を獲得した国会議員票は、議員総数11名のうち、候補者2名および中立の立場となる院内幹事長アリステア・カーマイケル(英語版)の分を差し引いた、8票が総数となる。 候補者推薦国会議員支持党員傘下政党支持エド・デイヴィー 5 / 8 1,870 343 レイラ・モラン 3 / 8 1,329 330

※この「推薦」の解説は、「2020年自由民主党党首選挙」の解説の一部です。
「推薦」を含む「2020年自由民主党党首選挙」の記事については、「2020年自由民主党党首選挙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「推薦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

推薦

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:36 UTC 版)

名詞

すいせん

  1. 良い思った物事他人勧めること。

発音(?)

す↗いせん

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
推薦-する

翻訳


「推薦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推薦」の関連用語

推薦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推薦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推薦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのレイフ・バダウィ (改訂履歴)、2020年自由民主党党首選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの推薦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS