指定校推薦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 指定校推薦の意味・解説 

指定校推薦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 14:47 UTC 版)

指定校推薦(していこうすいせん)とは、推薦入学の方法の一つである。日本ではそのほとんどが私立大学で実施されている。大学短大専門学校など(以降、大学等と略す)が、指定した教育機関(以降、指定校と略す)に対し推薦枠を与え、指定校では進学を希望する生徒に対して選抜を行い、大学等はその選抜された生徒に対して面接などの試験を行って合否を判定する入学試験の制度の一つ。かつては、指定校は高等学校のみだったが現在ではECC予備校やECC個別指導学院や早稲田塾等の予備校や塾に対して推薦枠を設けている大学等も存在する[1]高等専修学校に通う生徒は、通学している高等専修学校と、連携している通信制高校の双方の指定校推薦枠が利用できる[1][2][3]。短期大学を指定校として3年次編入学指定校推薦を実施している大学が存在する。


  1. ^ ECC予備校・ECC個別指導学院が立命館アジア太平洋大学の指定校に認定!(インターナショナルビジネスタイムズ、2007.03.05 18:00)
  2. ^ 例えば就実大学薬学部では,自己推薦及び指定校推薦入試の合格者を対象に、課題図書の講読や、化学、生物、英語についての演習指導等の入学前セミナーを実施している(出典)。
  3. ^ 特に地元出身者。公立大学は地元自治体で運営していることもあり、卒業後は地元企業に就職してもらうため、地元人材育成の方針に共感する者を入れる傾向がある。


「指定校推薦」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「指定校推薦」の関連用語

指定校推薦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



指定校推薦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指定校推薦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS