辻元清美とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 辻元清美の意味・解説 

辻元清美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/18 06:28 UTC 版)

辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(7期)、立憲民主党国会対策委員長、立憲民主党大阪府総支部連合会代表、児童擁護議員連盟会長。立憲フォーラム幹事長。NPO議員連盟幹事長。




  1. ^ a b “衆議院本会議”. 17. 第154回国会. (2002-03-28). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/154/0001/15403280001017a.html 
  2. ^ a b c d 辻元清美プロフィール - 社民党 - ウェイバックマシン(2005年10月26日アーカイブ分)
  3. ^ 公式ウェブサイト
  4. ^ 辻元清美君、衆議院
  5. ^ a b c d e f g h 辻元清美、時事通信国会議員情報
  6. ^ 早野透 『政治家の本棚』 朝日新聞社、2002年4月、421頁。ISBN 9784022577467
  7. ^ 東京地方裁判所判決 平成16年2月12日 、平成15刑(わ)2860、『辻元清美秘書給与流用事件』。
  8. ^ “社民・国対委員長に辻元清美氏、阿部知子政審会長は続投”. 産経新聞. (2009年9月2日). オリジナル2009年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090905062955/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090902/stt0909021426010-n1.htm 
  9. ^ “社民・辻元国対委員長「与党の横暴許さない」?”. 産経新聞. (2009年9月3日). オリジナル2009年9月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090906104708/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090903/plc0909031907013-n1.htm 
  10. ^ “ポリティカにっぽん 民社国政権発足”. 朝日新聞. (2009年9月17日) 
  11. ^ “馬淵澄夫氏と辻元清美氏、国交副大臣に”. 朝日新聞. (2009年9月18日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922185625/http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY200909180108.html 
  12. ^ “社民・辻元氏が国土交通副大臣 副大臣22人を閣議決定”. 日本経済新聞. (2009年9月18日). オリジナル2009年9月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090922194724/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090918AT3S1800Q18092009.html 
  13. ^ “副大臣就任に「やだ、やだ、やだ!」 社民ドタバタ劇に民主が溜息”. 産経新聞. (2009年9月20日). オリジナル2009年9月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090924120213/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090920/stt0909201806007-n1.htm 
  14. ^ “社民、辻元副大臣に代わり重野幹事長が国対委員長を代行”. 産経新聞. (2009年9月24日). オリジナル2009年9月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090927075035/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090924/stt0909241532007-n1.htm 
  15. ^ “社民党:幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も”. 毎日新聞. (2010年1月27日). オリジナル2010年1月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100130112612/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100128k0000m010109000c.html 
  16. ^ 社民党OfficialWeb┃議員┃役員一覧 - ウェイバックマシン(2010年2月6日アーカイブ分)
  17. ^ “JAL再建で「政府対策本部」が初会合、定期的に協議へ”. ロイター. (2009年10月30日). オリジナル2009年10月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091031172647/http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12223620091030 
  18. ^ “日航支援、来週に方向性 年金減額「国民目線で」”. 日本経済新聞. (2009年11月5日). オリジナル2009年11月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091108034029/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091105AT3S0500805112009.html 
  19. ^ “辻元副国交相:JAL再建策、来週中に方向性示す”. 毎日新聞. (2009年11月5日). オリジナル2009年11月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091108052729/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091105k0000e020058000c.html 
  20. ^ 大鹿靖明 『堕ちた翼——ドキュメントJAL倒産』 朝日新聞出版、2010年4月30日ISBN 9784023308107
  21. ^ “辻元副国交相:日航つなぎ融資 銀行団呼び要請”. 毎日新聞. (2009年11月6日). オリジナル2009年11月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091107095959/http://mainichi.jp/select/biz/news/20091106k0000e020054000c.html 
  22. ^ “JAL再建 1千億円超のつなぎ融資で最終調整”. 朝日新聞. (2009年11月7日). オリジナル2009年11月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091110075145/http://www.asahi.com/business/update/1107/TKY200911060484.html 
  23. ^ “日航つなぎ融資、政投銀頼み 政府保証ネック 3メガ難色”. フジサンケイ ビジネスアイ. (2009年11月7日). オリジナル2009年11月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091108035010/http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200911070098a.nwc 
  24. ^ a b “辻元副国交相:辞表提出「辞めるのは寂しい」と涙見せる”. 毎日新聞. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100602034543/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100601k0000m010069000c.html 
  25. ^ “中国人旅行客のビザ条件緩和、1月中に中間報告”. 産経新聞. (2009年12月9日). オリジナル2009年12月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091216212556/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091209/plc0912091219008-n1.htm 
  26. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「観光でまちづくり・仕事づくり!」より(2012-08-03閲覧)
  27. ^ “辻元副大臣、予算配分伝達の馬淵氏の更迭要求は「過剰反応」”. 産経新聞. (2010年2月4日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100204/plc1002042105020-n1.htm 
  28. ^ “福島消費者相を罷免、社民の離脱は不可避”. 読売新聞. (2010年5月28日). オリジナル2013年7月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/Ro82J 
  29. ^ “社民、連立離脱論強まる 福島氏「沖縄を裏切れない」”. 朝日新聞. (2010年5月28日). オリジナル2010年5月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100529162554/http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY201005280442.html 
  30. ^ “福島氏「罷免は社民の切り捨て」 連立離脱30日に判断”. 朝日新聞. (2010年5月29日). オリジナル2010年5月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100531145244/http://www.asahi.com/politics/update/0529/TKY201005290156.html 
  31. ^ “福島党首の罷免 閣僚や野党から発言相次ぐ”. 日本テレビ. (2010年5月29日). オリジナル2010年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100601075158/http://www.news24.jp/articles/2010/05/29/04160052.html 
  32. ^ “「首相を支持」と前原氏 辻元副大臣には続投要請”. 産経新聞. (2010年5月29日). オリジナル2010年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100601035535/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100529/stt1005292003008-n1.htm 
  33. ^ “国交相、副大臣続投を辻元氏に要請”. 日本経済新聞. (2010年5月29日). オリジナル2010年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100601110758/http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0EBE2E3918DE0EBE2E7E0E2E3E28297EAE2E2E2;at=ALL 
  34. ^ “「辻元さん辞めないで」コール…民主つなぎ留め必死”. 読売新聞. (2010年5月30日). オリジナル2010年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100603030337/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100529-00000787-yom-pol 
  35. ^ “福島氏「首相退陣でも離脱」 辻元副大臣は辞任へ”. 日本経済新聞. (2010年5月30日). オリジナル2010年6月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100602020945/http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E1E2E2E2EB8DE1E2E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819481E1E2E2E2E58DE1E2E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2 
  36. ^ “辻元国交副大臣が辞意伝達 国交相31日受理へ”. 産経新聞. (2010年5月30日). オリジナル2010年5月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100531193343/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100530/stt1005301923007-n1.htm 
  37. ^ “社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定”. 毎日新聞. (2010年5月30日). オリジナル2010年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100603202244/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100531k0000m010076000c.html 
  38. ^ “辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」”. 産経新聞. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100603030334/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100531/stt1005311322008-n1.htm 
  39. ^ “社民、内閣不信任に賛成で一致 首相は続投決意”. 共同通信. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100601150109/http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053101000107.html 
  40. ^ “福島・社民党首:内閣不信任「反対困難」 民主と対決姿勢”. 毎日新聞. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100603120231/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100531dde001010009000c.html 
  41. ^ “辻元・国交副大臣が辞表提出、号泣「さみしい、つらい」”. 朝日新聞. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100603024734/http://www.asahi.com/politics/update/0531/TKY201005310102.html 
  42. ^ “さばさば辞任、涙も=辻元氏「ちょっと悔しい」―国交省”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2010年5月31日). オリジナル2010年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100604133828/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100531-00000052-jij-soci 
  43. ^ “耕論”. 朝日新聞. (2010年6月4日) 
  44. ^ “福島瑞穂VS辻元清美”. AERA. (2011年9月26日) 
  45. ^ “辻元衆院議員:社民離党へ 連立離脱などで執行部に不満?”. 毎日新聞. (2010年7月26日). オリジナル2010年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100727011946/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100727k0000m010120000c.html 
  46. ^ “「福島さんはわかってない」社民・辻元議員、離党会見へ”. 朝日新聞. (2010年7月26日). オリジナル2010年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100727193908/http://www.asahi.com/politics/update/0726/TKY201007260519.html 
  47. ^ “社民・辻元氏、離党の意向”. 産経新聞. (2010年7月26日). オリジナル2010年7月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100729034358/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100726/stt1007262328004-n1.htm 
  48. ^ “「辻元氏の離党決意固い」福島党首の慰留は不発”. 産経新聞. (2010年7月27日). オリジナル2010年7月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100730104536/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100727/stt1007271109003-n1.htm 
  49. ^ “辻元衆院議員:福島社民党首が会談 慰留難しいとの認識”. 毎日新聞. (2010年7月27日). オリジナル2010年7月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100729125046/http://mainichi.jp/select/today/news/20100727k0000e010055000c.html 
  50. ^ “辻元氏が社民離党表明=野党に限界、無所属で活動”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2010年7月27日). オリジナル2010年7月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100730065105/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000077-jij-pol 
  51. ^ “辻元衆院議員:社民党に離党届を提出 無所属で活動”. 毎日新聞. (2010年7月27日). オリジナル2010年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100727181537/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100727k0000e010084000c.html 
  52. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「私の離党届提出について」より(2010-07-27閲覧)
  53. ^ “体重5キロ減りました”. AERA. (2010年8月9日). http://www.kiyomi.gr.jp/media/pdf/20100809AERA.pdf 
  54. ^ “辻元氏離党、ようやく了承=社民”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2010年8月19日). オリジナル2010年8月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100823095304/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000046-jij-pol 
  55. ^ “社民党が辻元氏の離党届を受理”. 産経新聞. (2010年8月19日). オリジナル2010年8月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100822161350/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100819/stt1008191306003-n1.htm 
  56. ^ “辻元議員の離党届受理 社民、除名処分は見送り”. 朝日新聞. (2010年8月19日). オリジナル2010年8月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FRBbh 
  57. ^ “辻元氏、衆院国交委筆頭理事就任へ 民主会派入りで”. 産経新聞. (2010年9月28日). オリジナル2010年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101001184507/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100928/stt1009281404008-n1.htm 
  58. ^ “民主 辻元氏を筆頭理事起用へ”. NHK. (2010年9月28日). オリジナル2010年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101001234258/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100928/k10014247471000.html 
  59. ^ “社民離党の辻元氏、民主会派入り 入党への布石か”. 朝日新聞. (2010年9月28日). オリジナル2010年9月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100929170559/http://www.asahi.com/politics/update/0928/TKY201009280357.html 
  60. ^ “辻元清美氏、民主会派入り…国交委筆頭理事に”. 読売新聞. (2010年9月28日). オリジナル2010年9月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/YgBuV 
  61. ^ “中国建国記念レセプション 日本の議員50人出席もあいさつなし”. 産経新聞. (2010年9月30日). オリジナル2010年10月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101002000215/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100930/plc1009300024000-n1.htm 
  62. ^ “【東日本大震災】蓮舫氏を節電担当相、辻元氏をボランティア担当首相補佐官に”. 産経新聞. (2011年3月13日). オリジナル2011年3月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110317093038/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110313/plc11031317120014-n1.htm 
  63. ^ “首相補佐官に辻元清美氏 被災地支援の基盤整備”. 朝日新聞. (2011年3月13日). オリジナル2011年3月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110314212815/http://www.asahi.com/politics/update/0313/TKY201103130151.html 
  64. ^ “東日本大震災:節電啓発相に蓮舫氏 辻元氏は首相補佐官”. 毎日新聞. (2011年3月13日). オリジナル2011年3月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110315204921/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110314k0000m010046000c.html 
  65. ^ “辻元氏、民主党に入党へ 次期衆院選は公認候補”. 産経新聞. (2011年9月7日). オリジナル2011年9月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110908183413/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110907/stt11090722120006-n1.htm 
  66. ^ “辻元氏の民主入党「裏切り」=福島社民党首”. 時事通信. (2011年9月8日). オリジナル2011年9月2日時点によるアーカイブ。. http://ceron.jp/url/www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011090800607 
  67. ^ “「理念より権力選んだ」 福島氏、離党の辻元氏を批判”. 産経新聞. (2011年9月8日). オリジナル2011年9月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110908160908/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110908/stt11090819190006-n1.htm 
  68. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「この危機を乗り越えるために━━民主党に入党届を提出しました」より(2011-09-10閲覧)
  69. ^ “辻元氏入党を了承 民主大阪府連”. 産経新聞. (2011年9月10日). オリジナル2011年9月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110910145749/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110910/stt11091019290009-n1.htm 
  70. ^ “辻元氏が民主入り”. 産経新聞. (2011年9月26日). オリジナル2011年9月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110926233117/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110926/stt11092623140007-n1.htm 
  71. ^ “民主、辻元清美氏の入党了承 党常任幹事会”. 朝日新聞. (2011年9月27日). オリジナル2011年9月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110927205548/http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY201109270424.html 
  72. ^ “民主入党の辻元氏、政調副会長に”. 産経新聞. (2011年10月20日). オリジナル2011年10月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111020150205/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111020/stt11102019030009-n1.htm 
  73. ^ “民主、政調副会長に辻元氏を起用”. 朝日新聞. (2011年10月20日). オリジナル2011年10月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111020153928/http://www.asahi.com/politics/update/1020/TKY201110200484.html 
  74. ^ “民主政調副会長に辻元氏”. 日本経済新聞. (2011年10月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2002J_Q1A021C1PE8000/ 
  75. ^ “「仕分け人」に仙谷、辻元両氏”. 産経新聞. (2011年10月22日). オリジナル2011年10月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111021163128/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111022/stt11102200180001-n1.htm 
  76. ^ “仕分け人に仙谷氏や辻元氏ら 民主、長妻氏は起用見送り”. 朝日新聞. (2011年10月24日). オリジナル2012年7月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/oJeC 
  77. ^ “民主、分散型「秋の連休」導入へPT発足”. 産経新聞. (2012年4月19日). オリジナル2012年4月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120419224025/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120419/stt12041922580012-n1.htm 
  78. ^ “辻元氏を国交部門座長に=民主”. 時事通信. (2012年4月24日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012042400915 
  79. ^ “衆院本会議で原子力協定承認 菅元首相や石原共同代表ら欠席”. 産経新聞. (2014年4月4日). オリジナル2014年4月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140404103131/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140404/plc14040414080015-n1.htm 
  80. ^ “近藤・生方氏の役職解任=原子力協定造反、菅氏は注意-民主”. 時事通信. (2014年4月15日). オリジナル2014年4月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/hG7NK 
  81. ^ 日本経済新聞. (2014年11月12日) 
  82. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  83. ^ “民主党人事、大畠氏が副代表 辻元氏は役員室長に”. 産経新聞. (2015年12月14日). http://www.sankei.com/politics/news/151214/plt1512140023-n1.html 
  84. ^ “【民進党代表選】菅直人、有田芳生氏ら 枝野幸男氏推薦人”. 産経新聞. (2017年8月21日). http://www.sankei.com/politics/news/170821/plt1708210019-n1.html 
  85. ^ “<民進党>「幹事長代行に辻元氏」など党役員人事を了承”. 毎日新聞. オリジナル2017年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170913061604/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000052-mai-pol 
  86. ^ “【衆院解散】辻元氏、険しい表情で「私は発言してません」…“解党”民進で希望合流難しい大物議員に動揺広がる”. 産経新聞. (2017年9月29日). http://www.sankei.com/west/news/170929/wst1709290016-n1.html 
  87. ^ “小池新党、維新と協力検討 候補者すみ分け”. 毎日新聞. (2017年9月27日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170927/k00/00m/010/197000c 
  88. ^ “無所属?希望? 辻元氏陣営「一両日中に決めないと」”. 朝日新聞. (2017年9月29日). http://www.asahi.com/articles/ASK9Y3K0QK9YPPTB001.html 
  89. ^ “【衆院解散】どうなる安保反対派辻元氏…週末スケジュール全キャンセル、単独で“潜行”中”. 産経新聞. (2017年9月29日). http://www.sankei.com/west/news/170929/wst1709290085-n1.html 
  90. ^ “民進辻元議員「私は行きません」希望の党不参加明言”. 日刊スポーツ. (2017年9月30日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201709300000551.html 
  91. ^ “民進・辻元氏「私は行かない」 希望からの立候補否定”. 朝日新聞. (2017年9月30日). http://www.asahi.com/articles/ASK9Z677YK9ZUTFK00Q.html 2017年10月15日閲覧。 
  92. ^ “辻元清美氏「1人からの出発、受け皿できればいいが…」”. 朝日新聞. (2017年10月1日). http://www.asahi.com/articles/ASKB15RH2KB1PPTB002.html 
  93. ^ “【衆院選】辻元氏、枝野氏の結党会見をテレビで見守る 「無所属の受け皿ができれば」”. 産経新聞. (2017年10月2日). http://www.sankei.com/west/news/171002/wst1710020078-n1.html 
  94. ^ “民進 辻元氏 「立憲民主党」から衆院選立候補へ”. NHK. http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171003/k10011166191000.html 2017年10月3日閲覧。 
  95. ^ “【衆院選】枝野新党立憲民主党入りの民進・辻元清美幹事長代行が離党届提出”. 産経新聞. (2017年10月4日). http://www.sankei.com/politics/news/171004/plt1710040087-n1.html 
  96. ^ “立憲民主党、政調会長に辻元氏”. 日本経済新聞. (2017年10月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21992320W7A001C1EA3000/ 2017年10月7日閲覧。 
  97. ^ “立憲国対委員長に辻元清美氏 政権への対決姿勢、鮮明に”. 朝日新聞. (2017年10月24日). http://www.asahi.com/articles/ASKBS5CVDKBSUTFK00S.html 2017年10月24日閲覧。 
  98. ^ “立憲民主党、政調会長は長妻昭代表代行が兼務 選対委員長に近藤昭一副代表”. 産経新聞. (2017年10月26日). http://www.sankei.com/politics/news/171026/plt1710260029-n1.html 
  99. ^ “立民政調会長は長妻氏兼務 選対委員長に近藤副代表”. 日本経済新聞. 共同通信. (2017年10月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22752840W7A021C1000000/ 
  100. ^ 代表に辻元氏 立民府連大会大阪日日新聞
  101. ^ 辻元清美WEB「政策」の項目より
  102. ^ 以上10項目、辻元清美WEB「政策」の項目より、表題以下の箇条書きを参照
  103. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  104. ^ “中島岳志さん×辻元清美さん(その1) マガ9対談”. マガジン9. (2010年12月22日). http://www.magazine9.jp/taidan/010/index1.php 
  105. ^ “女性国会議員に「選択的夫婦別姓」の賛否を聞いてみた”. 女性自身. (2015年12月25日). http://jisin.jp/serial/社会スポーツ/POL/22503 
  106. ^ 『ZAITEN』 財界展望新社、2012年9月、86頁。
  107. ^ a b 山本一郎オフィシャルブログ「辻元清美女史とリベラルの復権その他で対談をしたんですが、話が噛み合いませんでした」より(2014-12-01閲覧)
  108. ^ 辻元清美 『へこたれへん』 角川書店、2005年、107頁。ISBN 9784048839310
  109. ^ 朝日新聞成田支局『ドラム缶が鳴りやんで―元反対同盟事務局長石毛博道・成田を語る』四谷ラウンド、1998年、110頁。
  110. ^ 伊藤睦 編『三里塚燃ゆ―北総台地の農民魂』平原社、2017年、105頁。
  111. ^ a b c d “自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう”. 産経新聞. (2017年4月22日). http://www.sankei.com/premium/news/170422/prm1704220016-n1.html 
  112. ^ a b c d e f g “渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」”. 週刊文春. (2017年4月1日). http://bunshun.jp/articles/-/1908 
  113. ^ 小林よしのりオフィシャルブログ「辻元清美議員はよく勉強している」より(2015-11-05閲覧)
  114. ^ a b “渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」”. 週刊文春. (2017年4月1日). http://bunshun.jp/articles/-/1908?page=2 
  115. ^ “MXテレビをBPOに訴えた辛淑玉氏講演「沖縄の人も朝鮮人も差別されている」”. 産経新聞. (2017年4月5日). オリジナル2017年4月7日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/463qp 
  116. ^ 辻元清美 『清美するで!! 新人類が船(ピースボート)を出す!』 第三書館、1987年、147頁。ISBN 9784807487042
  117. ^ “「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃、辻元氏の“言い訳”は”. 産経新聞. (2017年6月8日). http://www.sankei.com/politics/news/170608/plt1706080021-n1.html 
  118. ^ a b “【産経抄】辻元清美氏の反省に疑問 12年の著作に「憲法から天皇に関する規定をはずす」とある 規定がある以上は尊重するが、本心は別ということか 6月10日”. 産経新聞. (2017年6月10日). http://www.sankei.com/column/news/170610/clm1706100002-n1.html 2017年7月2日閲覧。 
  119. ^ a b 辻元清美 『ありのまま主義宣言っ!―うどん屋の娘に国境はいらない』 芸文社、1990年、181,189。ISBN 9784874651964
  120. ^ 辻元清美 『辻元清美の永田町航海記』 第三書館、1998年、86頁。ISBN 9784807498147
  121. ^ a b 憲法公布54周年 -憲法を守り暮らしに生かす- 護憲の集いウェブ魚拓、2011年5月15日) - http://homepage2.nifty.com/goken-osaka/1027zdoi.htm
  122. ^ “GIRLS BE POLITICAL! 1-1”. cafeglobe. (2001年11月12日). オリジナル2007年10月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.li/yWQkB 
  123. ^ “特集 小泉外交 私はこう思う”. 日本経済新聞. (2002年5月23日) 
  124. ^ “第22回「アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会」報告”. JCA-NET. (2008年8月10日). オリジナルの2012年-08-03時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/tCWX 
  125. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「アメリカにならって「どうやって危機を乗り切るか」をテーマに総選挙を」より(2008-10-10閲覧)
  126. ^ “新ゴーマニズム宣言”. SAPIO. (2010年1月27日) 
  127. ^ 小林よしのり 『新天皇論』 小学館、2010年、26頁。ISBN 9784093897334
  128. ^ “河野談話見直しは「総理自身が不名誉作ってる」と辻元氏”. アメーバニュース. (2013年3月8日). オリジナル2013年7月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/bw3cv 
  129. ^ “【加計学園】民進・蓮舫代表、安倍晋三首相と「同じ空気を吸うのがつらい」 辻元清美氏は「アベトモファースト」党会合が悪口大会に”. 産経新聞. (2017年5月31日). http://www.sankei.com/politics/news/170531/plt1705310044-n1.html 
  130. ^ “締めて6日間114万円ナリ 辻元氏被災地入り費用 政府答弁書”. 産経新聞. (2011年5月10日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110510/plc11051011300008-n1.htm 
  131. ^ 阿比留瑠比 (2011年3月15日). “【放射能漏れ】この期に及んで責任転嫁とは… 首相、東電幹部に「撤退すれば100%潰れる!」”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031521100044-n3.htm 
  132. ^ 阿比留瑠比 (2011年3月21日). “【政論】首相は自衛隊員の気持ちを分かっているのか”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110320/plc11032021460029-n1.htm 
  133. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「辻元清美に関するデマについて」より(2011-03-23閲覧)
  134. ^ a b 辻元清美オフィシャルブログ「震災に関するデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  135. ^ “辻元衆院議員が産経新聞を提訴 「虚偽報道で名誉毀損」”. 共同通信. (2012年1月19日). http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011901001540.html 2012年9月27日閲覧。 
  136. ^ “産経新聞に賠償命令、辻元議員への名誉毀損認定”. 読売新聞. (2013年3月22日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/kk0Li 
  137. ^ “辻元清美議員の名誉毀損訴訟、産経の賠償確定”. 読売新聞. (2013年4月9日). オリジナル2013年4月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/lxzq5 
  138. ^ “安倍昭恵首相夫人と籠池泰典氏妻のメールやりとり詳報(3)「私は講演の謝礼を頂いた記憶がなく…」「あまりにひどい、絶対におかしい!」”. 産経新聞. (2017年3月24日). http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240049-n3.html 2017年3月25日閲覧。 
  139. ^ “「辻元清美議員は幼稚園に侵入していない!」民進党が籠池氏妻のメールに反論”. 産経新聞. (2017年3月24日). http://www.sankei.com/affairs/news/170324/afr1703240039-n1.html 2017年3月25日閲覧。 
  140. ^ “菅義偉官房長官、「民進党において説明されるのではないか」メールに辻元清美氏の名前記述”. 産経新聞. (2017年3月27日). http://www.sankei.com/politics/news/170327/plt1703270020-n1.html 2017年3月28日閲覧。 
  141. ^ “民進党の「二重基準」をネット指摘 メディアに「(籠池側情報)拡散するな」”. J-CAST. (2017年3月27日). http://www.j-cast.com/2017/03/27294088.html?p=all 2017年3月28日閲覧。 
  142. ^ a b 辻元議員への攻撃がブーメランした安倍首相の焦り”. 週刊朝日オンライン. 朝日新聞出版 (2017年4月3日). 2017年4月14日閲覧。
  143. ^ a b c 江川紹子 (2017年4月6日). “江川紹子がフェイクニュース騒動を検証…産経新聞の「辻元清美の3つの疑惑」に異議あり!”. ビジネスジャーナル. 2017年4月18日閲覧。
  144. ^ “安倍夫人メールの読みどころ 籠池氏妻に送った34通”. J-CASTニュース. (2017年3月24日). https://www.j-cast.com/2017/03/24293949.html?p=all 
  145. ^ 政府インターネットテレビ (2017-03-24). 内閣官房長官記者会見 (Report). 政府インターネットテレビ. http://nettv.gov-online.go.jp/mobile/prg.php?p=15135 2017年10月10日閲覧。. 
  146. ^ a b “民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求”. 産経新聞. (2017年3月28日). http://www.sankei.com/politics/news/170328/plt1703280002-n3.html 2017年4月11日閲覧。 
  147. ^ “(検証)辻元清美をめぐる「3つの疑惑」嘘を作り上げられ拡散される手法についての検証(スタッフより)”. 辻元清美WEB. (2017年10月8日). http://www.kiyomi.gr.jp/info/13243/ 2017年10月12日閲覧。 
  148. ^ “辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」”. 産経新聞. (2017年3月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290021-n1.html 2017年4月11日閲覧。 
  149. ^ “民進・蓮舫代表、本紙の辻元清美氏「3つの疑惑」報道を「ガセネタ」と批判”. 産経新聞. (2017年3月30日). http://www.sankei.com/politics/news/170330/plt1703300020-n1.html 
  150. ^ “拝啓 蓮舫様 辻元清美氏の「3つの疑惑」記事の抗議ですが、何か勘違いされていませんか?」”. 産経新聞. (2017年10月10日). http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290021-n1.html 2017年4月2日閲覧。 
  151. ^ “民進・蓮舫代表 本紙政治部長の反論文への反論「特段ありません」記者会見やりとり詳報”. 産経新聞. (2017年4月6日). http://www.sankei.com/politics/news/170406/plt1704060025-n1.html 2017年4月11日閲覧。 
  152. ^ "【森友学園問題】「まったく面識もない」〜辻元清美議員に関する“疑惑”報道で「工作員」とされた作業員が証言【音声配信&書き起こし】". 荻上チキ・Session-22. TBSラジオ. 2017年3月30日放送.
  153. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「(検証)辻元清美をめぐる「3つの疑惑」:嘘を作り上げられ拡散される手法についての検証(スタッフより)」より(2017-10-08閲覧)
  154. ^ 平成21年度 住宅局関係補正予算配分概要 (PDF)”. 国土交通省. 国土交通省住宅局 (2017年4月3日). 2017年10月11日閲覧。
  155. ^ a b 辻元清美 『デマとデモクラシー』 イースト・プレス、2016年、42頁。ISBN 9784781650692
  156. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「過激派・日本赤軍に関するデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  157. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「ピースボートに関するデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  158. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「バイブレーターに関するデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  159. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「東日本大震災時の現地視察に関するデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  160. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「支援物資を横流ししたというデマに関して」より(2014-12-02閲覧)
  161. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「金正日に逢えると号泣したというデマに関して」より(2014-12-02閲覧)
  162. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「辻元清美の自衛隊への認識に関するデマ」より(2014-12-02閲覧)
  163. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「辻元清美の民族を理由とするデマについて」より(2014-12-02閲覧)
  164. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「内縁の夫のデマについて(辻元清美秘書 長谷川 と 辻元清美 母からのメッセージ)」より(2014-12-02閲覧)
  165. ^ “辻元清美氏 震災・バイブ・日本赤軍等関連デマを否定”. アメーバニュース. (2014年12月3日). オリジナル2014年12月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/T0nOe 
  166. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「今、辻元清美はデマに苦しんでいます。」より(2014-12-02閲覧)
  167. ^ 荻上チキ 『検証 東日本大震災の流言・デマ』 光文社〈光文社新書〉、2011年1月、130頁。ISBN 9784334036218
  168. ^ 辻元清美オフィシャルブログ「安倍晋三総裁と丸川珠代議員の発言の撤回と謝罪を」より(2015-07-14閲覧)
  169. ^ “自民、辻元氏に謝罪 インターネット番組で”. 日本経済新聞. (2015年7月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H4R_U5A710C1PP8000/ 
  170. ^ “クオータ制議連立ち上げは野田聖子総理への足がかり!?”. 週刊文春. (2014年11月13日). オリジナル2014年11月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141130020101/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4545 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「辻元清美」の関連用語

辻元清美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



辻元清美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辻元清美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS