西岡武夫とは?

西岡武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 17:04 UTC 版)

西岡 武夫(にしおか たけお、1936年昭和11年)2月12日 - 2011年平成23年)11月5日)は、日本政治家従二位桐花大綬章




注釈

  1. ^ 参院議長就任により会派離脱。
  2. ^ 会派を離脱したが、党籍を維持しているため投票権は有していた。なお衆議院議長横路孝弘は海外出張中で、投票の行われた臨時党大会に出席していない。
  3. ^ 現在では政治家は答礼のための自筆によるものを除き、年賀状等を送ることは公職選挙法で禁止されているが、当時はそのような規定はなかった。

出典

  1. ^ 『自由思想 - 第26〜32号』石橋湛山記念財団、1983年発行、10ページ
  2. ^ 産経新聞、2009年11月17日、配信記事。[リンク切れ]
  3. ^ a b c 関根慎一「野党たてて政権批判展開」『朝日新聞』44741号、14版、朝日新聞東京本社、2010年11月17日、4面。
  4. ^ 「選挙制度見直しの会議を9月に設置――西岡議長、抜本改革も視野」『選挙制度見直しの会議を9月に設置 西岡議長、抜本改革も視野 - MSN産経ニュース産経デジタル、2010年8月24日。
  5. ^ "西岡議長「代表選候補者は離党も覚悟」" MSN産経ニュース、2010年8月23日付、2010年9月18日閲覧。
  6. ^ 「西岡参院議長、『馬淵氏より仙谷氏の責任が重い』」『西岡参院議長、「馬淵氏より仙谷氏の責任が重い」 - MSN産経ニュース産経デジタル、2010年11月16日。
  7. ^ 「仙谷氏、尖閣事件めぐる西岡議長の批判に『重く受け止めたい。反論はない』」『仙谷氏、尖閣事件めぐる西岡議長の批判に「重く受け止めたい。反論はない」 - MSN産経ニュース産経デジタル、2010年11月17日。
  8. ^ 西岡議長、異例の反増税議連発足へ産経新聞』 2011年5月12日
  9. ^ “西岡参院議長:最後まで菅批判…政権運営「極めて遺憾」”. 毎日新聞. (2011年8月31日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110901k0000m010047000c.html 2011年8月31日閲覧。 
  10. ^ “西岡参院議長、議場でよろり 「口中の病気で眠れず」”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年9月30日). http://www.asahi.com/politics/update/0930/TKY201109300646.html 
  11. ^ a b “西岡参院議長が病欠”. 時事ドットコム (時事通信). (2011年10月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011102000386 2011年11月5日閲覧。 
  12. ^ 西岡武夫 (2011年10月27日). “参院議長・西岡武夫 今こそ必要な首相の覚悟”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111027/plc11102702530003-n1.htm 2011年11月6日閲覧。 
  13. ^ “西岡参院議長が死去 菅政権の震災対応批判”. 共同通信. (2011年11月5日). http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011110501000095.html 2011年11月6日閲覧。 
  14. ^ “西岡参院議長が死去、75歳=文相、自民総務会長を歴任”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2011年11月5日). http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_337373 2011年11月5日閲覧。 
  15. ^ “故西岡参院議長に従二位”. 時事ドットコム. (2011年11月11日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111100397 2011年11月20日閲覧。 
  16. ^ “「最期まで熱く燃えていた」=尾辻副議長が西岡氏哀悼”. 時事通信. (2011年11月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011112500343 2011年11月25日閲覧。 
  17. ^ “西岡前議長の参院葬 900人がお別れ”. 産経新聞. (2011年11月25日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111125/plc11112518050017-n1.htm 2011年11月25日閲覧。 
  18. ^ 『西岡議長死去:評伝 「ミスター一徹」を悼む=岩見隆夫』 毎日新聞 2011年11月6日参照


「西岡武夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西岡武夫」の関連用語

西岡武夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西岡武夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西岡武夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS