山東昭子とは?

山東昭子

以下の映画山東昭子関連しています。
アースライズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


山東昭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 03:09 UTC 版)

山東 昭子(さんとう あきこ、1942年〈昭和17年〉5月11日[1] - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員、第32代参議院議長。 元女優テレビタレント




注釈

  1. ^ 柘植芳文山田俊男衛藤晟一木村義雄佐藤信秋羽生田俊丸山和也
  2. ^ 別名山東一郎。最相葉月によると、幕末の東京蘭学塾「北門義塾」(柳谷藤吉 創設)(北門社)で教鞭をとり、明治3年日本に初めてバラの苗をアメリカから輸入したことで知られる[30]
  3. ^ 旧・第一勧業銀行1971年 - 2002年)および旧・みずほ銀行(2002年 - 2013年)の直接の前身行。しかし、2013年に旧・みずほ銀行がみずほコーポレート銀行に吸収合併されて新・みずほ銀行が発足したため、これを以て日本勧業銀行の法人格は完全消滅した。
  4. ^ 但し、当時は都市銀行のテレビCMがまだ解禁されていなかったため、新聞・雑誌の広告やポスター等に活動が限られていた。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.61.
  2. ^ “自民比例・山東昭子氏8選…参院の最多当選更新”. 読売新聞 (読売新聞社). (2019年7月22日). https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20190722-OYT1T50208/ 
  3. ^ “自民の山東氏7選 最多に並ぶ”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年7月22日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS2103X_R20C13A7PE1000 
  4. ^ a b “大島派会長に山東氏…自民初、女性の派閥トップ”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2015年4月21日) 
  5. ^ “「話の肖像画」山東昭子”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年12月30日). http://www.sankei.com/smp/premium/news/151230/prm1512300010-s.html 
  6. ^ a b c d 公式プロフィール”. 山東昭子オフィシャルサイト. 山東昭子事務所. 2016年9月11日閲覧。[信頼性要検証]
  7. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  8. ^ 参院議長、自民・山東昭子氏で調整へ 歴代最多の8選” (日本語). 毎日新聞. 2019年7月23日閲覧。
  9. ^ 第109回国会参議院環境特別委員会第5号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 (1987年9月7日). 2016年9月11日閲覧。
  10. ^ “自民年金でドタバタ…山東参院議員は柳沢厚労相を一喝”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2007年6月6日). オリジナルの2007年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070607151209/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070606-OHT1T00083.htm 
  11. ^ “改正国籍法が賛成多数で成立 自民3議員は棄権”. J-Castニュース (ジェイ・キャスト). (2008年12月5日). http://www.j-cast.com/2008/12/05031573.html 
  12. ^ “山東参院副議長、ハワイへ 異例の開会中海外渡航”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年12月29日). オリジナルの2007年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071230141712/http://www.asahi.com/politics/update/1228/TKY200712280323.html 
  13. ^ “【先週の政界名場面】存在感増す衆参正副議長 山東昭子参院副議長にもスポット”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年2月3日). オリジナルの2008年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080206093547/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080203/plc0802030857001-n1.htm 
  14. ^ 『中日新聞』2011年7月14日付朝刊、県内版、20面、「知事が代表 自民支部解散 党本部強制、県内で初 衆院13区」。
  15. ^ 『中日新聞』2010年12月9日付朝刊、30面、「愛知県知事選出馬 大村氏の除名決定 自民」。
  16. ^ “【都の尖閣購入計画】民主党政権に不安覚え売却決意”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年4月17日). オリジナルの2012年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120417222825/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120417/plc12041722590027-n1.htm 
  17. ^ “尖閣、半年の極秘交渉…山東議員が知事に橋渡し”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年4月18日). オリジナルの2012年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120419112537/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120418-OYT1T00132.htm 
  18. ^ “【都の尖閣購入計画】「あわてて言ったかと思うが…」 仲介役の山東議員、藤村官房長官の「国有化」発言に冷ややか”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年4月18日). オリジナルの2012年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120419014716/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120418/plc12041814210009-n1.htm 
  19. ^ “例外で山東昭子氏も…自民、参院選へ6候補公認”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月25日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501080556/http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20121225-OYT1T00558.htm 
  20. ^ 自民、参院選へ60人前後1次公認へ 前回比約20人増 「70歳定年制」対象7人も”. 産経新聞 (2018年7月19日). 2019年7月2日閲覧。
  21. ^ 参院、民主2委員長を解任日経新聞
  22. ^ 「犯罪予告者 GPS監視を」相模原殺傷受け
  23. ^ 山東昭子氏「GPSで監視検討を」 毎日新聞[リンク切れ]
  24. ^ 自民・山東昭子元参院副議長 再発防止で法整備の必要性に言及
  25. ^ 「犯罪ほのめかす人にはGPSを」元副議長が持論展開 テレビ朝日
  26. ^ “自民議連:「受動喫煙防止法案」骨子案 罰則付きの法整備”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年9月2日). オリジナルの2015年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150916192428/http://mainichi.jp/select/news/20150903k0000m010067000c.html 
  27. ^ 韓国国会議長からの書簡に明確な謝罪なし、山東氏改めて謝罪要求”. 読売新聞 (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  28. ^ 参院議長 訪日する韓国国会議長と個別会談せず”. NHK (2019年10月31日). 2019年10月31日閲覧。
  29. ^ “自民議員らに4759万円/帝京大側 亀井静香氏ら12人/95年から6年間 総長と深い関係示す”. しんぶん赤旗 (日本共産党中央委員会). (2002年8月23日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-08-23/15_1501.html 
  30. ^ 最相葉月『青いバラ』小学館、2014年9月17日、[要ページ番号]ISBN 978-4-00-602246-4
  31. ^ 日本経済新聞2018年(平成30年)5月4日朝刊28面文化「「陸奥の懐刀」維新切り開く◇紀伊出身の教育者・山東直砥を調査し本に◇中井けやき」
  32. ^ 「明治の一郎 山東直砥」中井けやき(百年書房)
  33. ^ 『政界・官庁人事録 2005年上期版』、東洋経済新報社、2005年2月28日、 [要ページ番号]
  34. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年10月、[要ページ番号]
  35. ^ a b 俵義文『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』花伝社、2016年6月17日、[要ページ番号]ISBN 978-4-7634-0781-8


「山東昭子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山東昭子」の関連用語

山東昭子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山東昭子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山東昭子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS