長谷場純孝とは?

長谷場純孝 はせば すみたか

長谷場純孝の肖像 その1
安政元年4月1日大正3年3月15日1854~1914)

鹿児島生まれ。政治家。父は鹿児島藩郷士明治4年(1871)に東京遊学するが廃藩置県となり、警視庁の羅卒(巡査)となる。西郷隆盛を慕って故郷戻り西南戦争では西郷軍に加わり捕虜となる。13年(1880)出獄国会開設運動参加23年(1890)第1回衆議院議員総選挙当選以後連続当選し、政党政治有力者として活躍した。41年(1908)衆議院議長44年(1911)には第2次西園寺内閣文相となるが、翌年病気のため辞任大正3年(1914)には再び衆議院議長となり、シーメンス事件混乱の中で議会運営にあたったが、現職中に死亡した。

キーワード 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 欧米歴遊日誌 / 長谷場純孝著 長谷場純孝, 明40.2 <YDM21854>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

長谷場純孝


長谷場純孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 15:01 UTC 版)

長谷場 純孝(はせば すみたか、嘉永7年4月1日1854年4月27日) - 大正3年(1914年3月15日)は、日本の政治家




  1. ^ 朝日日本歴史人物事典
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)238頁
  3. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  4. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  5. ^ 『官報』第488号「叙任及辞令」1914年3月17日。


「長谷場純孝」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長谷場純孝」の関連用語

長谷場純孝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長谷場純孝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長谷場純孝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS